さぶりんブログ

音楽が大好きなさぶりんが、自作イラストや怪しい楽器、本や映画の感想、花と電車の追っかけ記録などをランダムに載せています。

題名のない音楽会(11/13)~「陰と陽のベートーヴェンの音楽会」~を観て

2016-11-18 23:23:22 | 映画・DVD等、各種鑑賞録
ピアニストの小菅優さんが、ピアノソナタ第17番「テンペスト」第1楽章 とピアノ三重奏曲第5番「幽霊」第1楽章における表現を丁寧に解説し、じっくり演奏を聴かせてくれる番組になっていた。

え? どっちが陽でどっちが陰だって?

いやぁ~「幽霊」の方が陽なのよ。そもそもベートーベンに「幽霊」なんて呼ばれる作品が存在すること自体、知らなかったんだけどね。

聴いてて・・どこが幽霊やねん! ・・まぁ、幽霊と呼ばれる所以になったのは、この1楽章ではなくて2楽章らしいんだけど。。。

驚いたのは、その幽霊1楽章に、第九の四楽章と似たようなフレーズが出て来ること。

幽霊は運命や田園と同じころに作曲された作品だが、今年3月に第九をやったとき、第九の着想自体はもっと若い頃にあった・・というようなことを聞き(読み)かじったが、この曲も第九の先駆的な作品の一つなのか。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 題名のない音楽会(10/30)~... | トップ | 新たな視点のよろこび »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む