さぶりんブログ

音楽が大好きなさぶりんが、自作イラストや怪しい楽器、本や映画の感想、花と電車の追っかけ記録などをランダムに載せています。

蓮芋のツナマヨ和え

2016-10-06 23:04:36 | 下手くそ料理帖
スーパーでまた不思議植物を見つけた。


蓮芋だって。

あの・・これのどこが芋なの?

調べてみると、これはサトイモ科サトイモ属。つまりあのサトイモの近縁種だが、塊根は小さくて食用にならず、この長い葉柄が食用になるのだとか。

なので芋の茎であるから、芋はいいとして、蓮とは縁もゆかりもない。

あと、高知県、徳島県で作られており、沖縄県(琉球)から導入されたためリュウキュウとも呼ばれるそうだが、琉球からきたからリュウキュウと呼ぶなんて、このファジーなネーミングを君は許せるか?

ということで、この変な植物を私が放っておくわけがなく、とりあえず食べることに。

参考にしたのは、一番簡単そうなこのレシピ。

▼りゅうきゅう(蓮芋)のツナマヨ和え
http://cookpad.com/recipe/4058783

材料(小鉢1つ分)
りゅうきゅう(蓮芋)  30㎝くらい
塩          適量
ツナ缶        1つ
マヨネーズ      お好みで
塩こしょう      ぱらっと

まぁねぇ~・・ツナ缶と混ぜると、無限に食べれるっていうのが最近のトレンドだからねぇ~。


まず皮を剥く。指で簡単に剥ける。残ったのをちょっとピーラーで取ればよい。


縦半分にして斜め薄切りにし、お塩をふってしんなりさせたら軽く洗ってしぼる。

いやぁ~「維管束」という言葉と、この言葉を聞いた時にノートに書き写した板書の絵を思い出すよ。

洗って絞るとホント、スポンジみたい。


水を切った蓮芋に、軽く油を切ったツナを加え、マヨネーズと塩こしょうで和えたら完成。


いやぁ、蓮芋・・ほどよくしゃきっとしてますね。ツナに対してもっと多くても良かったかな。

蓮芋自体にはあまり味はなく、歯ごたえを楽しむために入れてる感じだけど、悪くない感じね。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 題名のない音楽会(10/2)~... | トップ | 題名のない音楽会(8/21)~... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む