アイリス あいりす 

社会問題 日々雑感 家庭料理 健康管理

コブラ情報 PFCコブラ・インタビュー2017・3月(前半)

2017-04-05 12:57:59 | 宇宙

http://prepareforchange-japan.blogspot.jp/2017/04/cobra-interview-1703.html より転載(♪翻訳ありがとうございます。字数の関係で前半後半にわけました。)

コブラ情報 2017.3 (前半)

 

     

イベント関連

Lynn – コブラ、三月のPFCインタビューへようこそ。司会は私、Lynn で、音声ともう一人の聞き手は Aaron です。最初はイベントの現状についての質問から始めたいと思います。
いつものように、質問が沢山きています。今日はいつもより時間を長めに取って頂いたので、質問を多めにカバーできたらと思います。では、最初の質問です。
2月26日に、コンゴのために行われたエーテル界解放瞑想が成功に終わりましたが、その意味を説明して頂けませんか。かなり成功した瞑想とあなたは言いました。瞑想人数がクリティカル・マス(臨界数)に到達しました。それ以外に何か話して頂けますか。
 
COBRA – それについての詳細報告をすでに公開しました。ベールの突破と、惑星周りのプラズマ界の構造に永続的な変化を作り出すためには、クリティカル・マスへの到達は必要でした。私たちは実際にコンゴの異常を封じ込めたのです。いま、コンゴのポータルは非常に急速な勢いで癒やされており、それが地上のほかのヴォルテクスに強い連鎖反応を起こしています。特にシリアのヴォルテクスはその影響を強く受けて、反応はその4日後のパルミラ解放にすぐ現れました。それ以外にも多くの効果をもたらしました。最も重要なのは、それ以降、惑星の周りのプラズマ界では、悪の勢力が大きく衰えたことです。彼らはその領域を急速に失っています。
 
Lynn – 特にアフリカでの顕著な改善を期待したいです。
COBRA – そうなるでしょう。ただ、物質界では時間が掛かるでしょう。特に物質界での永続的な変化が起きるのはイベントの後になります。
Aaron – コーリー・グッドがスフィアビーイング同盟から聞いた話では、スフィアビーイングの仕事は惑星の人々の管理と移動です。イベントのしばらく後に予想される惑星のリセット時に、地球の人々の移動や運送を彼らが担当するって、本当ですか?
COBRA – コーリー・グッドの情報についてコメントすることはできません。なので、この質問の仕方を少し変えてもらう必要があります。
 
Aaron – 彼の質問はまだあります。これは聖書の携挙(キリストの再臨)という出来事ですか?もう少し詳しく教えて下さい。
COBRA – 聖書には、イベントや圧縮突破についてのヒントがたくさんあります。携挙は、アセンション・プロセスの後半部分を表しています。
 
Lynn – ということは、アセンションのプロセスは一瞬の出来事ではなく、ある程度の期間にわたって起きるものですか?
COBRA – ええ、当然です。何度も説明しましたが、圧縮突破、つまり開示が起きて、カバールの逮捕と金融リセットが起きるのはイベントですが、実際のアセンションのプロセスはその時に初めてスタートします。
 
ダーク・フリート
Lynn – 太陽系への出入りを阻む太陽系外縁バリアが出来た時、コーリー・グッドが言っていたダーク・フリートは太陽系内に閉じ込められました。彼らはまだ南極でうろついたり、月にもまだ基地を持っているのですか?
COBRA – コーリーが「ダークフリート」と呼んでいるものはまだ南極で一定の活動をしていますが、その状況もすぐ変わるでしょう。
 
部分開示が始まっているという事実
Aaron – コーリー・グッドはフェイスブックで次のように語っています。
「明らかにデータダンプはすでに始まっています。でも、それはSSP同盟が求めているような完全なデータダンプではありません。どちらかというと戦略的な部分データダンプです。最初のうちは報復のやり合いという小出しの暴露戦争になりそうです。続いて、東方連合の特定のメンバーを狙い撃つデータをカバールが公開してきそうです。どちら側も、自分たちのデータを暴露した情報源をけなそうとするでしょう。大衆はこれに翻弄されてしまいそうです。」
これは本当ですか?
COBRA – ある程度は事実です。でもイベントが起きたら、そんな状況にはならないでしょう。イベントは完全開示を意味します。どんな妥協も隠れた策略も許されません。
Aaron – 私たちは部分開示を迎えることになるのでしょうか。
COBRA – 部分開示にはなりません。完全開示がやってきます。それ以外の選択肢はありませんし、議論の余地もありません。繰り返しますが、やってくるのは完全開示だけです。
 
バルカンという惑星
Lynn – 私たちには見えないバルカンという惑星があると言われています。この一次密度の惑星は水星よりも内側の軌道で太陽を回っているようです。この惑星について何か知っていますか?もしそれが存在しているのなら、なぜ秘密にされているのでしょうか。
COBRA – それは一部の天文学者が存在を仮定した理論上の惑星です。実際は存在しません。
 
モントーク・プロジェクト
Aaron – モントーク・プロジェクトの基礎は、根深いオカルト的でハードコアな悪魔的慣習や儀式から生まれたという科学者がいますが、本当ですか?
COBRA – ある程度はそういえます。
Lynn – モントークプロジェクトの主な目的は何ですか?それが我々の社会にどんな損害や影響を与えましたか?それが作り出した何百万もの犠牲者を、光の勢力はどのような計画で癒やすつもりでしょうか。
COBRA – このプロジェクトの目的はタイムラインをいじることです。彼らは様々なタイムラインをコントロールしようとしました。彼らは成功しませんでしたが、でも彼らの実験の結果として、特に顕著なのは地表で一定量の初期異常が現れましたが、それはすでに対処済みなので問題になりません。そのプログラムがもたらした犠牲者はイベント後にヒーリングを受けることになるでしょう。
 
合法大麻に潜む危険
Aaron – 次の質問です。次の発言を見つけたが、それについてあなたの考えを教えて下さい。「あなたが手にしているマリファナ(大麻)は本当に純粋な大麻ですか?本当に混入物の入っていない大麻ですか?よく考えて下さい。大麻ですよ。特にバージニア州のクアンティコ(麻薬取締局のある場所)のFBIが定めた合法的な医薬グレードのものですよ。それにはナノテクでインプラントやマイクロチップが入っていますよ。すべて遺伝子組み換えでナノマシンという極小のコンピューターが入っているのです。すべてのタバコ、電子タバコ、ジャンクフードなども同じです。」
これは本当ですか?
COBRA – ええ、本当です。
 
電気料金の嘘
Lynn – 同じ質問者からです。「すべて茶番です!アメリカ政府は大都市で毎月3兆ドルの電気料金を徴収しているのです!赤字なんて真っ赤な嘘です。彼らは人々から税金を徴収して、必要経費の100倍ものお金を儲けたのです。彼らは様々な浪費手段や歳入不足の固定観念を生み出しました。彼らは必要な金額をはじき出してから、そのお金を無から生み出しました。彼らはゼロポイントエネルギもレプリケーターも本当はもっていて、必要な物資も道具も好きなだけ作り出せるのに、人々だけは苦労させられています。何もかも茶番です。すべての請求書は支払い済みです。私たちは本物のアメリカ政府を取り戻すべきです。」 私はこれをあるエリートのメンバーに言い聞かされました。彼らがいうには、すべては「分割払い」です。残りは誤魔化しとジョークです。彼らはそれを手放して、いまの文明を終わらせて別の環境に逃げるつもりです。これについてコメントを頂けますか。
 
COBRA – これはいまの惑星上で起きていることについての素晴らしい説明です。この現実に人々が目覚めてきているのは嬉しいことです。もちろん、私たちがそれを変えることになります。彼らの勝手にはさせませんよ。
 
ロックフェラーの死
Aaron – 次の質問です。2017年3月20日にデービッド・ロックフェラーがニューヨーク市の私有地で亡くなったと聞きましたが、本当ですか?その日が丁度春分の日でした。彼がその日に亡くなったのは本当ですか?それとも何かの意図で大衆を騙すために流した嘘の死亡情報ですか?
COBRA – 本当の死亡でした。彼は亡くなったし、クローンの体にいた訳でもありませんでした。本当に死んだのです。
Aaron – それは自然死でしたか?それとも光の勢力にやられたのですか?
COBRA – 光の勢力のいくつかの作戦に晒されて、その恐怖がもたらした結果といっていいでしょう。
Aaron – デービッド・ロックフェラーの死亡の詳細と、それがカバールの計画に与える影響について教えて頂けませんか?
COBRA – 次のブログ更新でそれについて書きましょう。
 
