アイリス あいりす 

社会問題 日々雑感 家庭料理 健康管理

PFC台湾 アントワインへのインタビュー 2016・11・30

2016-12-07 12:39:23 | 宇宙

 

2016年11月30日

アントワインへのインタビュー~覚醒、そしてミッションを生きる
聞き手:パトリック(台湾PFC)
 
        
 
 
 
 Patrick : 皆さんこんにちは。パトリックです。今日は非常に特別なインタビューをお送りできて光栄です。今回はPFCの歴史の中で、コブラ以外で初めてのインタビューになります。相手はブログ Recreation Balance からの Untwine さんです。はじめて Untwine に会ったのは去る七月、チェンマイで行われたコブラ・カンファレンスでした。彼はただのいい友達だけでなく、惑星解放においては非常に頼りになる相棒でもあります。台湾PFCである国際黄金時代を代表して、アントワインをインタビューにお迎えしたいと思います。アントワイン、こんにちは。
Untwine : こんにちは。ありがとう。
 
Patrick : では、最初の質問です。あなたの覚醒の物語を聞かせてもらいますか。
Untwine : 人生全体において?それとも後のほうだけ?
Patrick : 人生全体でお願いします。いつライトワーカーとして目覚めたか、仕事は何をしていたのか、ライトワーカーになる前の背景とか。
 
Untwine : 私にとって最初の覚醒は生まれてから最初の約7年間でした。特に朝起きたときに、よくアストラル体で移動していました。アストラル体で目覚めて、家や部屋の中で飛び回って、物に触ったり、エネルギが見えたり、自分の肉体が眠っているのを見ることが出来ました。それで自分の肉体に戻って起こしてやりました。最初の七年間はほぼこれが毎朝起きていました。また、この時期では、日中はできる限り自分を一人で部屋に閉じ込めていました。外の世界では非常に不快に感じていました。部屋の中で、自分を助けて導いて物事を教えてくれる存在に囲まれていたのを感じて、見ることが出来ました。詳しくは覚えていませんが、エネルギーを送ってくれていたようでした。
 
Patrick : わおっ!幼い時からそんなことが出来たのですか?
Untwine : ええ、七歳まではね。その後、初のワクチン注射を受けて、学校に通い始めて、ストレスを感じるようになると、すべてできなくなりました。
 
Patrick : そうだね、私も幼い時に似たような体験がありました。おそらく七歳頃の時でした。時々「私は誰?なぜここにいるの?」みたいなことを自分に問いかけました。
Untwine : ええ、子供の頃のスターシードにとってはごく普通のことだと思います。
 
Patrick : でも、私はアストラル体での移動はできませんでした。時々、自分の中国名は本当の自分の名前なの?とか、そういう疑問を持ちましたね。
Untwine : そうそう。私も十代後半までは、いつも鏡の中の自分を見つめて、めまいをしそうになって、「ここは私の惑星ではない。なんでここにいるの?」という強い思いを持っていました。五、六歳の時に、すでにここは自分の惑星ではないことに気付きました。でも、年を取って学校に通い出すと、家族や社会からのプレッシャーで、どんどん忘れていって、すべては子供の想像だと思うようになりました。インプラントとワクチンのだめ押しで、私たちはそれらをすべて忘れてしまうのです。
 
Patrick : ライトワーカーになる前はどんな仕事に就いていましたか。
Untwine : 幼い時に受け取ったエネルギがずっと残っていました。少年期は学校に強く反発し、学校を嫌って入りたくなかったです。人付き合いもとにかく苦手で、世の中の仕組みも馴染めませんでした。
13か14才の時から、音楽演奏を始めると、それが自分の人生の重要な一部になりました。音楽が外の世界と人間を繋いでくれたから、それを通じてはじめて彼らとふれあうことが出来るようになりました。音楽に没頭し始めたことで、二十代前半までの仕事の多くは音楽と関わるものばかりでした。バンドに入っていて、毎週のようにカフェなどのコンサートに出かけていきました。それ以外の仕事に就くことは不可能でした。サラリーマンを2ヶ月間ほどやって嫌になって二度とやることはありませんでした。
 
