夢をかなえるキャッシュフロー表

キャッシュフロー表はあなたの人生を変えることが出来ます。あなたの人生をさらに豊かにします。

世界はまだ、古いOSを使っていた。

 | FP

世界各国を襲ったサイバー攻撃について、フランス警察は、被害件数は世界中で7万5000件以上が確認されたとし、ロイター通信は攻撃が起きた12日の時点で、被害国数を「約100カ国」と伝えている。送られたウイルスは、コンピューターを停止させて「身代金」を要求する「ランサムウエア」と言われるものだそうだ。さて、このサイバー攻撃で分かったことは、米国家安全保障局(NSA)から盗み出された技術を悪用されていること。何らかの行為で、NSAの技術が盗み出されたのだと思われるが、逆に言えば、NSAはこの種の技術を公然と持っていて、いつでも、知らぬ間に、誰かのコンピュウターに進入できるということだ。コンピューターウイルスだから、ある日、突然に、警官がドアから侵入してくるわけではない。サイレントインベーダーなのである。こうした技術はNSAが優れているとは思うが、どこの国でも行われていると思っていた方が良いだろう。フランス警察だって、技術があるから把握できたのだ。もう一つは標的となったのがMS社のウィンドウズXPであったということだ。この基本ソフト2014年にサポートを終えている。私たちの感覚で言えば、多くのところで、新しいOSに切り替えていると思っていたのだが、世界はそうでない。日産自動車の英国工場の他、フランス自動車大手ルノー、ロシア中央銀行・省庁、ドイツ鉄道(DB)、米物流大手フェデックス、スペイン通信大手テレフォニカ、さらに英国では病院の端末が使えなくなり、患者の生命が危険にさらされたのである。(2017.05.14)

Y-FP Office Japan

Y-FP Office Japanのホームページ上で、「家計のキャッシュフロー表、自分で作成」コーナーを設けましたので、ご活用ください。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 人類滅亡の予測は多いのだが... | トップ | 部屋に飛び交う電波を使って... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL