MilanoからLondon、東京に移り住みましたが、変わらず日常生活を書き記そうかと。。
ミラノ通信 - 我が為すことは、我のみぞ知る



561と言うお揃いのT-shirtを着ているお店へは実は三回目。

以前にクライアントと共に行ってから、一人でも来ているのでね。基本、鶏が美味しい。目の前のカウンターでは炭火で焼いているようで。カウンターからは威勢の良い声が聞こえてくる。フロアのバイトと思しき人達もアルバイト教育が行き届いているのか、とてもテキパキと、そして目配りをしていてオーダーが取られない、なんてことが殆どないお店。食べていて心地良い。

一皿目。せせりの炙り。鶏皮的な?感じで。柚子胡椒とあわせて食べると美味しかった。



串盛り5点。手前のチーズが巻かれた葱間は美味しかったなぁ。あとはハツとか美味しかったです。玉ねぎのアクセントが一々美味しかったんだよねぇ。



手前から白レバ、卵の豚バラ巻き、ササミの梅肉和え。どれも美味しかったです。



そして締めはりゅうきゅう丼。向こう側に見えている白いものはお出汁が入っていて、このままでも美味しいところに、味変でお出汁と言う趣向。お出汁の味がまたよろしく。。とても美味しゅうございました。




このお店、お勧めです。大分駅からアーケードを相当歩いて、大通りに出る1つ前に直行するアーケードを左に曲がって2軒目くらい。実に美味しいお店でした。

ご馳走様でした。 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 『スーツ、シ... 『何年ぶりか... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。