Lynn – 他にも、2014年の6月にデービッドの息子、リチャード・ロックフェラー博士が父親の私有地近くでの飛行機墜落事故で死亡したと報告されました。でも、少し前にベン・フルフォードが書きましたが、リチャード・ロックフェラーは死を偽って、本当は南米の地下基地に逃げたそうです。それについて何か教えて下さい。
COBRA – 息子のほうですね。確かに彼はその基地に行きましたが、いまはもうそこにいません。彼は捕まりました。
 
南極での活動
Aaron – 過去の南極で行われた秘密活動について、驚くべき調査報告が最近までいくつか出ています。これらの注目すべき報告について、あなたが確認出来た情報をまとめて頂けませんか。これに関連して、他にも重要だと思われる情報があれば教えて下さい。
COBRA – 南極に気をとらわれすぎだと思います。この惑星において、南極は地球外政治問題の主要舞台ではありません。そこでいろいろなことが起きているだけに過ぎません。それに大事なことは、南極はアトランティスではありません。確かに南極では多くの古代遺跡が見つかりましたが、地球上のほかの場所にも多くの古代遺跡があり、イベントの後に明かされるでしょう。それらの発見を使って、カバールは自らの犯罪への関心を逸らそうとしますが、それは成功しないでしょう。
Aaron – 最後に一つ確認しますが、レジスタンス・ムーブメントは南極と何らかの形で関与していますか?
COBRA – ええ、彼らは丁度いま、そこで非常に強力な作戦を進めています。
 
潜水艦爆発事件
Lynn – 潜水艦の爆発によって、2月末に南極のみならず、ヨーロッパの一部や北米にも放射能汚染が起きたという持論があります。そのため、特殊部隊が民間人を南極から避難させているとニュースで伝えていました。このことについて教えて下さい。
COBRA – この原子力潜水艦事件による限定的な放射能は発生しましたが、その汚染程度を大げさに強調すべきではありません。非常に危険とは言えませんし、民間人の南極からの避難はそれとは関係ありません。南極の地下で起きたドラコ勢力と銀河連合の代理戦争が原因です。
Lynn – では、原子力潜水艦が原因の避難はなかったということですか?
COBRA – 避難はありましたが、放射能が原因ではなく、戦争が原因です。
Lynn – 環境中の過剰な放射能の除去には、照明が最善というのは本当ですか?
COBRA – いいえ。
 
トランプ政権の人事問題
Aaron – マイケル・フリン陸軍中将がアメリカの国家安全保障問題担当顧問を辞任しました。その本当の理由は知っていますか?
COBRA – いま、様々な派閥の間で激しい内部闘争が起きています。クリントン・ロックフェラー派閥と、トランプ・イエズス会の派閥の間での内紛の結果、政権内で多くの辞職や変化が起きています。でも、それは人々が思うほど重要なことではありません。なぜなら、舞台裏で糸を引いている人達は表に登場していないからです。メディアに報道されることすらありません。彼らは正体をみせていません。彼らは計画遂行のために特定の人間を看板役にしているだけに過ぎません。
 
NBCの買収
Lynn – 最近のある記事によると、WMAの最高責任者で、ビル・コスビーの30年来の個人代理人でもあるノーマン・ブローカウがコスビーと話し合った結果、NBCの買収をボブ・ライトに打診したそうです。でも、NBCネットワークの社長で、イルミナティのリーダーでもあるボブにしてみれば、NBCがコスビーに買収されると、彼はテレビ局での支配権を失ってしまいます。この買収を止める唯一の方法は、ビル・コスビーを破滅に追い込むことしかありません。そこで、彼らはまず嘘のレープ事件をでっち上げて申し立てました。この申し立ての内容は真実ですか?それとも事実から目をそらすための陽動作戦ですか?
訳注 : WMA(ウィリアム・モリス・エージェンシー)はハリウッドにあるタレント事務所で、ビル・コスビーは超人気テレビ・シリーズ「ザ・コスビー・ショー」の主演男優です。ボブ・ライトはアメリカの大手テレビ局NBCの元CEOですが、この質問内容をみると、どうも彼はNBCの実権を握っているようです。
COBRA – ええ、確かに申し立てはありましたが、事実に基づいたものではありません。この件に関して、いくつかの未公開真実があります。事実はねじ曲げられていますが、その裏には多少の真実があります。
 
ビットコイン
Aaron – ビットコインはデジタル通貨です。そのため、あらゆるデジタルもののように、ハッキングしたり、改ざんしたりすることは可能です。ビットコインは宣伝されているように、安全で絶対確実なのですか?それとも物理的な通貨を排除して、お金を絶対の完全支配下に置くために闇の勢力が仕組んだトロイの木馬ですか?
COBRA – ビットコインは未来の世界通貨にはなりません。ある程度は安全ですが、それと付き合うのも割と大丈夫ですが、私なら、貯金の大半をビットコインに投資したりはしないでしょう。
Lynn – サトシ・ナカモトはビットコインの発明者です。ビットコインは新しいシステムへ近づくための一歩になるとあなたは以前言いましたが、ナカモトは光の勢力側の人間ですか?
COBRA – 直接的ではありませんが、間接的にそういえます。
Lynn – ビットコインのシステムは他の惑星から来たものですか?
COBRA – 違います。
Lynn – ビットコインなんて、人工知能(AI)またはコンピューターのハッキングで簡単にやられたりしませんか?
COBRA – AIは人々が恐れるほど強力ではありません。なぜなら、人間の心はそれより強いし、ソースとの繋がりを組み合わせれば、人工知能のあらゆる仕掛けを凌駕できます。
Aaron – ビットコインよりも、金銀のほうが安全で確実な投資ですよね?
COBRA – ええ、その通りです。
Aaron – ビットコインの背後にいるのは誰ですか?キャッシュレス社会を牛耳っているイエズス会ですか?それとも善良な同盟ですか?
COBRA – 間接的には、善良な同盟です。
Lynn – もし、カバールが地下基地や宇宙船でレプリケーターなどの高い技術をもっているのなら、ボタン一つで必要な金や貴金属を作り出して、崩れかけた金融制度を無限に回し続けることができたはずです。なんでそうしないのですか?
COBRA – 殆どのカバールのメンバーはそういう先進技術へのアクセス権限をもっていません。それをもっているのはごく少数の限定された人達です。でも、彼らはそれをほかのカバール・メンバーに開放するつもりはありません。
 
ヤルダバオート
Aaron – 次の質問です。ヤルダバオートの完全消滅まではあとどのぐらいかかりますか?
COBRA – いままでのどんな時よりもずっと近づいたといっていいでしょう。その生命体の触手またはプラズマ・フィラメントはすでに完全に取り除かれています。頭のほうは消滅の初期段階です。
Aaron – イベントへの前進を妨げているなんらかの爆弾はありますか?
COBRA – ええ、もちろんです。まだトップレット爆弾が残っています。それが残っている限り、イベントは起きません。それが一番の理由です。トップレット爆弾がなくなれば、イベントの引き金は引かれるでしょう。
Aaron – 乗り越えなければいけない障害はほかに何かありますか?
COBRA – いま言ったように、残りのプラズマ異常と、ヤルダバオートと結合したトップレット爆弾を取り除いたら、イベントを引き起こすことになっています。それがいま進行中の計画です。
イベントを前進させるための一番の戦術
Lynn – エーテル界解放瞑想の成功以降、ヤルダバオートとトップレット爆弾は地表だけのものになりましたが、ヤルダバオートの頭を消滅させるために、一番の戦術は何ですか?
COBRA – 一番の戦術は、戦略的な場所にチンターマニストーンを埋めることです。陸地だけでなく、海岸から遠く離れた海にも置く必要があります。
Lynn – それは海の中の放射能に対して何らかの効果を持ちますか?
COBRA – 海の放射能は伝えられたほど多くありません。それは誤った情報です。
Aaron – 初期異常の解消とヤルダバオートの頭の消滅を助けるために、銀河連合に協力するためのアセンション・コラムはどうすれば作れますか?
 
