早起き梟のひとりごと

仕事に追われる日々を少しだけ立ち止まって見つめてみると・・・

黒幕のゲルニカ

2016-10-14 06:12:28 | 買った本

写真は、「黒幕のゲルニカ」原田マハ 新潮社 1600円 税別。

小説は2つのストーリーで構成されている、1つはゲルニカ制作時、ピカソの生活が愛人ドラの視点で描かれている。もう1つは現代のニューヨーク、9・11テロで最愛の人を失った主人公八神遥子はMoMA美術館のキュレーター。彼女が「ゲルニカ」をMoMAに招致すべく奔走する姿が描かれている。

その決して交わることのない2つの物語が最後、一枚の鳩の絵のよって交差した。作者の手管の見事さに感心した。決して大きなどんでん返しなどはないが各所で小技の効いた逸品、一読をお勧めする。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 御朱印自慢 (京都浄土宗寺院... | トップ | ノーベル文学賞はボブ・デュラン »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (神崎和幸)
2016-10-14 16:57:32
こんにちは。

自分も「暗幕のゲルニカ」読みましたよ。
いい作品ですよね。
ピカソのゲルニカを題材にしてテロや戦争に異を唱えているところが良かったです。
そのうえミステリーとしてもまったく飽きることがありませんでしたよ。
お早うございます。 (早起き梟)
2016-10-15 05:47:10
日本には絵画ミステリーが少ないので原田マハの今後に期待です。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL