自分に残す闘病記録 難病OPLLを克服するために…

突然発症した難病に、もがき苦しみながらも、少しでも希望を探すために闘病記録を書くことにしました。

早過ぎた職場復帰

2017年05月12日 21時51分11秒 | 日記
退院してから、毎日リハビリを続けても、首と手足の痺れと痛みは取れず歩行障害も良くならない、じっと耐えるしかなく心配と不安感で心が砕ける日々が続きました。自主トレで歩けないくなった時、夜痺れと痛みが強くて眠れない時、もう楽になりたいと考えてばかりでした。毎日、痛いところや痺れているところ、麻痺しているところ、悪いところばかりが頭に浮かんできました。
起きているだけでも、腰や下半身の痺れと痛みが強くなり、夜も痛みが残り眠れず、先生に何度もそのことを相談して腰のレントゲンとMRI検査をお願いしました。でも、腰の後十字靭帯にも骨化している部分は見られるけど、そこまで痛みが出たり痺れたりするほどの異常ではないと言われました。頚椎の神経が圧迫されていた後遺症が残っているのではないかとのこと言われました。
早く復帰しなければ、家族や職場に迷惑をかけるとの焦りや心配もあり心の負担は増していくばかりでした。
そうして、ひと月近くが経ち少し歩けるようになり、7月11日からの職場復帰を決めました。
いざ職場復帰すると回りは、心配しながらも容姿はありません。職場復帰したのだから、当然仕事はできるものとして扱われ、残業までしなければならない状態でした。
単身赴任に戻り、家事もこなし、そんな状態でリハビリなど休みを取れるはずもなく、手足の痺れ痛み、歩行障害は悪化し始めました。通勤も歩行が辛くなって自転車に変え頑張りました。
そうした中で、8月25日に異動内示がありました。
当然、この様な病気を患い単身赴任をしてきたなか、家族の元に戻れると思っていましたが、次の異動先は石川でした。さすがに、これ以上の単身赴任は無理であり、どのような待遇でも地元に戻れるよう懇願したところ、降格を条件に戻ることになりました。
辛く苦しい思いして耐えたひと月余りは、一体なんのためなんだろうと、悔しくて口惜しくてたまりませんでした。無理をして身体を悪化させただけで、頑張った評価はされずに、病気になった役立たずとしか評価されなかったのでした。
それでも、家族の元に戻れた安心と家族の励ましで、仕事をしながらリハビリを再開して頑張りました。
だけど、降格後の給与明細を見たときには本当に落ち込みました。7万円近くが減額されていたのでいろいろ調べてみましたが、労基上では10%を超える減額処分はしてはならないとあったので労働組合に相談しましたが、本人が降格になっても良いと認めてしまったのでどうしようもないと言われました。
また、当時の上司たちが皆んな定年や異動でいなくなっていた、新しい上司が理解ある人たちであることが救いでした。

今だから言える教訓、自分のことは自分で守るしかない。他人に理解して貰おうと思う前に、自分自身の現状を理解すること。不利な条件は自分からは絶対に出してはならない、休んで処分を待った方が良い。
自分のことも守れないのに家族のことを守れるはずがない。
辛くて苦しい時には、無理をしないでワガママになっていいんだ。迷惑かけたなら元気になってから、お返しすればいい。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 闘病生活の始まり | トップ | 症状悪化は検査の見落とし? »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。