アイリス あいりす 

社会問題 日々雑感 家庭料理 健康管理

天皇まんざーい 日銀が多くの企業の大株主になった

2017-07-29 23:04:40 | 天皇

日銀 ETF買い入れ大幅増で “大株主”に

日銀が大規模な金融緩和策として企業の株式を組み込んだETF=上場投資信託の買い入れ額を大幅に増やしてから29日で1年になります。この間、多くの企業で日銀が実質的に大株主となる異例の事態が進んでいて今後、日銀がETFの買い入れの減額や売却に転じた場合の影響が懸念されています。

続きを読む

日銀は去年7月、2%の物価目標の実現に向けた追加の金融緩和策として、ETF=上場投資信託を市場から買い入れる額を、それまでのほぼ2倍にあたる年間6兆円に拡大することを決めました。

その結果、日銀が保有するETFは今月20日時点で14兆5500億円まで増え、株式市場では株価を支える効果もあらわれています。

その一方で、上場企業の間では日銀が実質的に大株主となる異例の事態が進んでいます。ニッセイ基礎研究所の試算によりますと、ことし3月末時点で日銀が10%以上の株式を実質的に保有している企業は14社に上り、このうち、半導体検査装置メーカーの「アドバンテスト」では16.8%、ユニクロを展開する「ファーストリテイリング」では15.3%に上るとしています。

ニッセイ基礎研究所の井出真吾チーフ株式ストラテジストは「日銀が企業の株式を実質的に大量に保有し、当面は売却しないことで、株価が高止まりしやすくなる。その結果、株主や経営者が『株価が下がらないから大丈夫だ』として経営課題を見逃すなど、経営が緩むおそれがある」と指摘しています。

日銀が保有するETFが増え続ければ今後、金融緩和の縮小などに伴う買い入れの減額や売却に転じた場合の影響も懸念され、日銀が物価目標の実現をにらみながらETFの買い入れをどこまで増やしていくのかが焦点となっています。

ビジネスニュース一

~~~~~~~~~~

♬ これはNWOです。

日銀の半分はロス茶または、天皇が株主だと思います。

日銀の株主は半分は政府が、また半分は公にされていません。

ですから、この国は着実にNWOになります。改憲をすれば、すべて天皇のものになるでしょう。

日銀が独立していると思うのは、妄想にすぎないのです。

政府と日銀はすでにこうして、大企業、主だった企業の大株主です。

企業は大株主に逆らえないでしょう。

これが残念ですが二ホンの現状ですよ。

国民が他のことに、夢中になっている間に、さっさと知らぬ顔して、すましてこのように、してしまいました。法律など関係ありませんでした。

支配者はこうして二ホンを牛耳っていくのでしょう。

本当の歴史を教えられていません。ですから、自分で歴史を調べてみてください。

どこからでもいいのです。ほころびがあるのです。

二ホンが最後の砦です。アメリカではないのです。

この日銀が大株主になって、天皇が隠れていることが、これから噂になってひろまるでしょうね。

二ホンは最後の砦です。アメリカではありません。

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ♪『アクエリアス』【字幕あり... | トップ | アレックス・コリアー:メン... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
最後の戦場 (滝山 善一)
2017-07-31 12:27:49
日本国は、神と悪魔が同居していたが、この10年間で悪魔どもを追い詰め退治してきた。
そうして、悪魔どもの正体が目に見えて分かるようになり誰が何者達の家来だったのかも解明できるようになっている。
元プレアデス出身のオリジナルコブラ氏は、善人側に滅ぼされて久しいが、つぎつぎニセモノが立ちあがってくる。現在は、「AIーこぶら」氏が演じてる。
コードネーム「コブラ」を名乗る、こいつらは、地球人の敵のETのマシンですよ。
この国の善人達は、悪人たちを自国に集めてまとめて始末する予定、ここが最後の戦場、日本国。

コメントを投稿

天皇」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL