早起き梟のひとりごと

仕事に追われる日々を少しだけ立ち止まって見つめてみると・・・

男達の戦い

2015-07-31 05:11:24 | 出来事

写真は、池袋、柳寿司。私には小学校からの友が5人いる。年に数回、飲食を共にする。場所は決まっていつも池袋、柳寿司。今日、集まったのは私を含めて4人。過去を振りかえり、病を愚痴り、子供を自慢し、安倍政治をこき下ろし、日本の未来を憂い、楽しい時間はあっと言う間に過ぎていく。そろそろ締めますか、いつものあれで。今日は、トリプル二倍満にして貰おう。

じゃーん!特製トリプル二倍満わさび巻き。これを皆で食す。数多く咀嚼して食べた者が偉い。お茶割りで飲み込むことは許されるが、はき出すことは御法度だ。先ずは言い出しっぺのこの男に食べて貰おう。

く~きた~~。

きたきたきた~~~。

こりゃたまらん!

どうだ。少しドヤ顔。          はいお次。

ん、ん、なにこれ!

むり、むり、むり。

はいお終い。               はいお次。

聞く、菊、キック~。

ダメ、ダメ、だっめー~。

参りました。           そして最後に私。

ム、きたか。

きた。

出していい、ダメ。

参りました。

五十半ば過ぎた男が、雁首揃えて、きたきたとかムリムリとか嬌声をあげている。はたから見てもそして我ながら、かなりアホな事だと思う。でもこれが楽しい。

おーい皆んな、今度はトリプル3倍満でいくぞ。

 

 

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

一句、ひねってみました。

2015-07-30 05:35:36 | 俳句

川床や 水に溶けたる 蝉時雨

鴨よ待て 裸足となりて 川わたる

夏祭り 童となりて 我も行く

正座して 猫の読みたる 風便り

山を観て われ山となる 蝉時雨 

夏井先生!せめて凡人に。

 

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

当たり飯

2015-07-29 05:49:21 | ランチ

大田区学校シリーズ6日目、今日は5人でやって来た。

写真は3人でフードを清掃しているところ。そろそろ飯にしますか。探りを入れながら皆で歩いていると、ありました一軒のメシ屋が

その名も、丼や-たつみ- 糀谷。どうだ当たり飯か?

私とM爺は豚やき定食。キャベツ食べ放題。700円。

スライスしたにんにく醤油ずけと豚バラ肉が焼かれている。さらにカリカリに揚げられたにんにくチップが添えられている。にんにくの匂いが食欲をそそる。

リュウタロウは、カツカレー、800円。これもまたスパイスの香りが食欲をそそる。

残りの2人が頼んだ、鳥から丼。見よ、このボリュームを。これで680円。もちろんキャベツ食べ放題。

予想外。当たり飯に認定。

 


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

安保法制 参議院 審議入り。

2015-07-28 05:21:46 | 妄想

写真は、田原 桂一 「国会議事堂」講談社 1800円。

眠れない夜、私は妄想する。参議院安保法制特別委員会の審議の様を。今夜の妄想の演者は2人、民主党 大塚耕平、そして日本国総理大臣安倍晋三。

議長。大塚君。

「民主党 新緑風会大塚耕平でございます。総理、先ず初めにお聞きします。これだけ国民の理解を得られない、安保法制案、廃案にするお気持ちはありませんか?」

内閣総理大臣 安倍晋三君。

「でありますから、この参議院の場におきまして、充分審議を尽くし国民の理解を深めていくよう説明する所存であります」

議長。大塚君。

「総理は最近、メディアにお出になり、集団的自衛権を泥棒に対する戸締りや、友達が喧嘩に巻き込まれた時の助け合いなどの比喩を用いて、説明なされておりますが、そもそもそんな貧相な例えで、説明すること自体が、安保法制を解りにくくしているのではありませんか。事は日本国の安全保障の問題です。何故血を流すこともあると説明出来ないんですか。」

内閣総理大臣 安倍晋三君。

「でありますから、この参議院の場におきまして、充分審議を尽くし国民の理解を深めていくよう説明する所存でございます」

議長。大塚君。

「総理、自衛隊は軍隊ですか」

内閣総理大臣 安倍晋三君。

「自衛の為の軍隊と認識しております」

議長。大塚君。

「総理、実際に事が起こり任地に赴くのは私でも、総理でもありません。現役の自衛官が赴くのです。今、世界の軍人はネガティヴリストに基ずいて行動しています。即ちやっていけない事以外は全て自身の判断で出来る。一方、日本の自衛官はポジティブリストによって行動します。即ちやって良い事しか出来ない。そんなあやふやな地位のままで、自衛官を任地に送り出す。総理、自衛官に申し訳ないと言う気持ちはありませんか」

内閣総理大臣 安倍晋三君

「でありますから、この参議院の場におきまして、充分審議を尽くし国民の理解を深めていくよう説明する所存です」

議長。大塚君。

「総理、総理はよく日本の誇りを取り戻すと仰言いますが、具体的には何を指すのですか」

内閣総理大臣 安倍晋三君。

「戦後レジュームからの脱却であります」

議長。大塚君。

「戦後体制からの脱却と言うのであれば先ず、日本に駐留しているアメリカ軍の撤退を主張しなければならないのではありませんか。自国の領土に他の国の軍隊が駐留している状態が誇りある国の姿とは思えません。合わせて日米地位協定の見直しする考えはお持ちではありませんか」

内閣総理大臣 安倍晋三君。

「日本と米国は固い絆で結ばれたパートナーであります。今後もそれは変わりません」

議長。大塚君。

「総理、最後にお聞きします。党議拘束を外す御考えはありませんか」

内閣総理大臣 安倍晋三君。

「そのような事がないよう、この参議院の場におきまして、充分審議を尽くし国民の理解を深めていくよう説明する考えです」

議長。大塚君。

「ありがとうございました、最後にこの特別委員会の皆様にお話させてください。かつて、参議院は良識の府と言われていました。今まさにその良識が問われています。ここでこの法案を通せば、参議院は死にます。今まさに私達ひとり独りのインテグリティが問われています。この法案を通せば、日本はいつかきた道に戻ります。こんな中途半端な法案を通してズルズルといつかきた道に戻るわけにはいきません。この法案はここで廃案とし、改めて憲法改正を議題として日本がどうあるべきか、あの大戦は何だったのか、ひとりひとりが、真摯に向き合い議論し、未来の日本を模索しなければなりません。党派を超えて投票なさることを請い願いてやみません。ありがとうございました」

ここで私の妄想は終わり、私は深い眠りに就く。

今度は、見果てぬ夢をみながら。

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

暴飲暴飲

2015-07-27 05:42:20 | 飲み屋

今日は、お休み、かみさんと赤羽にやってきた。写真はまるます家。

ビールで乾杯。

ビール旨し。

モロヘイヤ。

アスパラ。

水なす。

私はジャンチュウ モヒート。

かみさんはお茶割り。

たぬき豆腐。

牛すじ煮込み。野菜たっぷり。

メンチカツ。

2軒目、赤羽、いくどん。

コーヒー焼酎。

馬刺し、赤身とロース。

3軒目。上野、たきおか。

レモンサワー。

ポテトサラダ。

身欠きニシン。

赤ウインナー。

ひらめ刺身。

4軒目,浅草、浩二。熱いけど外で呑む。

ポテトサラダ。

銀ダラ煮付け。

5軒目。

泡。

チーズ。

6軒目、池袋 うな鐵。

ビールと枝豆。

レモンサワー。

バラ、鰻にニラが巻いてある。

肝。これは塩焼き。

最後は短冊。

ごちそうさま。でもなんか腹へったな。家でそーめんでも茹でるか。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加