さぶりんブログ

音楽が大好きなさぶりんが、自作イラストや怪しい楽器、本や映画の感想、花と電車の追っかけ記録などをランダムに載せています。

薬ばっかり・・

2016-10-14 23:29:33 | ただの日記
最近の私、人生で最大種類の薬を飲んでるかもしれない。

相変わらずの咳喘息と、頭痛薬の頓服、漢方薬・・。

9月に頭痛で救急車で運ばれた後、あまり経過がよくなく、1日おきに頓服を飲んでる感じ。頭痛ダイアリーを見ると、去年も9月は大変だったみたいなんだけどね。

で、先日の定例診察の時、「夜寝る前にちょっと痛い時、寝たら治るだろうと思ってると、先日のことがあると怖いんで、ちょっとでも痛かったらイミグランを飲むようにしてます」と行ったところ、「そういう飲み方をするんだったら、予防薬を使ってみて1ヵ月様子をみてみようか」ということになりミクシイ・・もとい・・ミグシスという薬を処方された。


3日ほど飲んでるが、全然予防になってないのである。

そのうち、左鼻の奥がひりひりと痛いことが気になってきた。

友人が少し前に、「脳に異常が無かったら、鼻が悪いってこともありますよ」みたいなことを言ってくれたんで、その先生に「上咽頭炎とか、鼻の奥に問題があるってことないでしょうか?」と聞いてみた。そしたらMRI画像を見返して、「副鼻腔炎の疑いありっていう所見もあるようだけど・・大したことはなさそうだが」という話。

不思議なのは、副鼻腔炎の疑いがあるのは右側で、私が痛みを感じてるのは左側なんだが。。。

結局耳鼻科に診てもらってくださいということで、今日は仕事帰りに築地の方の耳鼻科へ。

鼻の奥をカメラで診てもらったが、副鼻腔炎はあるにはあるが、そんなにひどくはないとのこと。

「これは検査でもあり、治療でもあるんですよ」と、綿棒の細長いやつみたいなのを突っ込まれたら、赤く色づいて出てきた。

本当にひどい場合は、赤インク見たいに真っ赤になるらしいが、私のはそこまでは赤くない。でも、個人的にはぎょっとする色だった。不思議なのは右鼻につっこまれると、左耳に痛みが響いてきて、左鼻につっこまれるとどっちの耳にも響かないので、左が痛いと思ってても悪いのはやはり右なのかもしれない。

副鼻腔炎が頭痛と関連しているかどうかは、副鼻腔炎の治療をしたら頭痛も改善するか、ここ2~3日の様子を見て、来週また教えてほしいと。

ということで、副鼻腔炎の薬(クラリシッド、ビオフェルミン、ムコダイン)も飲むことになり、また薬増えちゃったな。ムコダインは咳喘息でも飲んでる薬なので、純増はクラリシッドとビオフェルミン。結局なんか薬が増えると同時に胃薬とか整腸剤も飲まざるを得なくなり、ガンガン薬の種類が増えるわけね。

ということで、おくすり手帳書きまくりで、新しい薬をもらったら、作用と副作用を必ず書き込んでおくし、お医者様のコメントやその後効いたかどうかや、他のお医者様や薬剤師さんに見せて、いただいたコメントとかも書き込んでるんで、個人的には勉強になって面白いんだが、こんなに薬漬けになるのは短期間にしたいものだわ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« レンコンがちょっとイイみたい | トップ | また学び舎に »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
薬で湿疹 (えりまき)
2016-10-21 12:18:15
うちの母が、全身に湿疹ができて、1年ぐらいどんどんひどくなり、しまいに腕は象の皮膚のようになり、胸や背中は、掻きすぎて血が出てかさぶたになり、老人によくある乾燥肌によるものだと思っていました。

皮膚科で血液検査をしてもらったところ、飲んでいる薬に疑いがあり、その中でも喘息の薬にはアレルギーを起こす成分が入っているというので、喘息はありますが薬をやめました。

そうしたら、1年以上も湿疹ができていたのに、湿疹が消えました。

その薬は70歳から84歳まで飲んでいたのです。最近体重も減り、体力が弱ってきたので、花粉症の人みたいに急にアレルギーが出てしまったのです。

薬をたくさん飲んでいると前は良くても、ある日突然悪くなることもあるので、早く薬の量が減るといいですね。
Unknown (さぶりん)
2016-10-25 01:16:44
えりまきさん、ありがとうございます。

喘息薬も何年も続けると怖いんですね。

一応、鼻が良くなってきたんで、咳もなくなり、薬も3分の1ぐらいになりました。あとは3週間ほど様子見です。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む