アイリス あいりす 

社会問題 日々雑感 家庭料理 健康管理

プレアデス高等評議会のミラからのメッセージ

2017-06-19 08:40:30 | 宇宙

 

http://japonese.despertando.me/category/channelings-2/

プレアデス高等評議会のミラからのメッセージ  2017年6月6日

プレアデス高等評議会のミラからのメッセージ  2017年6月6日 http://sananda.website/mira-from-the-pleiadian-high-council-via-valerie-donner-june-5th-2017/ Mira from the Pleiadian High Council via Valerie Donner, June 5th, 2017 私は現在フルタイムで地球評議会で働いているプレアデス高等評議会のミラで、皆様にご挨拶を申し上げます。 今日は良いニュースを携えてきています。あなた方が行っておられる現象的に良い仕事には、大きな価値があると、賞賛いたします。あなた方がどのようなことに遭遇されようとも、それが母なる地球上の3次元の突然の終了をもたらすということを、どうかお分かりいただきたいと思います。 
このことがどのようにしてもたらされるのかをお話し申し上げるには、少し早すぎますが、いずれにしても3次元は終了することでしょう。あなた方は、”この世界は一瞬の内に終わりを告げる、”という表現をお聞きになったことがあるでしょう。これが今お話をしていることなのです。あなた方には心を明るく照らし出し、より高い次元意識の中に入ってゆくと感じられる、ある壮大な驚きに遭遇することでしょう。この事象が、壮大な規模であなた方の地球に起きようとしています。
これはあなた方のいかなる想像をも凌駕するほどに大きく、重要な事象です。この変化の大きさはあらゆる創造を祝賀する理由になることでしょう。地球は高揚して、より高い意識という本来の状態に戻り、あなた方は平和、調和、歓喜、愛、および豊穣の中へと解放されるでしょう。
私たちは、あなた方が居住している最愛の惑星上で最後のダンスを踊っている闇の者の残渣をわくわくしながら見守っています。闇の者たちの抵抗によって、殆どの人達には大きい問題が生じていることが、私たちには分かっています。支配を続けるために行う最後のあがきによって、彼らは更なる混乱を引き起こしています。この時点で彼らも自分との戦いを行っているのです。
彼らはウイルスを食べる肉のようなものです。創造主の無条件の愛によって、これらの者たちも、最後の最後には光に届くことができるのです。 非常に長い間、あなた方が過ごしてきた暮らしについての真実について、できるだけ多くの人が理解することが必要です。
ですから今はソウルたちの目覚めにとって重要な機会です。知ってのとおり、この惑星上で暮らしている大多数の人々は、眠りについています。彼らは今目覚めつつあり、目の前で展開していることに衝撃を受けています。いにしえのことわざで言う、”真実があなた方を解放する、”が今当てはまります。あなた方は自由になるでしょう!
地球評議会はかつてないほど忙しい時を迎えています。私たちはうまく完結をし、より高い意識への複雑な遷移計画を最善のものに更新しようとしています。あなた方にはあらゆる必要なことが与えられるでしょう。あなた方を導く移行チームがあなた方を支援しています。あなた方の内の多くの者がこのチームの一員として働いています。
あなた方は以前にも次元上昇プロセスを経験したことがあります。あなた方は夢の中で訓練を受け、自分の役割を懸命に学んできました。人間は多次元性と無条件の愛の森の中で働く赤子のようなものです。人間は、おそれと相互の守りをかなぐり捨てることができ、マスター、私たち、全ての銀河の者たちとの再結合を果たし、一つの者になるでしょう。協力の精神が行き渡るでしょう。これまでの古臭い誤った支配と法はもはや行われることはなくなるでしょう。
愛が時代の法となるでしょう。協力が当たり前のこととなるでしょう。 今日はあなた方を勇気付けるメッセージをお伝えしています。どうか全体を見るようになさり、あなた方が本来の惑星を取り戻しつつあることをお分かりください。 私はミラ、天の愛をお届けしています。 翻訳 Taki
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日本の若者の自殺者数と本田... | トップ | 文科省 VS 内閣府 木村草太 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL