アイリス あいりす 

社会問題 日々雑感 家庭料理 健康管理

オリバーストーン監督 「プーチン大統領に関する映画を作っている」

2017-05-06 11:15:46 | 社会問題 日々雑感

https://jp.sputniknews.com/culture/201705013591294/

米国のオリバー・ストーン監督は、シドニー・モーニング・ヘラルド紙のインタビューで、ロシアのウラジーミル・プーチン大統領に関する映画に取り組んでいると述べた。通信社「スプートニク」が報じた。

スプートニク日本

 

監督は「映画は、我々米国人が知らない世界観をもたらす」と強調した。

ストーン監督は「プーチン氏は最も重要な世界のリーダーの一人であり、そのため米国は彼を自分たちの敵、偉大な敵だと発表した。非常に重要なのは、彼が言いたいことを私たちが耳にすることだ」と作品の構想を説明し、プーチン大統領と数回会ったことがあると指摘した。

監督は「私は初めからスノーデン氏(米情報機関の元職員)についてプーチン氏と話をし、これは映画になっている。そこから信頼が高まったのではないかと考えているが、プーチン氏は私が余計な編集をしないことを知っている」と語った。

監督によると、新たな映画では、プーチン氏が2000年にロシア大統領になってから起こった出来事に関するプーチン氏の見解が描かれる。

___________

♬ プーチン大統領の自然な映画が見れるでしょう。

オリバーストーン監督の映画が楽しみですね。

日本で上映されるでしょうか?

 

 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« コブラ情報 識別力とアウェ... | トップ | ロシアでゾルゲのフィルムが... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL