じぃじ・スナフキンの気まま日記

スナフキン大好き「じぃじ」が、自然とのふれあいを気ままに綴ります。

久渡寺山、登って来ました・・・。

2017年05月18日 17時00分28秒 | 日記

今日は、足慣らし登山のつもりで、久渡寺山に行って来ました。
朝方は、薄っすらと曇っていたのですが、天気予報どおりの良い天気になりました。
今回は、写真の右尾根を登って、左の山に登って下りて来る予定です。
久渡寺山は、以前お寺やビジターセンター周辺の散策をした程度で、登山は初めてです。
久渡寺と言うお寺は、津軽三十三観音霊場の第1番札所であり、円山応挙作と言われる「幽霊画」がある事でも有名なお寺です。

今回は、初めての登山だったので、ネットのHPを探して情報を入手し、上の案内図の赤矢印ルートで登り、下りは白矢印のルートで行って来ました。

先ずは、本堂までの石の階段です。結構キツイです・・・。

ぎょぎょっ!、石段途中で「マムシグサ」を見つけてしまいました。

石段を登り切った所の右側に、観音様のお堂がありました。

そして、直ぐ目の前に本堂がありました。本堂で登山の無事をお祈りして、左側に移動します。

本堂の直ぐ左に、白い観音様の像が立っておられました。

そのまま進むと、道端に石仏がありました。皆、観音様の様で、久渡寺山への直行ルートには数体設置されていました。

分岐点の目印にもなっている、「ミス久渡寺観音像」にやって来ました。(観音様はミスだったんだ・・・?)

直ぐ傍に標識があり、「沢の道」方面へ沢に沿って下りて行きます。(折角登ったのに下るんです)
沢の道は、狭くて、薄暗くて、ルート表示があまり無く、数回沢を渡り、ただひたすら下ります。

木々の間からこぼれた光に、「スミレ」の花が輝いて見えました。

「エンレイソウ」も咲いていました。

やっと標識が出て来ました。(心細かった~っ!?)でも、後どれ位なの~っ?
単独登山なので、ブツブツ言いながら、時には「ヨッホーッ!」と奇声を上げて、「熊さん出ないでね~っ」と、心で祈りながら歩きます。こんな時に限って、ザックに「鈴」を付けるのを忘れるんです。車に置いてきちゃった・・・。

またまた標識発見。ここからは登りです・・・。
道端には、沢山花が咲いていましたので、連続で紹介です。道は結構広く、階段状に木を組んでいたりするのですが・・・キツイッ!!

「ヒメアオキ・雌花」の様です。

「スミレ」ですが、小さくて白いスミレです。

「ヤマツツジ」でしょうか。

岩落山」までの中間点の様です。ほ~らっ、先の登りがキツそうでしょうっ・・・。

「ミヤマシキミ」の様です。

「チゴユリ」も咲いていました。

「サラサドウダン」の蕾の様です。


やっと頂上に到着しました・・・。

頂上からの展望は、周りに木が生い茂っているため、弘前市街方面のみです。岩木山は木々の間から、八甲田連峰は見えません。
まっ、しょうがないか~っ。市街地方面が見えるだけでも・・・。
帰りのルートは、雪解けが遅かったのか、「イチリンソウ」「ニリンソウ」「カタクリ」「ヒトリシズカ」等の花が咲いていました。
画像を30枚しかアップロードできないので、今回は省略です。(沢筋に残雪もありました)

「エンレイソウ・白花」です。初めて見ました。直ぐ傍に、いつもの紫色も咲いているんですよっ。

「マイヅルソウ」です。

「ユキザサ(アズキナ)」の様です。

新国見台付近に咲いていた、桜です。小花で、少し垂れていました。

この後は、駐車場に下りて、ソフトクリームを食べ、「せせらぎ温泉」と言う温泉に立ち寄って帰宅しました。
久々の登山で、疲れました・・・。こんな調子で、今月末からの登山旅行、大丈夫かな~っ。チョット心配になりました。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 我が家の庭も、花盛り~っ! | トップ | 今日もチョット、熱くなりま... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。