早起き梟のひとりごと

仕事に追われる日々を少しだけ立ち止まって見つめてみると・・・

森見登美彦の新刊が出た。

2016-11-26 06:03:53 | 買った本

写真は、夜行 森見登美彦 小学館 1400円(税別)

森見登美彦の新刊が出たので、さっそく買って読んでみた。

10年前の火祭りの夜、突然消えた彼女。再会を果たした人びとが問わず語りに語る奇妙な物語、そこに必ず現れる「夜行」と題された1枚の絵、その中に描かれた顔の無い女。物語は混沌をきわめ謎は深まるばかり。その謎を漆黒の闇に葬って、最終章、物語は反転する、どんでん返しではなく「夜行」から「曙光」へ文字通り反転する。そこには幾つもの時間が流れていた。

深夜に読み終わった。いっき読みだった。

夜の底で、私は自分の鼓動を聴いていた。

一読をお薦めする。でも「有頂天家族」の続編が早く読みたいな。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« まぐろいくら弁当 | トップ | 競輪人生(小倉競輪祭決勝予想) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL