飾り巻き寿司のりのり

飾り巻き寿司や料理、手作り、読書など日々のあれこれを書いています



朝日のあたる家

2016年10月17日 | つれづれ日記
朝日のあたる家(朝日楼) ちあきなおみ


昨日行ったコンサートで聞いた曲の中にありました。

原曲はアメリカのトラディッショナル(伝承歌)です。
ニューヨークのフォーク・リバイバルでも注目されて、ボブ・ディランも1962年にデビュー・アルバムで取り上げています。

この歌は『恋人がギャンブラーで、町から町を転々とするうちに、犯罪を犯し、最後にはニューオーリンズの娼婦の館「the rising sun」で働くまでに堕ちてしまった』という、悲しい女の身の上話です。

原詩のニュアンスを生かした日本語の歌詞でカヴァーしたことで、そこからほんとうに浸透して広まりました。

2002年の秋、ちあきなおみの未発表ライヴ音源が、新たに数曲、テープで発見され、
そのなかにコンサートやTVでも歌ったことで、幻の熱唱として語り継がれてきた「朝日のあたる家」が含まれていたのです。
うーん、ぐっと沁みますね。↑

昨日歌った人は地域では名の知れた個性的な人です。着物姿でシャンソンを次々に歌うんですから。
秋の夜、こんな物語性のある音楽がいい。



朝日楼(朝日のあたる家) 作詞:浅川マキ 作曲:アメリカ民謡

私が着いたのは ニューオーリンズの
朝日楼という名の 女郎屋だった
愛した男が 帰らなかった
あの時私は 故郷(くに)を出たのさ
汽車に乗って また汽車に乗って
貧しい私に 変わりはないが
時々想うのは ふるさとの
あのプラットホームの薄暗さ
誰か言っとくれ 妹に
こんなになったら おしまいだってね


ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 魚も肉も | トップ | 土鍋使いました »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
のりのりさんへ (まりも)
2016-10-18 15:40:09
ちあきなおみさん この歌を歌っていたのですね
歌声 素敵ですね!
人の心にスゥーッと入って来る感じが 良いですね
良い時間を過ごされましたね
まりもさんへ (のりのり)
2016-10-18 17:59:26
恋人を追いかけて転々し、報われることなく身を落とす
女のせつない気落ちが伝わってきますね。

今も昔も悲しみの中に生きた女たちが、洋の東西を問わずいるのですから。
ちあきなおみの熱唱がいいでしょう。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。