さぶりんブログ

音楽が大好きなさぶりんが、自作イラストや怪しい楽器、本や映画の感想、花と電車の追っかけ記録などをランダムに載せています。

無限ピーマン(ささみバージョン)

2017-05-16 23:49:23 | 下手くそ料理帖
無限なんとか流行りであるが、大抵はツナ缶を使っている。

今回ささみを使った無限ピーマンをクラシルのFacebookページで見つけたので作ってみた。


【材料】2人前
ピーマン    4個
ささみ     2本
酒 大さじ1
Aかつお節  大さじ3(1パック)
Aめんつゆ   大さじ1
Aマヨネーズ  大さじ2
A鶏ガラスープ  小さじ1
Aごま油    小さじ2


クラシルではピーマンを先に処理してるが、ささみの粗熱を取る時間を考えると、ささみをまず処理すべきと考えた。

ささみにお酒をかけて、電子レンジ600Wで3分加熱し、粗熱を取るべく放置。


ピーマンは薄切りに。5個入りを買ったので、1個余ってもしょうがないんで、5個使った。
耐熱ボウルにピーマンの薄切りを入れて、ラップをかけて電子レンジ600Wで2分加熱。


ピーマンの入ったボウルをそのまま活用し、Aを入れ、その上からささみを割いて散らし、全体を合えて出来上がり。

・・・・・

そうねぇ。こういうものは、ご飯と合わせて食べたときにご飯がすすむ副菜なのよね。

ダイエット中の私は、家ではご飯を食べないが、無限ピーマンだけを食べると、味が濃く感じるのよ。

そこで考えた方法は、レタスに包んで食べよう!・・だ。

ベトナムに行った時、何でもかんでもレタスやハーブに包んで食べていて、とてもヘルシーな気分になったことを思い出した。
最近母も同様のことを考えていたらしく、先日遊びに来た時に、別のものをレタスで巻いて食べた。その時のレタスがまだ余っていたので、無限ピーマンを食べてみた。

を、いい感じ。

そうだ、これからおかず類はレシピよりやや塩味を薄く作って、レタスやお野菜で巻いて食べよう・・・その方が料理も楽しめ、ダイエット効果も上がりそうだ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 古代米煎餅 | トップ | 梵の酒粕に漬けたクリームチーズ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む