MilanoからLondon、東京に移り住みましたが、変わらず日常生活を書き記そうかと。。
ミラノ通信 - 我が為すことは、我のみぞ知る



3年連続でCossotte'sでの誕生日ディナーを食べ、その後去年はMilanoに居たのでスキップしたけど、基本的においらの誕生日はCossotte'sでディナーが恒例となっております。

いやもう、色々と店主のKさんが駆使してくれて、兎に角美味しい物のオンパレード。ひとまずタン塩。これは捨てられませんなぁ。かならずオーダーしていますね。



これはカルビの塩。タレはまた別途でした。聞けば、オーダーしたChardonnayのSparklingをオーダーしたのにあわせて切り方を変えてくれたんだそうな。そう言うね、気遣いと言うのが本当に嬉しいところです。物凄く美味しかったんだよねぇ。やっぱCossotte'sは絶品ですなぁ。



これ、ハラミとサガリです。わがまま言って、両方を一切れずつ切ってもらいました。こう言うオーダーにも応えてくれて、ホント嬉しいっす。



サガリっす。六面を全て焼きます。そうでなければならないのです。



焼きあがったサガリ。これは山葵と共に。



そして肉鮨し。茗荷が絶妙な味を醸し出していましたなぁ。



これは、ミスジの横の辺りの肩らしいです。激ウマっ!でした。



赤身系。マジで美味しかったです。



そして最後のミスジ。これは大本のミスジの塊を見ましたが、まぁ、なんと綺麗なサシが入っていたことか・・・。ビックリするくらい美味しかったですが、これは何気にそのまま食べるのではなく・・・。因みに、これも店長のKさんが手ずから焼いてくれたものでした。



先程の肉寿しとは異なり、バルサミコ、卵黄など諸々絡み合った美味しさでした。Cossotte's史上最高に美味しい締めでしたね。



誕生日はやっぱりCossotte'sに限ります。ま、誕生日じゃなくても行きますけどねw。

ご馳走様でした!
また行きます。
来月はHawaiiから帰ってきた翌日に参ります。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 『43歳の誕生... 『Grill Pross... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。