Patrick : ははは、かなり早い時期に社会から抜け出しましたね。
Untwine : ええ、しかもお金欲しさで入っていこうとしても、すぐ追い出されましたね。自分が求められているような人間ではなく、協力的ではないのかもしれません。
あるいは、そういう仕事に就かないように、宇宙の意図に仕向けられたのかもしれません。二十代前半から、ベッドに寝ているときに自発的な覚醒体験を持つようになりました。ほら、私は無神論的な家庭環境に生まれたでしょ?フランスでは、いわゆる唯物論の考え方はかなり根強く、あらゆる宗教を拒否していますが、ただ残念なことに、同時に精神的な世界も拒否してるのです。
そういう環境で生まれ育ったが、二十代前半にいきなりスイッチが入ったように、光のシャワーを感じて、私を完全無神論者から、「神は存在するが、空にいるおじいさんではない」という考え方に変えました。それはどこにも存在する愛の存在であることを自分の内側から気づき始めました。
それが私の人生の羅針盤になりました。この覚醒は学べるものではないし、本から習得できるものでもありません。この覚醒は自分の内側からの気づきから始まったため、あまり疑問を持ちませんでした。そして、それが自分のスピリチュアルの旅の中でますます強くなっていくのを感じました。
 
Patrick : いいですね。では、時代の変化とか、イベントとか、カバールとかを知ったのはいつでしたか。
Untwine : 2012年早々に、コブラがブログを始めた時とほぼ同じ時期に肺炎を患って、三週間ほど病床につきました。やることがなかったのでインターネットでイルミナティ、ETなどの話題を見つけて夜通しで読み始めました。
最初に見つけたのはデービッドウィルコックで、約一週間は徹夜で彼の動画をすべてみました。何かがあると感じました。それから、ポジティブなETについて調べ始めました。丁度同時に、デービッドウィルコックはドレークにインタビューしていたので、その時はじめて2012年の具体的な計画として、集団逮捕の話を聞きました。そこから数週間前に出来たばかりのコブラのブログにたどり着きました。そして私の世界が広がっていったのでした。
 
Patrick : 運が良かったですね。私はコブラにたどり着くまではかなり遠回りしました。最初にコブラのブログを中国語で読みましたが、翻訳はあまり良くなかったので考えつきました。この翻訳がよくないのなら、自分でやってはどうだろ?って。そうしたら、前のボスは辞めさせてくれたので、「だったら」と思っていまのグループに参加してジェダイらに会いました。ところで、あなたはコブラを最初から信じていましたか?コブラとイベントを信じるまでは時間が掛かりましたか。
Untwine : 最初からピンときて共感したと思います。ずっとベッドから抜けられず、これらの新しい情報に圧倒されて、熱くなって夢中になりました。余りにも感動して、それからの数ヶ月間ですべての仕事をやめてしまいました。その時はロンドンに住んでいて、バンドに属していてイギリス中をツアーで回る予定でしたが、全部キャンセルしました。
 
特にアルコンについて、コブラが最初に書いた記事の影響が大きく、もうバンドなんてやっていられませんでした。物質界の陰謀論は知っていたし、エネルギ的に何かがおかしいことを感じていました。初めてアルコンの話を聞いて、非物質界の陰謀を知らされて納得しました。自分の感じたことも、世界の仕組みもそれで説明がつきました。それから、私はすべての仕事を辞めて、2012年の最初のコブラ・カンファレンスに参加しました。
 
Patrick : 早いですね。私はコブラに会うまでは紆余曲折がありました。仕事やめてからやることがなく、破れかぶれで翻訳を手がけました。ところで、あなたのブログを裏付ける知識の豊富さはどこから来たのでしょうか。あなたのブログを数回翻訳しましたが、いつも感心しました。なんでこの人はこんなに博識なのかって。
Untwine : そうかな?自分が思うほど博識ではありませんよ。この世界の知識量はあまりにも膨大すぎて、自分が知っていることは本当に取るに足らないと感じるくらいです。
 
Patrick : 確かそれは言えるけど、あなたのブログを読むと、何かのウィキを読んでいるみたいですよ。充実しているし、頷ける内容です。
Untwine : 勉強はしましたよ。世の中は情報に溢れていて、いい情報も悪い情報も玉石混交の情報もあります。調べるときは自分の直感に素直に従って情報をエネルギ的に取捨選択しています。直感に頼らずに、頭だけで考えようとすると、生活とネットのそこら中にあるノイズに溺れてしまいます。
私はアストラル界・メンタル界あるいはエーテル界を含めて、自分のスピリチュアル・ガイドに従っています。もちろんよく思慮もしますが、エネルギ的に勉強しています。特に昨年には、夜寝ている間に彼らの何人かに会っていたことをどんどん思い出せるようになってきました。
彼らは私のグリッドワークの任務を導いてくれたし、ブログの記事も同様に導いてくれたと思います。インターネットの記事だけでは、物質的な導きは十分に得られないので、非物質界ともっと接触しなくてはいけないと思います。
 
Patrick : あなたのブログには、非物質的なブレーンがついているわけですね。
Untwine : そのようなものです。私だけでなく、彼らは沢山のスターシードにもコンタクトしていると思いますよ。
Patrick : チャネリング・メッセージをどう思いますか。
 
Untwine : 微妙な話題ですね。殆どの人はちゃんとしたスキルを持たずにハマっていると思います。たとえば、あなたとこのままチャネリングしようとしてもそれだけで大変なことなのに、多くの人は妨害がずっと多いベールの向こう側とチャネリングしようとしているのです。
不可能ではありませんが、多くの努力が必要です。妨害の中でやるのは簡単ではありません。止めたりはしませんが、コブラが過去のカンファレンスで言ったように、チャネリングをやりたければ、まず努力してちゃんとしたやり方を覚えないといけないのです。
 
Patrick : 私にとってチャネラーは非物質界のラジオみたいなものです。特別なものではありませんが、慎重に見極める必要があります。自慢のためにやってはいけないことです。自慢したい人はやるべきではないと思います。
 
Untwine : ええ。チャネリング・メッセージと物理的なメッセージは大差ないと思います。内部情報と謳われる場合は往々にして下らない情報です。的外れのスピリチュアル・リーダーも多いです。アルコンの作った強力な空想と偽情報システムは人々の心奥まで入り込んでいます。
 
Patrick : 次の質問にいきましょう。コブラが言ったように、イベント後の新しい金融システムも新技術の登場も簡単に想像できますが、私にとってはニュー・ルネッサンス(新しい文芸復興)はいまいちあやふやな概念です。台湾では強固な組織がありますが、ニュー・ルネッサンスへの取り組み方は今ひとつ分かりません。そこで、イベントの数年後のニュー・ルネッサンスについてのあなたの展望と期待を聞かせて下さい。
 
Untwine : 私たちの心と感情のプログラミング奥深くまで掘り下げなくてはいけないので、非常に難しいテーマだと思います。タイミングとしてはまだちょっと早いでしょう。精神と芸術の世界の中から真実を見つけ出すには、自分の生活や人生について問い詰める必要があります。人間関係の構築、友人、家族、恋人、私たちの中でプログラムされたこれらの概念は精神や芸術と強く結びついているものです。スピリチュアル的に進化していくと、自分や自分のソウルファミリーとの関係も深まっていきますが、(その移行は)地上の人間にとってまだ時期尚早です。その前に、いまからできることは、自分への探求に多くの努力をかけることだと思います。
 
Patrick : あらゆるPFCのグループの中で、ニュー・ルネッサンスのグループは最強だと私はいつも言っています。なぜなら、それはもっぱら魂のことで、魂はどんな技術やお金よりも強力です。でも、ニュー・ルネッサンスのグループを準備するのは本当に難しいです。何かアドバイスはありますか。
 
Untwine : 確かにニュー・ルネッサンスは最も長期的な展望におかれたグループです。あなたの言うように、新技術の導入で金融システムは最初の数年間で消えていくでしょう。今度はスピリチュアル的な進化によって技術も要らなくなります。だから最後に残るのはルネッサンスです。今できることはたとえば、自分の影の部分との一体化とか、絵画・音楽・踊りのような芸術表現についての勉強とか、本当の自分につながって、芸術を通じて本当の自分の表現力を引き出すことがニュー・ルネッサンスにつながる活動だと思います。それを築いていけば、スピリチュアル的な進化につながり、ハイヤーセルフとの結びつきも強くなり、芸術もより豊で力強くなっていきます。
非常に高いレベルまで進化した存在が作る音楽を想像してみてください。それは私たちの目指す方向です。いまのままで、創造的な芸術表現を心がけることが自分の魂、自分のハイヤーセルフにつながる一歩です。
 
Patrick : なるほど、そのように仲間に伝えましょう。ありがとう。次ですが、あなたは七月以来、アジア大陸を渡り歩いてチンターマニ・ミッションを遂行していますが、最も印象に残ったエピソードを聞かせてくれませんか。
 
Untwine : いくつかありますが、印象に残ったのはカザフスタンですね。
Patrick : 知ってます。ルビー、いや、ラピスで作られた寺院のことでしょ?
 
Untwine : いいえ、それはイランでした。彼らは古い建物をラピスラズリの粉末で塗装していて、素晴らしかったです。カザフスタンに最初についたときは税関で引っかかりました。荷物を全部調べられて、宿もトラブル続きでした。こういうプロジェクトを携える旅行では、このような妨害はよくあることです。
やっといい宿を見つけて落ち着いて、長い旅の疲れをバスタブの中で癒やした時に思い出しました。実はその数週間前に夢の中で、スピリチュアル・ガイドから伝えたメッセージがありました。「カザフスタンに着くときは大変だが、その後でこの夢を思い出すだろう。それからすべての問題は解消されるよ」と。その時に強く感じました。自分のガイドがこの経過をすべて見守っていて、自分を守って導いていることを。
彼らがそれを数週間も前にこれを予知したのには驚きました。しかもそれが起きた様子や自分の泊まる場所や取る行動まですべて事前に夢の中で正確に予言していたのでした。
 
Patrick : 数週間前に彼らと一緒にこの旅を計画したのかもね。
Untwine : ええ、そうかもね。でもその旅で事前に何も予約をしなかったし、行き先も全く思い出していなかったのに、その通りに起きたのです。
 
Patrick : すべてが計画通りに運ばれていて驚いたのでしょう。
Untwine : ええ、いつもはこうならなかったからかもね。
 
Patrick : 次の質問はお金についてです。これだけ旅をしているとお金の心配はないのですか。家族や結婚のことは大丈夫なのですか。
 
Untwine : 家族も結婚も心配はしていません。でもお金はね・・・まあ、私が覚醒し始めた20代前半の頃、洗脳状態からのある種の脱却を体験しました。100%ではありませんが、そういうものから自分を切り離しました。
サラリーマンになることも、家族を持つことも、たまに考えたりはするけど、その気は全く無いですね。自分にとっての現実はすべてそれと無縁の世界です。確かにお金は心配の種ですが、自分が光との同調に全力を尽くせば、どうにかなるでしょう。本当に果たせなくてはいけない任務であれば、きっと果たされるでしょう。いままではそれでうまくやってきました。
Patrick : お金は勝手にやってきてくれたのですか?
Untwine : ええ、全く想像のつかない形で入ってきます。お金との理想的な関係はそれに気を取られないことです。お金はただの幻想ですから。
Patrick : ただの道具ね。
Untwine : ええ、それを使ってすべきことに注目しなくては。
Patrick : お金はただの道具だといつも言っていますね、数字は重要ではないって。やりたいことに専念して、最善を尽くして完璧にやりこなそうとすればお金は勝手にやってくるって。
 
Untwine : 私にとって重要な指針の一つは、「自分に出来る最も役立つことは何か?」と毎日自分に問いかけることです。それをやれば、いつでも自分を豊かさの流れに乗せることが出来ると思います。この惑星を解放させるのにやるべきことはたくさんあります。惑星解放のために頑張っている人をみて、光の勢力は喜ぶでしょう。この地球に70億も人間がいるのに、何とかしようとする人はあまりにも少ないです。ですから、自分に出来るもっとも役立ちそうなことを心底からやろうと強く願えば、光の勢力はそれに応えてくれると思います。
Patrick : 何をすべきか、何を守るべきか、それを毎日自分自身に言い聞かせてやれば、すべてはうまくいくということですね。
 
Untwine : ええ。ただ、無理をしてまで何かをするということではありません。自分を大事にするのが一番という場合もありますから。でも夢を持ち続けて下さい。自分の進化と惑星の解放のために、最もよいことを見つけるには、努力の積み重ねは必要です。「何をどうすべきか?」と問いかけ続けることは、自分にとって一番の問いかけだと思います。
 
Patrick : 素晴らしい。最後の質問です。フルタイムのライトワーカーとしてのあなたの日常を教えて下さい。
Untwine : 自分のいま居る国によってコロコロ変わります。この数年間は世界中を旅してきたから、いる場所によっては大きく変わりますね。
Patrick : つまり殆ど気ままな暮らしですね。やりたいこと、やるべきことを自由に決められるのですね。
Untwine : ええ、これは子供の時から、自分が最も望んでいたことでした。学校に通っていたとき、自分の時間を自分が好きなように使えないことが一番の苦痛でした。最悪でした。自分の時間を好きなように使えないとしたら、それは奴隷と言っていいと思います。
 
Patrick : いまは自分の時間を完全自由に使えるし、やるべきことを知っていて、好きなように出来るものね。
Untwine : ええ、まだこの惑星にいるから、100%ではないけど、最善を尽くしています。問題はこの隔離状態ですね。私たちは他の惑星から隔離されただけでなく、自分たちの惑星からも隔離されているのです。殆どの人はこの惑星を自由に探査することができませんし、起きていることを知る自由も与えられていません。
この作られたシステムの外に一歩出れば、それまで見えていなかった解決策が見えるようになるのです。これをコブラはマトリックスの割れ目と呼んでいると思います。その外に一歩踏み出して、そこから自力で生きていこうとすれば、他の人とは違う世界に入ってしまいますが、あなたにとっては新しい何かになるはずです。いまよりいい解決策は常に存在しています。殆どの人はそれを信じないから、やろうともしないだけです。
 
Patrick : 「狭いし、気持ちもよくはないけど、一応安全だから、そこから抜け出したくない」と彼らは考えているのですね。
Untwine : ええ。人々は生存の恐怖をプログラムされているから、それがいまの地球での彼らの選択肢を狭めているのです。たた、ソースや高次元から来た解決策や流れについていける状態でなければ、最善の解決策を求めようとするのはお薦めできません。
 
もし、あらゆる意味で私たちはもっといい人生を享受すべきだとポジティブに考えて、惑星を助ける決断をしたのなら、まず勉強をしてから選択をしてください。「どうせ私たちは皆奴隷だ」と消極的に考えていた時に決して起きなかったことが起きるでしょう。正しいことを知って前向きに考えないとよい結果はついてきません。
 
Patrick : 確かに自分も前の仕事にしがみついていたら、ここにはいないでしょう。あなたにもコブラにも会えなかったでしょう。角度を変えて振り返れば、(離職したことは)大したことではなかったのです。
Untwine : ええ、心を開いて可能性を信じれば、この宇宙にできることはたくさんあります。嘘を押しつけられてきたこの地球でも、それは可能です。秘密宇宙プログラムのような、他人事に思えることだけでなく、私たちの人生のあらゆる分野でそれは起きるのです。
 
Patrick : そうですね。実に感激しました。私たちのインタビューで、大勢の人は勇気づけられると思います。ありがとうございました。
Untwine : ありがとうございました。
みなさんに沢山の愛と勇気を!
 
翻訳: Shigeru Mabuchi
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 岸田外相 2時間待たされたプ... | トップ | 文部大臣になるべき人 「全... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

宇宙」カテゴリの最新記事