YとYの日々

私のYともう一人のYさんの日々の出来事がメインの
交換日記のようなブログです

さむの思い出(46)山の放浪者3

2017-02-12 08:37:19 | 今日のサム君

冬の山はいいです。何がいいって、人がいないからです。
画像は宮ヶ瀬湖ですが、裏丹沢から撮影しました。


これは、上の画像の反対側(宮ヶ瀬湖の後ろの山)から逆向きに丹沢山塊を撮影したものです。
丹沢山塊は日本100名山の1つですが、だらだらとした山並みが続き、中心にある丹沢山は麓から眺めても「あれが丹沢山です」と明言できる人は少ないと思います。
上の画像の位置は、一番右奥の平らな山です。


裏丹沢は、焼山から犬越路方面に続く尾根道で、ここに日帰りで登る人はほとんどいません。
丹沢の登山者(山ガール)の多くは、表丹沢を登り、大抵は塔ノ岳までで、がんばっても丹沢山まででしょう。
裏丹沢まで来るためには、丹沢山か蛭ヶ岳の山小屋に宿泊する必要があります。
したがって、ここまで来る人は、ある意味で選ばれた人々であり、普通の登山者ではありません。
焼山からの尾根道は、北風が吹き抜けるので、気温が下がります。


ここは「秘密の場所」で、まず登山者はやってきません。
登山道を外れたところにあるブナ林で、私のお気に入りの場所です。


丹沢山塊の最高峰(といっても1700mもないけど)は、丹沢山ではなく蛭ヶ岳です。
ここは蛭ヶ岳のすぐ真下となる姫次で、東海自然歩道の標高が一番高い場所です。
足跡から、ここには少なくても最近1週間以上は人が来ていなかったようです。
人が来ないのは登山道が凍結しているからで、アイゼンを必要とします。
ハイキング程度の登山者はアイゼンなど持っていないし、本格的に冬山をやるような人は、丹沢など登りに来ません。
したがって誰もいない場所であり、好きこのんで来る人は限られています。
晴れていれば、ここから富士山がきれいに見えます。
このあたりはカラ松林で、神奈川の美林50選だそうです。
気温は分かりませんが、オーちゃんのヒゲが凍っています。





『犬』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ちっとも寒くないサム君 | トップ | 1月の誕生日ですガーネット »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。