さぶりんブログ

音楽が大好きなさぶりんが、自作イラストや怪しい楽器、本や映画の感想、花と電車の追っかけ記録などをランダムに載せています。

オーブンでも焼いてみる

2017-07-16 23:38:49 | 下手くそ料理帖
先日は初めて作った手こねパンをフライパンで焼いてみたけど、オーブンだと200度で12~15分で焼けるようなので、オーブンでもやってみたくて、再度チャレンジ。

同じのを焼くのも芸がないので、テキトーにレーズンをぶっこんでみた。

まぁ~もし本格的にレーズンパンを焼くなら、生地にもう少しなんか入れた方がいいのかもしれないけど、生地は基本同じにして、塩を小さじ1→小さじ1/2に減らしてみた。(先日ちょっと塩味が強いと思ったので。

レーズンはいつ加えるかだが、1次発酵の後で入れてみた。(色々なレシピをみると、1次発酵の前で入れてる方が多いんで、そうした方がよかったかな?)

材料 6個分
強力粉  200g
水    100cc
砂糖   小さじ2
塩    小さじ1/2
ドライイースト 3g
オリーブ油 大さじ1
レーズン 30g


今回はボウルを全く使わずに、材料をまとめるのも、一次発酵もポリ袋のままにした。


一時間放置したら、わ~すごい膨らんでる。塩を半量にしたらこんなに膨らむのね。


ちょっとレーズンを均等に入れるの大変だった。平らにしてロールケーキみたいに巻いてくパターンもあるみたいだけど、そうすればよかったかな。


フライパンは焼くのには使わないだけど、二次発酵用のケースとしてはちょうどよいので、クッキングペーパーを敷いて、蓋をして50分。


わ~お!二次発酵もすごい膨らんでる。おどろくほど生地がふわふわなの。


クッキングペーパーごと持ってオーブンの皿にセット。予熱しておいたオーブンに入れる。200度で15分。


わ~すごい本格的なぶどうパンが出来た~! ものすごく熱いので粗熱を取ってからいただく。

安直にレーズン入れただけなのに、結構おいしく出来た。オーブンで焼く方が簡単ね。

今後は生地に水の代わりに牛乳使ったり、バターとか卵とか使ったり・・・もう少し生地を工夫してみたい。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 国際講座・・台湾&香港耳学問 | トップ | 【読書録】日本史の謎は「地... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む