さぶりんブログ

音楽が大好きなさぶりんが、自作イラストや怪しい楽器、本や映画の感想、花と電車の追っかけ記録などをランダムに載せています。

手羽中三昧・・今度はカレー味で

2016-11-05 22:33:31 | 下手くそ料理帖
連日の手羽中だが、出来の良さに味をしめて、今夜も手羽中。

今度はカレー味にチャレンジ。

参考にしたのは以下のレシピ。

▼手羽中のスパイシーカレー照り焼き
http://ameblo.jp/machiko025/entry-11947592163.html

実はね・・・私、チキンカレー大好きなんですよ。カレーと言われればチキンしか思い浮かばない。

食べたいカレーは1位チキンカレー、2位シーフードカレー。だいぶ差がついて3位がビーフカレー、圏外がポークカレーかな。ツナカレーの方が食べるかも。

何年前だったか、テレビのある番組で、カレーと言えば何?みたいな質問を関東と関西の主婦に聞いたところ、絵に描いたようにきれいに、関東はポーク、関西はビーフに分かれたのだ。ありえない・・一人ぐらい違う人がいてもいいのに。生まれも育ちも横浜で、千葉在住の私は、本当は一体ナニ人なのだ?

当時、上司が関西の人だったので、「カレーと言えば何ですか?」と聞いたら、「そりゃビーフやろ・・・当たり前やがな・・・」と即答された。

納得のいかない私は、今の昼友男子にその話をしたら、北海道出身の人が「俺もチキンだ」と言ってくれた。前後の脈絡を聞かなかったら、ただの臆病野郎みたいに聞こえる危険な発言だったけど。

前置きが長くなったが、この手羽中のスパイシーカレー照り焼きは、年に何回かチキンカレーが食べたくて、びゃゃゃゃ~ん!となってしまう、私のような人にピッタリのレシピかもしれない。

なぜなら、食いたいと思ってから15分以内に口にできるんだから。本当にカレー作ってたら、どんなに急いでも15分じゃ無理だよね。野菜切る時間も煮込む時間も必要だからね。

それでは作り方。

まず材料(2~3人分)。
・鶏手羽中 300~400gくらい  ・・・今日は10本しかなかったから10本で作ったよ。
・油 適量

A酒     大さじ1
A醤油    大さじ1
Aはちみつ 大さじ1
Aカレー粉  小さじ1
A胡椒    小さじ1/4くらい
A一味唐辛子 小さじ1/4くらい



フライパンに油をひき手羽中を皮目から焼き、途中でひっくり返す。


手羽中を焼いている間に、Aを合わせておく。


手羽中が焼けたら余分な油を拭き取り、Aを加えて全体に絡ませる。

何で、余分な脂を拭き取るなんていう面倒くさいことするのかなと思いながら、キッチンペーパーでふき取ったら、Aを加えた時にほとんど油が撥ねることなく、平和に出来てうれしかった。


で、黄色いお皿に盛り付けるなんて、私って馬鹿ね。せっかくのカレー風味が目立たないじゃない。

でもおいしかった。大好きなチキンカレーを食べた時のようにリラックスできた。

煮込んではいないけど、骨付き肉の独特の旨味でカバーしている感じ。だから普通のもも肉とかで同じ味付けをしても、ここまでおいしく食べれるかどうかわからない。

手っ取り早く、チキンカレーのチキンだけを食べたい、私のような人におすすめのレシピだなーと思う。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 手羽中のネギ塩ダレがけ | トップ | 秋の試練・第5弾:ドイツフェ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む