MilanoからLondon、東京に移り住みましたが、変わらず日常生活を書き記そうかと。。
ミラノ通信 - 我が為すことは、我のみぞ知る



来月11月15日にサウジアラビア戦が行われ、これで10試合のうち5試合と言う折り返しになりますね。

協会、監督は、2位以上でなければ自動的に出場出来ないと言うことを大前提として、勝ち点の積み上げの予定はどう言う戦略を練っていたのでしょうか。夢や希望を語るのは簡単ですが、現実主義的に動いていなければ、それは何も考えていないのと同じことです。結果論、色々と変わる部分はあるでしょうけれども、UAEとのホーム、タイとのアウェイ、イラクとのホーム、オーストラリアとのアウェイと実際4試合戦って勝ち点が7と言う現実…。これをもし、この時点で勝ち点12で首位であることを想定していました、とすればちょっと楽観的過ぎる訳で・・・。UAEとの初戦で勝ち点を1つも取れなかったのは最大のミスだとして、この時点でせいぜい10点の勝ち点と言うのが目論見だったのではないかな、と。10試合する訳ですから、勝ち点は最大でも30。理論上有り得る勝ち点として、例えば8勝1敗1引き分けの勝ち点25とかなら多分余裕で1位通過でしょう。つまり、この後の全ての試合で勝てばこうなる訳です。ま、オーストラリアが9勝1分けとかも有り得ますが。

戦力的に観て、また、ハリルホジッチの采配の能力・レベル感を見て、4試合終わった時点でその25点と言う勝ち点に届くのか否かと言えば微妙なところではある訳です。。。

まだサウジアラビアとやっていないのでなんとも言えないですが、これで11月15日に負けでもしたら、監督は即解任の上、色々なことに備えなければならないのは必定ですな。協会の内部では、当然終わった試合の勝ち点の積み上げの結果だけではなく、これで継続して勝ち点を積み上げられるのか、と言う一試合終るごとに計算を組み立て直していることかと思います。

少なくとも10月12日現在では勝ち点は7点に終わっていて、3位と言う現実がある…

現在の順位は下記のとおり。

1位 サウジアラビア 勝点10/+5
2位 オーストラリア 勝点8/+3
3位 日本 勝点7/+2
4位 UAE 勝点6/-1
5位 イラク 勝点3/+0
6位 タイ 勝点0/-9

次のサウジアラビアに仮に勝ったとしても、3対0以上でなければ、サウジアラビアは超えられない訳ですね。当該国同士の戦いで勝っていても、得点を3点以上離しての勝ちでなければ得失点差でサウジアラビアが上回ることになるので。

タイはオーストラリア、UAEはイラクとそれぞれ戦いますが、普通に見て、オーストラリアはタイに勝つでしょう。UAEとイラクは潰し合いで引き分けてくれたりすると上位3ヶ国と下位は1試合分の勝ち点差の3になるので、引き離されることになりますが果たしてどうなることやら。。。しかしながら、他力的な見方で、そんな目論でいるのは甘いとも言え、仮に日本がサウジアラビアに負け、UAEがイラクに勝つと4位に転落する訳です。こうなったらハリルホジッチは完全にアウトでしょうね。サウジアラビアと引き分けでも実際にUAEが引き分け以上で勝ち点は並ぶか越される。。。初戦でUAEに負けた時点で日本は危なかった訳ですが、何気に今現在の勝ち点で言っても薄氷を踏むどころか、氷に穴が空いているのではないかと思われる。




ところで、、、昨日の監督会見で言っていたことに何気に相当ビックリしたのですが、誰しもそう思ったのではないか?

代表に選んだ、それも自分で選んだ選手が、アウェイのオーストラリアの地ではプレッシャーに潰されると思った、と?!

何言ってるんですかね、この監督は…。何を基準に選考し、何を基準にピッチへ出しているのでしょう。仮にカズさんなら大舞台に慣れているからプレッシャーには負けない、そう言うようなことを言っているのでしょうか。そもそも何を持ってそんなことを測るのか?別の言い方をすると、あの状況でプレッシャーを微塵も感じないままに出ている選手はいるんでしょうか?寧ろ、Dortmundでも殆ど出ておらず、前回の試合でも出ていない香川はプレッシャーに打ち勝つ選手と思っていたのか?(実際香川のパフォーマンスは酷かった訳で…) Milanでもベンチ要員に成り下がっている本田は、せめて代表では良いプレーをしなければ居場所がなくなると思わないで試合に出ていたとでも言うのか?(アシストはしたものの、大黒柱にはもうなれていない…) UAEに初戦で負けた時に先発して過去の代表の試合でもかなりの酷さだった大島悠はこの第4戦目で再び先発になると言うことでかなりのプレッシャーを感じていたと思うのだが、そう言うところは目を瞑るのか?(残念ながら現在のレベルは代表にいる選手ではない…


歴代の日本代表監督の中でも最も言葉にあやふやで、言い訳のオンパレードの監督であることは間違いない。


冗談のようなコメントを真面目にしているのは、通訳の誤訳では決して無いと思いたいが、あまりふざけたコメントを記者会見でしていると、サポーターだけではなく選手からもそっぽ向かれる可能性、大だと思いますけどね。。。メディアを通して「俺はプレッシャーに負ける選手だと思われていたんだな、、、」と浅野とかが思う、とは思わなかったのか・・・?

日本人のこと分かってないとか言うレベルではなく、コミュニケーションのことを勉強し直した方が良いと思うわなぁ。。。


日本代表は我々のものだからサポートするけど、 監督に関しては采配、言動でそれぞれ意味の分からないことをし続けるのであればサポートはしない。結構な大金で雇われているこの監督に、我々の代表を預けて良いのかと疑問を感じたら、このご時世、世論は以前よりもスピード感を増して非難、攻撃をしますからね。。。年俸2億円以上もらっているらしく、しかも契約上、バケーションも随分長いみたいだし、今の代表選手の中でその年俸を超えているのは本田くらいと言う現実からすれば(別に本田はMilanからしか給料もらっていないけど)かなりの大金をコーチングスタッフに注ぎ込んでいる訳です。博打のような采配や意味不明な言動でも結果が出ていれば良いですが、全く安泰ではないことを肝に銘じて監督をやって欲しいよ。。。もし今回、ここで更迭をせずに日本代表がロシアに行けなかったとしたら、ブラジルワールドカップの時からではなく、2006年のドイツのワールドカップ時から協会が何も変わってないように思える。最悪だったジーコから、オシムさんになったのをリークして、総括を何もしなかった(していないように見えたと言う意味で)時から変わらないように思えてしまう。サポーターとしては、何が悪くてドイツで惨敗し、何が変わって南アでは改善し、再び何故ブラジルではダメだったのか、殆ど明らかにされていないのでね。。。ハリルをサポート出来なくなってきている現在、11月15日を前にして、すべきことは

更迭

ではないだろうか…。なんか情けない話だなぁ。。。 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 『事務作業諸... 『珍しく2日連... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。