MilanoからLondon、東京に移り住みましたが、変わらず日常生活を書き記そうかと。。
ミラノ通信 - 我が為すことは、我のみぞ知る



大分が原産と言われているカボスですが、四国に行くとすだちと言うらしい。

正直、そのルーツがどちらであってもおいらには関係ないw。その論争は歴史学者に任せますんでね。。

美味しい要素、となっているカボスが、大分のどこにいても出てくるので、空港でお土産として購入してみた。よくみかんが道の駅などで売られているようなネットに、6-7個でしょうかね、入ってます。かなり丸々としていますなぁ。。。正直、お店で出てくるカボスはこんなに大きかったかしら?と思う程ですが、直径で言えば大体3-4cmくらいでしょうかね。大分市内で焼き魚とか食べた時には直径で1,2cmくらいでしたから、結構大きなカボスを購入したのではないでしょうか。。。 

聞けば、お味噌汁に絞って入れたり、大根おろしにかけたり、色々とかなり利用頻度は高いようです。

既に我が家で消費仕切れないことを見込んで、先日箱根に一緒に行った友達夫婦にはこの中から2-3個あげようと思っています。冷蔵庫の中で腐ってしまうようなことは避けたいですからね。多くの友達にあげたいところですが、1,2個なら差し上げます。お家に帰ったら何に掛けようかなぁ。。。

楽しみです。 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 『さよなら大... 『東京へ戻り... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。