夢をかなえるキャッシュフロー表

キャッシュフロー表はあなたの人生を変えることが出来ます。あなたの人生をさらに豊かにします。

サ高住は姨捨山ではないはずだ。

 | FP

サ高住(サービス付き高齢者向け住宅)が2011年10月に高齢者住まい法の改正によって、普及が始まったのであるが、元々は、特養のように、介護が必要な人を住まわせるという目的で、出来たものではない。普通に生活は出来るが、高齢ともなれば、何かと不自由だ。急に病気になるかもしれない。そのような一人暮らしのお年寄りの不安ために、出来た住まいなのである。だから、要件は60歳以上。ただし、要介護認定を受けた60歳未満の人も入居可能だ。そのサ高住で事故が絶えない。朝日新聞がまとめた事故報告書によると、15年1月~16年8月末の事故は計3362件もあり、その中には、徘徊・行方不明も5%あった。つまり、サ高住はアパートの1形態という枠組みを大幅にはみ出しているのである。ちなみに、最多は骨折(1337件)だった。230件あった死亡の中では病死を除く死亡は147件。自殺が10%もあったことが驚かされるのである。人によっては、現代の姨捨山と思われるかもしれない。本来なら、元気な老人たちが集う場所が、足腰の立たない人ばかりの老後施設になってしまっている実態があるのである。(2017.05.20)

Y-FP Office Japan

 

Y-FP Office Japanのホームページ上で、「家計のキャッシュフロー表、自分で作成」コーナーを設けましたので、ご活用ください。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 韓国で、納豆、圧勝。 | トップ | 北朝鮮海域は不気味なほど静... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL