MilanoからLondon、東京に移り住みましたが、変わらず日常生活を書き記そうかと。。
ミラノ通信 - 我が為すことは、我のみぞ知る



奥さんは恵比寿のお蕎麦屋さんで梅酒を飲んで顔が赤いままだったけど、おいらはバイクの運転があるので烏龍茶のみでした。

で、元々代官山なり池尻なりに移動して仕事をしようと思っていたのであるが、席があるか分からないまま、ダメ元で蔦屋書店に。そしたら奇跡的に席が空いていて。正確に言えば、一つ飛ばしで空いていた席を親切な方が1つ横に移動してくれて奥さんとおいらが隣同士に。良かったね。

なんだかエンジンが掛かるタイミングが遅いんだが、やっている仕事がとても楽しくて、時間があっと言う間に過ぎてしまう…。

そう言えば先週、渋谷のホルモン哲で某プロ野球関係者に、「なんかメチャ楽しそうに仕事していますねぇ」って言われたけど、顔に出ているらしい。別に以前のクライアントのDeliveryが楽しくなかった訳ではないんだが、やっぱり理解ある人との仕事は必然的に楽しくなると言うものである。別にそこに困難なことがあっても全然構わないんだが、それでも同じ方向性を向いているか、それがとても重要である。


方法論についてはその差分を埋めれば良い話しであるから。


徹夜はしないけどw、ある程度出来上がるまで今夜は時間を掛けたいね。そもそもそんなに時間を掛けて作るような資料ではない。何故なら自分の頭の中にはクライアントにとっての理想形が浮かんでいるから。でもね、現在抱えている問題やそれらを考慮して進むべき道筋と言うか、途中経路を考えていかないと辿り着けるものも辿り着けなくなる。だからそれをこれでもか!と言う程真剣に考える。何なら、クライアントの社長になったつもりで考えている。

そこに新たなビジネスの種はないか、、、

常に考えていますんで。それこそがコンサルタントの考えるべきこと、すべきこと。本来は全ての事業会社がそう言った考え方をできる人材を保有していれば良いんだけど、現実そんなことは有り得ないからね。だからこそ、コンサルタントがValueを出して、クライアントのために真摯に、必死に、考える訳です。





コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 『恵比寿で蕎... 『夜桜を目黒... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。