飾り巻き寿司のりのり

飾り巻き寿司や料理、手作り、読書など日々のあれこれを書いています



叔母を訪ねて過ごしたひととき

2017年05月19日 | つれづれ日記
90歳になる(89歳?)叔母の家を訪ねました。
その娘である従妹も来ていて、3人でいっしょに食事をし、懐かしい思い出話に花を咲かせました。

叔母は母の妹にあたるのですが、ずいぶん苦労したらしく、父や母にどれだけ世話になったか知れないと会うたびに言います。
高齢ですが、目も耳も達者でおしゃべりが大好きです。

口に上る話題はどうしても昔のことになりますが、わけても戦争中の様子をそれはそれは熱心に語ってくれました。

焼夷弾が落ちる中を母と一緒に逃げまどったこと、死んだ人が転がっている中ジャガイモを抱えて歩いたこと、
帯の中に1升の米を隠して持ってきたこと、竹槍訓練をしたときのこと、など
臨場感たっぷりに話してくれました。

木工所をやっていた祖父のもとには、女学校から竹槍やらなぎなたの注文がじゃんじゃんきたというから驚きです。

実際に戦争を経験し生き延びてきた人たちが少なくなる中、聞いておくべき貴重な話だと耳を傾けました。
繰り返し「これからまた戦争が起きたら、みんな死んじゃうよ」と心配そうに言う叔母。

これからの時代に不安を感じているからでしょう。
時代をつなぐ私たちはこの言葉をもっと重く受け止めなくてはなりません。

一人暮らしの叔母にこれから時々話を聞きに行こうと思います。
血は水よりも濃い、と言いますが、この年齢になって感じることです。


お昼はお寿司さんで、そのあと家でのおしゃべりが長くなったので、夜は冷凍してあったヒレカツと野菜を食べました。

これから、明日の親子教室の準備をします。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 花や実の香りに癒されて | トップ | 親子教室 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
のりのりさんへ (まりも)
2017-05-20 09:17:26
良い一日でしたね
叔母様は ご苦労され 今も一人頑張っておられるのですね
ワタシの叔母も 93歳ですが やはり一人暮らし
戦争中 戦後後の話を 小さい頃から聞かされていました
でも のりのりさんの言う通り この頃そう思いました
聞いておかない! とね
貴重な話ですものね
また 行って 一緒にご飯 お話して
楽しい時間を
まりもちゃんへ (のりのり)
2017-05-20 16:06:14
聞いてくれる人がいるということは癒されることでもあります。
話してくれる人がいるということは恵まれているということです。
可愛がってくれた叔父や叔母たちが少なくなっていくのが寂しいですね。
こんばんは! (watako)
2017-05-20 20:38:40
叔母さまと義母(主人の母)同い年です。

久しぶりに帰省したら、ぐ〜ん歳をとった感じでした。

夜遅くまで、私と二人で話し込んでいました。
これからは、度々顔を見せてあげないと・・・と思ってます。

主人は、男三兄弟なので
watakoさんへ (のりのり)
2017-05-20 22:33:03
息子とはなかなかじっくり話すことはないですもんね。
娘やお嫁さんが話し相手になってあげないと。
だれでも年をとると、不安な気持ちが高まるようです。
だれもが通る道なので、将来の自分だと思って話を聞いていました。
お義母さま、ずっとお元気でおられるといいですね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。