夢をかなえるキャッシュフロー表

キャッシュフロー表はあなたの人生を変えることが出来ます。あなたの人生をさらに豊かにします。

今年のノーベル経済学賞は高額報酬を得る大企業経営者には耳が痛い。

 | FP

世界の大企業の役員の報酬が異常に高いという問題は、常に、社会的な格差の拡大という問題と絡めて、大きな話題になる。米大手IT企業のグーグルの新CEO(最高経営責任者)を務めるインド出身のサンダー・ピチャイ氏の報酬は$199,000,000(約210億円)。ディスカバリーチャンネルをはじめとするケーブルテレビ向け専門チャンネルを多数運営する米メディア関連企業のトップ、デイビット・ザスラフ/ディスカバリー・コミュニケーションズCEOの報酬は$156,077,912(約165億円)。金融系企業のトップとして高額報酬を受け取っている資産運用会社ギャムコ・インベスターズのマリオ・ガベリ会長兼最高経営責任者(CEO)の報酬は$88,518,411(約93億4500万円)とさすがは大リーガーもかなわない報酬を受け取っているのである。さて、今年のノーベル経済学賞だが、アメリカ、ハーバード大学のオリバー・ハート教授(68)と、マサチュセッツ工科大学(MIT)のベント・ホルムストロム教授(67)に贈られる。両教授の研究は「契約理論」である。その応用の中で、経営者の報酬体系を固定給にするか、業績連動にするか。どちらが合理的かと検証するものもある。(2016.10.11)

 Y-FP Office Japan

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« キューバは小さな農業生産国... | トップ | 大統領には、その言葉で聴衆... »

コメントを投稿

FP」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL