早起き梟のひとりごと

仕事に追われる日々を少しだけ立ち止まって見つめてみると・・・

競輪人生(熊本記念競輪決勝予想)

2017-10-22 06:11:37 | 競輪

写真は熊本記念競輪決勝メンバー。震災で熊本競輪場が使えないので、久留米競輪場で代替開催されている。このまま廃止の噂もあるが何とか存続して欲しい。

並びは、

 3吉澤ー9武田

 2深谷ー7浅井

 6小松崎

 4古性ー8南

 1中川ー5小倉

目を覆いたくなるような細切れ戦。

深谷ー浅井は如何にも強力だが、2人並んで良かった記憶がない。寛仁の決勝も浅井が何であんな事したのか私には理解出来ない。(切って、切って、深谷先行のつもりだった?)

細切れ戦なので、展開もへったくれも無いが、先行は師匠を背負った3吉澤、この後ろはみんな欲しいところ。ここはドスの効いた4古性ががむしゃら行けば他はビビって譲るはず。位置どり淡白な中川が最後方といったところか。

てなわけで、

最終ホームは、

3吉澤ー9武田 4古性ー8南 2深谷ー7浅井 6小松崎 1中川ー5小倉

吉澤、早めの目いちだと、今の武田では番手捲りも呑み込まれるのは必定。ならば自分が勝てる逃げが師匠勝利への道。でもペース駆だと今度は、古性や深谷が早めに動くはず。バック前から深谷が仕掛け、小松崎が追走、合わせて古性も動き出す。ごちゃつく3・4コーナー満を辞して中川が発進、この大きな山を乗り越えられるか?

車券は、

この大きな山を中川が乗り越えるとみての  1-5-2=4

古性が上手く立ち回っての  4-8-2=6

深谷の異次元の捲りが炸裂で  2-7-4=6

てやんでい、細切れ戦に筋も番手もあるもんかで  1=2=4 こちらは2車単で

だぶん、台風で延期だろうな!

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加