夢をかなえるキャッシュフロー表

キャッシュフロー表はあなたの人生を変えることが出来ます。あなたの人生をさらに豊かにします。

冬場にもアイスクリームを!メーカー各社は懸命だ。

 | FP

昨日は建国記念の日で、年初に映画「君の名は。」の“。”があるかどうかで、大きな違いがあると投稿者から叱られたが、この建国記念の日の“の”もあるかどうかは、大変な違いなのだそうだ。さて、それはともかく、昨日の、墨田区、スカイツリーの東京ソラマチは、観光客も加えて、とんでもない人波であった。驚くことは、この寒空の下、テラスで、アイスクリームを食べている人が一人や二人で無かったことだ。冬でも、アイスクリームを食べる。これはアイスクリームメーカーの悲願とも呼ぶべきことだ。メーカーにとって、季節変動のある商品を売ることは難しい。最も売れる季節に合わせて、設備投資をすれば、売れない季節では、設備も人手も、遊ばせておくことになる。かといって、最も売れに季節に合わせて、設備投資をすれば、みすみす、儲けを逃すことになる。だから、メーカーは知恵を絞って、売れない季節に、何とか、売れる商品を開発しようとする。最近の日本家屋は気密性も良くなって、エアコンも効きすぎるほどになっているので、アイスクリームを売るには良い環境だ。こうしたことから、メーカー各社は果肉の量を多くしたりして、濃厚さや口溶けの滑らかさといった特徴を打ち出すことで、冬場の顧客を獲得しようと懸命なのである。でも、私は、あの寒いテラスにまで出て、アイスクリームを食べたいとは思わない。食べている人を見るだけで、震えがでるほどなのだ。(2017.2.12)

Y-FP Office Japan

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« トランプ政権の金融規制の撤... | トップ | 日米首脳の共同声明を深読み... »

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (K)
2017-02-12 22:12:09
夏には「ガリガリくん」に代表される氷系が売れて、冬には乳脂肪の多いものが売れたりするみたいですな。ちなみに45年前に「アイスクリームの需要予測への統計的一考察」というのが、私が論文のテーマに選んで挫折したものです。

コメントを投稿

FP」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL