さぶりんブログ

音楽が大好きなさぶりんが、自作イラストや怪しい楽器、本や映画の感想、花と電車の追っかけ記録などをランダムに載せています。

「崇」と「祟」の違い

2017-02-21 23:42:51 | ただの日記
大昔、新人で今の会社に入った頃、別の課に下の名前が「崇」という係長さんがいらっしゃいまして、その方は何となく顔つきがおっかないというか・・まぁ私は新人だったので、当時はあらゆることがおっかなかったんでございますが・・とにかくその方が怖かったんです。

おまけにその方のお名前「崇」の読み方がわからなくて・・・まさか「たたる」じゃないだろうな・・・と思いつつ、「たたる」とは読まないまでも「たたる」と同じ字(祟)だと思っていました。それどころか、あんな名前を付けるから、おっかない人になるのか・・・可哀想にとまで思ってて・・・。ああ~、バカでした、私。

手書きで見づらかったなんてことは、言い訳にならないですね。

☆ ☆ ☆

今日、何気なく「よくある勘違い事例」というネット記事を読んでたら「崇」と「祟」を混同してた人の話が出てきて・・・あら~私と同じじゃん・・・っていうか、今の今まで混同してたよ。

係長・・ごめんなさい。本当は崇(たかし)さんだったんですね。なんて優しそうなお名前。

ということで、最近「云々」を「でんでん」とお読みになった有名人がおられましたが、誰でも勘違いはいくつかあるはず。

こんな自分が人のことを笑ったら、それこそ祟られてしまいますね。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 加古川市(兵庫県)のマンホール | トップ | 題名のない音楽会(2/19)~... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む