吉田マリア幼稚園のトピックス

写真付きで子どもたちの様子をお知らせします

子どもたちの「クリスマス会」

2016年12月28日 | 日記
12月16日(金)にクリスマス会がありました。
待降節の間、イエスさまを自分の心に迎えるために「祈り」「ちょっとしたがまん」「すすんで善いことをする」という3つのことをがんばってきた子どもたち。

当日はイエスさまにがんばった心をプレゼントするために、そして、クリスマス会に来てくださった方々に神さまが人となったことの喜びを伝えるために、子どもたちは一生懸命演じていました。

      

未満のつぼみぐみのステージはリズム「リンゴントウ」
幕が開いたとたん、大勢の観客にびっくりして固まってしまいましたが、少しずつリズムにあわせて踊りだす子が出てくると、いつもの元気が出てきました。

ももぐみさんは「はらぺこあおむし」の絵本にあわせてのリズムです。
絵本の読み聞かせとリズムで、絵本の世界を表現しました。

   

                      

年少さんの「森のなかまと大きなやさい」の劇は、絵本「おおきなかぶ」をモチーフにしたオリジナルのお話です。動物たちの『うんとこしょ、どっこいしょ』の掛け声と、野菜たちの『やだやだ抜けないよ!』の掛け合いが楽しいお話でした。

年中さんの劇は「ノアのはこぶね」。
これは旧約聖書の中のお話で、少し難しいかな…と思っていたのですが、子どもたちはお話の内容をよく理解して楽しんで演じていました。

      

年長さんの劇は、イエスさまのご降誕の劇『聖劇』です。
今からおよそ2000年前、ベツレヘムの馬小屋で一人の赤ちゃんが生まれました。
その赤ちゃんの名前はイエス・キリスト。
神が人となってこの世に来られたのです。これが一番初めのクリスマスです。

年長組の子どもたちは、本当のクリスマスの意味を伝えるために一生懸命演じました。

聖劇からキャンドルサービスに移り、暗闇だった世界に『光』となってきてくださったイエスさまを私たちの心にお迎えしました。

      

こんな風に“神さまの愛”が人から人へと伝わっていって、世界が愛に満ちたあたたかいものにかわっていくように、祈っていきましょう。

子どもたちを、あたたかいまなざしで支え、応援してくださった保護者の皆さま本当にありがとうございました。おかげさまで、心に残るすてきなクリスマス会になりました。

   
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今日は「二学期の終業式」でした | トップ | 始まりました!三学期! »
最近の画像もっと見る

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。