MilanoからLondon、東京に移り住みましたが、変わらず日常生活を書き記そうかと。。
ミラノ通信 - 我が為すことは、我のみぞ知る



元箱根の駐車場に車を停めて、お土産を買おうとしたのだが、その時目に留まったのが箱根名物「雲助だんご」。

和菓子の中でもあんこやみたらしってかなり好きでしてねw。公式WEBサイトによると、ブランド名にもなっている『雲助(くもすけ)』とは、江戸時代に、峠を越える旅人や荷物を運んだ駕篭屋のこと、のようです。駕籠屋の駕籠担ぎさんが旅の途中に食べたと言われている団子のことを指したようです。駕籠担ぎのことを雲助たちと言ったらしいですが、これは箱根の限定なのですかね?普通はそんな言い方しなような・・・?!

何にせよ、我々は美味しくお団子を頂いたのでありました。

おいらはみたらし団子を選択。お羊羹も付いてましたね。みたらし団子以外にもあんこやごま、モンブラン的な味のもありましたね。アンケートに答えると一本進呈、とあったので、武人が答えて一本もらってきていましたがそれがモンブラン味でした。ま、お団子と栗は合うよね。このお店ではみたらし団子とは言わず、しょう油味と言うそうです。

お茶は三種類くらあって、選べました。自分で給茶機から注いでね。うちの奥さん、ニコニコ。

 

昔はここで旅の疲れ?を癒やしたのでしょう。 炭水化物を取って栄養源とし、ホッと一息お茶を飲むと言う構図だったのでしょうかね。湖畔でゆったり休憩と言う構図は昔と変わらず。

ご馳走様でした。
美味しかったです。 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 『元箱根で蕎... 『Milan第8節... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。