夢をかなえるキャッシュフロー表

キャッシュフロー表はあなたの人生を変えることが出来ます。あなたの人生をさらに豊かにします。

仮に、クリントン氏とトランプ氏がメキシコで、大統領の座を争っていたら

 | FP

明日がアメリカの大統領選挙日だと言うので、選挙権のない国々の人々も姦しい。そんななかで、世界196か国で愛用されている、マッチング・アプリ「Tinder」が非営利団体ロック・ザ・ヴォートと協力し、11月4日、大統領選挙に関する調査結果を発表した。投票に参加したのはアメリカはもちろん、世界の主要国16か国である。面白いのは、ほとんどの国がヒラリー・クリントンを選んだのだが、唯一、トランプ氏を選んだ国がある。それはロシアだ。プーチン大統領と仲が良いという情報がそうゆう投票行動を起こしたものだと思う。国家として、支持を表明しているのは、私が知る限り、カンボジアだけだと思う。それはさておき、そのほかの国々の人たちはクリントン氏を支持している。だが、温度差がある。アメリカ自身はご存知のように拮抗していて、53%対47%である。日本は80%対20%である。では、一番、トランプ氏が嫌われた国はどこでしょうか。言われてみれば、納得なのだが、それはメキシコだ。クリントン氏を支持した人は93%と圧勝した。だから、仮に、クリントン氏とトランプ氏がメキシコで、大統領の座を争っていたら、今頃、クリントン氏は高枕で寝ていることだろう。(2016.11.07)

 Y-FP Office Japan

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 全世界所得課税方式はアメリ... | トップ | 歴史的遺産は修復のたびに壊... »

コメントを投稿

FP」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL