飾り巻き寿司のりのり

飾り巻き寿司や料理、手作り、読書など日々のあれこれを書いています



バナナは皮を食う

2017年07月13日 | 読書
去年買ったバナナの苗、1年経ってこんなに大きくなりました。
買ったときは20cmほどだったのに。



観葉植物として冬はミニ温室に入れたものの、ほったらかしにしてありました。
さすが雨期から夏の成長は著しい。

こんな本を読みました。牧野富太郎のエッセイから「バナナは皮を食う」



バナナは、その実のどの部分を食っているかと言うと、それはバナナの皮を食っているのである。
バナナには実という部分がほとんどなく、その全部が皮、すなわち果皮でできているが、その食う部分は皮だという感じはしないから
ふつうの人は、皮を食っているとはだれもが思っていないだろう。

しかしこの事実を知っている人は先ずほとんどボタニスト(専門的学名)のみであろうが、たとえボタニストでも、
それを常識的に知っていて、とっさに皮を食っていると答えのできる人はそう多くはあるまい。

サアソレハと先ず、はじめは目を瞠って考一考し、ようやく答えをするくらいのことだろう。



バナナの外皮は通常、人が皮だとしてはぎ捨てる部分で、これは繊維質であるから、内部の細胞質の肉、すなわち内果皮から容易に離れて取れる。
この部分は堅くて食用にならぬから剥いで捨てられる。

このように、バナナの外果皮と内果皮とがバナナの皮であって、バナナは全部皮でできており、
そしてその外皮を捨て、内皮を食っているのである。

これバナナは皮を食うという所以である。


目からウロコ!!

買い置きしてあったバナナを観察してみました。



うーんこれか!! よくよく見ると、中にちゃんとある黒い種子。
今まで種を意識せずに食べていました。



言われてみればリンゴも桃も柿もそうです。
でも、バナナはすっかり果実を食べていると思っていました。

バナナはじつは変質せる果実であって、本当は果実本来の役目は勤まらない果実だ。
つまり、変態果実なのである。

そして一向に果実持ちの種子ができないから、バナナバショウにとっては、無駄な余計な果実と言うより他に評しようがない。

・・・


植物学者の文を読んで分かったこと。
要は、我が家のバナナは簡単には収穫の期待はできないということ。

どこまで伸びるかを見ながら、冬になったらさてどうなるでしょう。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« しらす丼 | トップ | 夕食はキンパ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。