訳注 : アセンション・コラム (Ascension Column) とは具体的何なのか分からないため、直訳しました。新聞のコラムと同じ意味かもしれません。
COBRA – これについては、そのうちブログで詳細を書きましょう。ちょっと複雑なので、すぐに答えられるものではありません。詳細は記事にして説明します。
 
カバールの地下基地
Lynn – 最近のロシア・インタビューの中で、ロシアに高深度地下軍事基地(DUMBS)はもはや残っていないとあなたは答えました。それは世界各国でも同じですか?他にまだ掃討されていない地下軍事基地のある国は?
COBRA – カバールの基地の大半は、カバールと伝統的に結びついている国々の中にあります。つまり、アメリカ、イスラエル、サウジアラビアです。ほかにイギリス、トルコ、日本にもある程度あります。現時点で、それ以外の国にはほぼありません。
地球は学校なのかどうか
Aaron – 最近のロシアでのインタビューの中で、あなたは「地球はアルコンとキメラが看守を務めている、厳重に管理された監獄で、学校ではありません。」と言いました。でも、私たちは教わってきました。地球は学校であり、私たちがやるべきことをやれば、より高い次元の存在になれるか天国に行けます。これについてコメントを頂けますか?アセンションのように、より高い次元へ進むために必要だという、真実の一面もあるのですか?
COBRA – 霊的進化に努めれば、高次元へ進めるのは事実です。でも、だからといって、(いまの)この地球が高次元への進化を教える学校ということにはなりません。アルコンは私たちの霊的進化を助けるどころか、むしろ妨げているのです。霊的に進化するには、彼らが施したプログラミングは必要ありません。自分の考え方と意識を、隔離状態の制約を突破できる限界までに引き上げてください。それが出来れば、あなたの霊的成長への準備はできています。
Lynn – シリアに関する質問があります。成功した解放瞑想以降のシリア状況について、何か話して頂けますか。
COBRA – 私に言えるのは、作戦は進行中で、比較的に近い将来に、シリアのヴォルテクスは解放されるだろうと言うことだけです。
 
福島の放射能
Aaron – 日本やアメリカ西海岸の信頼できる情報源によると、福島にある複数の未確認原子炉でメルトダウンが起きて、高い放射能が検出されたといっています。一部の測定値が致死量を上回っているそうです。これは前回のPFCインタビューでのコブラの答えと矛盾しています。要約すると、福島の放射能は重大な問題ではないとコブラは答えていました。質問者はこの高い放射能への不安を軽減させる何かの材料はないかと聞いています。技術に限界があることを踏まえて下さい。このような深刻な放射能を中和できる外来の量子技術がありますか?
COBRA – 何度も言ってきましたが、原子炉周辺や非常に限定された区域を除けば、福島から漏れ出した過度の放射能はありません。原子炉から15~30キロ以上離れているところに住んでいれば安全です。それ以外はすべて偽情報です。実際にガイガーカウンターで正確な測定をした人と連絡を取っています。彼らは福島にかなり近い場所でも、想定外の放射能を検出していません。
Aaron – 銀河連合は放射能を軽減する何かの技術を持っていますか?
COBRA – 福島に限らず、彼らは多くの局面でそれをやってくれています。過去には、深刻な放射能災害がたくさんありましたが、いずれも狭い範囲に限定されてきました。銀河連合が放射能の拡散を防いでくれたお陰です。
Lynn – 2013年11月28日のあなたのブログで、あなたは次のように書きました。
「アルコンが惑星地球の隔離状態を維持するための主な作戦部隊はいまやイエズス会です。彼らの元上級司令官であるハンス・ピーター・コルベンバッハ (Hans Peter Kolvenbach) は地表の人類に恐怖の波動を持たせるのにあたって、重要な役割を担っていました。ニュース報道によると、彼は2016年11月26日にベイルートで亡くなったそうです。彼は本当に死んだのですか?もしそうなら、それが開示や9/11と3/11の真実究明にあたって、何か特別な意味を持っていますか?
COBRA – 主な加害者の一人が惑星から取り除かれたということです。でも、真実の隠蔽に加担したのは彼だけではありません。それに加担した集団はまだ丸々残っています。でも、彼らが一人ずつ取り除かれていくたびに、状況は改善されていきます。だから、いままで全く触れてこなかった様々な話題がいま上がってきたのです。
 
