MilanoからLondon、東京に移り住みましたが、変わらず日常生活を書き記そうかと。。
ミラノ通信 - 我が為すことは、我のみぞ知る



午前中、何となくYahooニュースを見ていたら、久保がJ3の試合でデビューか、と書いてあったので急遽行こうかと思っていた。

奥さんがお茶のお稽古に行くまではお家にいて、と思っていたらICUのサッカー部の先輩から「駒沢公園でFC東京の試合観ない?」と誘って頂いて。13時キックオフの試合だったので、奥さんがお家を出るのと同じタイミングで駒沢公園へ。うちからバイクで2分程。あっと言う間に到着。そしたら一枚チケットを購入していたのが余っていたようで譲って頂きました。ありがとうございます。

急遽、キリン生茶がマッチスポンサーになって、ハーフタイムで誰だか全く分からん(踊れない)タレントちっくな人たちが寸劇をして、キリンの生茶をアピールしていましたが、偉いね、そう言うの。少し踊っただけで疲れちゃった、だから喉が乾いたよなぁ、、、なんて言うと、ドロンパ(FC東京のゆるキャラ)がローラースケート走らせながら生茶を持ってくる、、、そこだけ笑いが起きていましたね。



で、後半から久保が出てきましたが、正直さっぱりでした。。。

本人が一番がっかりしているんじゃないかなぁ。あれで手応え感じるようなプレーヤーじゃないと思いますんで。。ボールタッチはとても柔らかくて、捌きもとても良かったけど、一本だけのスルーパスが秀逸だったのを除けば、ポジショニングも大して良くなく。縦横無尽に動いているようで、お互いのプレーヤーの距離を縮めすぎていたね。お互いの距離感だけではなく、ポジションチェンジをするのであれば、そのタイミングやプレゼンスを消さないような動き方をしないと、あのままではJ3ですらダメ、と言われてしまう。

でもね、J3だったからダメだったと思う。

今日のFC東京の選手はそれはもうほぼ全員レベルが酷くて、、、あれでトップチームへ上がろうなんて全く言えない程酷かった。その中で久保のスキルだけが活かせるなんて言うことはやっぱりない訳ですなぁ。ひょっとして、FC東京のチームメートが潰したのかも知れないと思った程でしたわ。どう言う位置付けで試合しているんですかねぇ。ま、廻りからしてみれば別に久保だけに注目が集まって、「はぁ?」って思って居たのだとしたら、まぁ、プロ根性はあるかも知れないけど、試合巧者とは言えないよなぁ。一人でサッカーしている訳ではないんだからねぇ。

それ以外で言えば、FC東京のGKは本当に酷かった。止まったボールを蹴れないとか、もう失笑が起きていたくらいでしたから。。最初はスライスしていたボールが、修正を掛けようとしたら今度はフックボール・・・。ストレートボールを蹴りなさいな。。。



試合は2対1でAC長野パルセイロが勝ちました。

長野のフィジカルが落ちなければ3対0で長野が勝っていた試合でしたね。全部セットプレーで得点すると言う正直凡戦。長野の2点目なんぞはサイドからのロングスローに誰も付いていなくてサクッと得点しちゃいましたしね。。。13番が裏抜けし、8番がよくボールを捌いていたけど、途中で2人とも交代してしまったので、若干スローダウンな感じでしたね。でも、これは監督の三浦文丈が決めることですからね。



試合終了後、FC東京のサポーターの方に文丈が挨拶に行っていたのは良いシーンでしたねぇ。

 

メディアは試合前もFC東京ではなく、久保だけを追い掛け、試合終了後も勝った長野の方には誰も行かず、サポーターへの挨拶のFC東京ではなく久保だけを追いかけると言うね。。。もう少し考えて取材した方が良いよ。写真と言う大して実力差の出ない話ではなく、言葉で今日の久保の試合のデビュー戦を書いて欲しいですなぁ。

さて、この後のメディアでの文字情報を追い掛けるとしましょうか。

チケットを譲ってくれたO田さんありがとうございました。 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 『世田谷通り... 『今月のAGORA... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。