YとYの日々

私のYともう一人のYさんの日々の出来事がメインの
交換日記のようなブログです

甘いもの

2017-06-09 14:04:09 | 花を楽しむ
こちら、公園のヤマアジサイ。


で、こちらがアマチャ。


yuyuさん:へ〜、似てるのに、よく区別がつくわね〜


ま!まあ、ここに立て札があるんだけどね〜


そう、これがガクアジサイ

白甘茶とも言うらしい。

・・・。
じゃあ、しょうがないなあ。
天然物有機化学の話をしようか。
甘茶が甘いのは、ジテルペンが含まれているからです。
ジ(di)っていうのは、2のことだけど、炭素数が20のテルペノイドのことです。
ここから先は、私の専門になるので、話が長くなるから止めますが・・・。

ならば、紫陽花と食べて比較してみよう。
ということで。
甘茶。

う〜ん、噛んでいると、やや苦みのある甘みが出てきます。

そして、白甘茶。

う〜ん、不味いぞ。

さらに、ヤマアジサイ。

う〜ん、もっと不味いぞ。

やっぱり甘茶は甘かった。











ジャンル:
ウェブログ
コメント (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 温泉の温度管理 | トップ | かくし味は…♪ »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
そうそうこの時~ (yuyu)
2017-06-09 17:17:31
甘茶と名のつく葉っぱをカミカミして
苦い~けどその中に甘味、かすかに感じる甘味を味わおうと
カミカミしたものを食べていた私!
でも、そばのyoyoさんは
味わった後捨ててました~!
イモムシ君的考察 (yoyo)
2017-06-10 03:46:46
カイコは桑の葉を食べます。
で、桑の葉が好きなのかと言うと、桑の葉が美味しいのではなくて、桑の葉には不味いものが入っていないから食べるらしいです。
では、不味いものと言うのは何か、それは苦みです。

苦みを感じさせるような化合物は、その構造の中に窒素を含むものが多いです。
で、アミノ酸以外に窒素を含む化合物は、何らかの生理活性を示すものが多いです。

したがって我々は、苦みを不快な味として感じます。
その結果、生理活性を示す(多かれ少なかれ毒性のある)ような物質を含む植物を避けるようになっています。
逆に甘みは、基本的に単糖または二糖類であって、栄養になるので美味しく感じています。

例えば、ゴリラは苦みが嫌いです。
何故かといえば、単一の植物を大量に食べるので、もしも毒の植物を食べたら、強い中毒症状が出てしまうからです。
これに対して、チンパンジーは苦い植物も食べます。
チンパンジーは、少量ずつ色々な植物を食べるので、毒性が強く出ることはないらしいです。

で、この甘茶。
ジテルペンは、砂糖のような甘みではなく、苦みが共存しています。
毒ではないので食べられますが。

それにしてもyuyuさん。
まさか飲み込んでいるとは知りませんでしたよ。
これから、未知の植物を口にするときは、口に含むだけにしてくださいね。

・・・ということで、指慣らしが終わり、今日もこれからお仕事開始です。
yoyoさん (yuyu)
2017-06-10 09:55:45
今朝あなたが起きたとき
あ、もうお仕事始めるのかな…と
なんとなくわかったのですが私はそのまま寝つづけました。
そのあと一時間くらいしてトイレに起きたのですが
また寝てしまいました。
結局起きたのは5:00くらい、たくさん眠れました。
朝食を6:00にすませて
そして今 9:53ですが、あなたは仕事をしています。

コメントを投稿

花を楽しむ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。