NESARA について
Aaron – NESARA をどう思いますか?NESARAに関する新しい情報はありますか?
COBRA – 新しい情報はありません。NESARAは地球規模の金融リセットと関連していて、イベントの時に起きます。
Aaron – エンキ(シュメールの三大神の一人)はセント・ジャーメインと関係ありますか?
COBRA – ありません。
Lynn – 最近、オバマは妻子を置いて一人でタヒチに行きました。彼はそこで何をしているのですか?
COBRA – 彼は個人の時間をそこで過ごしています。惑星的な重要性は全くありません。
 
ペドフィリア(小児性愛者)関連の逮捕
Aaron – ペドフィリア(小児性愛者)ネットワークに関与した人達が世界中で逮捕されていることはご存じですか?
COBRA – ええ。逮捕者は多数出ていますが、上層部はまだです。そのネットワークの中間階級管理者は各国で数多く逮捕されています。そのことは代替メディアで暴露されていますが、主流のマスメディアでもある程度報道されています。
Aaron – 児童売買とペドフィリアのことが近いうちに表面化して人々に意識されるようになると思いますか?
COBRA – ええ、それは開示プロセスの一部です。すでに一部の地域では表面化していますが、まもなくそれが否めない事実として人々に意識されるようになるでしょう。近々そうなると思います。
 
プレ・アダマイト
Lynn – 最近、デービッド・ウィルコックとコーリー・グッドが南極で発見されたプレ・アダマイトという種族の情報を明らかにしました。彼らは5万年以上も前に火星からやってきた人達です。その一部はバチカンの中に住んでいて、細長い頭をバチカンの山高帽で隠しているそうです。コーリーとデービッドは南極に墜落した三隻の超巨大古代宇宙船や、その宇宙船の一隻で暮らしていた共同体、何千年間もステイシスに入れられていつ起きるかも分からないような長身の人達とか、実に驚くべき情報を明かしました。これらはすべて事実ですか?
COBRA – 特にバチカンの部分に関して、一部は事実です。それ以外は物語の段階で、証拠はまだ揃っていません。でも、この南極の物語の深層部に関しては、より具体的な証拠は現れるでしょう。そこで古代遺跡が見つかったのも事実ですが、それ以外の部分の真偽に関しては、私はまだ自分の情報源から確認出来ていません。
Lynn – ステイシスに入っている巨人もですか?
COBRA – 世界中のいろんな場所でステイシスに入っている巨人があるのは事実です。それは確認済みです。
 
オランダの総選挙
Aaron – ヘルト・ウィルダースが負けた最近のオランダ総選挙は不正に操作されたかもしれません。ヘルト・ウィルダースが本当は勝ったのかどうか、知っていますか?彼の敗北による影響は?
COBRA – 大した影響はありません。何度も言いましたが、イベント前の政治構造では劇的な変化を引き起こすことは無理です。誰が選ばれようと、背後にいるネットワークは相変わらず糸を引いているからです。
Aaron – 彼が実は勝ったのかどうか、知っていますか?
COBRA – その情報はもっていません。
 
アメリカの借金問題
Lynn – ベンジャミン・フルフォードの3月20日のウィークリー・メッセージからの引用と関連質問がいくつかあります。
「1861に出来たUSAコーポレーションは、1776年に発足した本来のアメリカ共和国に取って代わりました。3月15日に、20兆ドルという負債限度に到達した後も、政府は閉鎖されなかったのは、その負債はコーポレーションのもので、共和国のものではないからです。
USAコーポレーションは破産を宣告されて、その負債は無効とされ、ゼロになりました。」
これは事実ですか?アメリカ共和国の財政とその大統領職に関して、近い将来に何かが起きるのでしょうか。
COBRA – 共和国が再建されたことは確認出来ていません。共和国が再建されれば、アメリカの市民は劇的な変化をすぐに確認出来るようになるでしょう。理論的な概念ではありません。実際に起きたら、不確かな代替メディアに限らず、非常に確かで劇的な発表がマスメディアを通して行われるでしょう。従って、この部分は真実ではないと言えます。後半に関して言えば、カバールはいまだに金融制度を支配していて、いくらでも数字を自由自在にいじり回せるため、国の借金は常に水面下で操作されています。どんな困った状況でも、次の問題が浮上するまでは、常に奇跡的に解消されるのです。
Aaron – デービッド・ロックフェラーの死亡発表がいま発表されるのは偶然の一致ですか?
COBRA – 偶然でも何でもありません。次回のブログでそれについてさらに説明しましょう。
メルケルからトランプへの賄賂提示
Lynn – フルフォードはさらに、トランプは先週、ドイツのメルケル首相から、ロスチャイルドの召使いであるジョン・マケインやヒラリー・クリントンを追及しないように賄賂を持ちかけられ、断ったとも報告しました。彼の情報源によると、トランプがメルケルとの握手を拒否したのは、これが理由だったそうです。これに関して、メルケルはロスチャイルドのカバール・ハンドラーの指令に従っていただけでしょうか。
COBRA – ええ。
 
イラクとジンバブエ通貨の再評価期待
Aaron – 南米の麻薬王はロンダリングのために、彼らのドルでイラク・ディナールを買っているそうです。でも、クリントンとブッシュの派閥がアメリカの大統領選に敗北したため、これらのディナール通貨が実用的になることは決してないそうです。ディナールが実用的な通貨になる可能性はありますか?
COBRA – ベンジャミンが言っていたほど極端なことは起きていません。ディナールの価値が劇的に増えるとは期待していません。だから、ディナールに関わる取引には手を出さない方がいいと思います。
Aaron – アフリカのジンバブエ・ドルは?
COBRA – 同じです。
 
麻薬物質の合法化
Aaron – 次の質問です。長年にわたる「麻薬撲滅戦争」にも関わらず、2~3兆ドルに及ぶ違法麻薬ビジネスの絶滅は何一つ達成できていません。その現状に対して、犯罪組織の資金を絶ち、さらに彼らの与える損害を最小限にとどめるため、やはり麻薬物質の合法化と規制が長期的な解決策になりそうだと、アジアの秘密結社やWDSの情報源が同じ意見に達したそうです。上記の意見に基づいて、将来いずれ、麻薬の合法化は実現するのでしょうか。
COBRA – マリファナに限って言えば、すでにいくつかの州や国ですでに合法化が起きています。その流れは始まっています。カバールは力を失っているため、この流れを止めることは出来ないでしょう。麻薬撲滅戦争というのは、カバールが麻薬ビジネスでより多くのお金を儲けるために使った名ばかりの策略に過ぎません。
 
スピリチュアル関連
Lynn – ここから、いくつかのスピリチュアル関連質問が続きます。三次元から五次元に移行する時、それは聞いているラジオ局をAMラジオからFMラジオへ、またはテレビのチャンネル切り替えみたいなものでしょうか。それは著しい変化ですか?
COBRA – 波動の周波数変化に対する理解として、いい例えだと思います。
Aaron – 天使は天使の領域で造られて、三次元みたいな低次元領域に降りてきます。その一方で、地球発祥の人間は地球で最も高い密度の波動の中で魂の進化をスタートさせて、上の次元への上昇プロセスをたどります。この考え方は正しいですか。
COBRA – まさしくその通りです。
Aaron – ツインフレイムがどちらも同じ性で転生してくることはありますか。
COBRA – あり得ます。
Lynn – 最近のインタビューで、あなたはコアスター・チャクラにあるハイヤーセルフにつながる瞑想法に言及し、それを体の若返りや再生に使うと言いました。その瞑想法についてもっと教えて頂けますか。
COBRA – いまは教えられません。
 
訳注 : コアスターチャクラは人間の5次元のエネルギ・フィールドに存在するといわれる高次元チャクラです。
 
宇宙の創造
Aaron – ビッグバンや宇宙の誕生について教えて下さい。原始の神・ソース/プライム・ソースが完全な光の存在として、「自分を膨張させたらどうなるのか?」という想念でその膨張を具現化した結果、宇宙が出来たという考え方があります。この考え方に間違いがあったら訂正してください。
COBRA – 宇宙は基本的にソースと初期異常の相互作用がもたらす結果です。従って、ビッグバンによる宇宙創造では、両方の形態(光と闇)が関与しているのです。
アセンションと悟り
Aaron – アセンションと悟りの違いは何ですか。悟りを自己実現と呼ぶことは出来ますか?
COBRA – 悟りとは、人が真実とつながった瞬間にすぎません。一方のアセンションは、人がその真実への完全なる変容を完成することです。
 
(後半へ)
 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 天皇まんざーい フルフォー... | トップ | コブラ情報 PFCコブライ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

宇宙」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL