だんごに恋したっ!~紀州釣りを貪る女のつぶやき~
あづい・・・脳みそトロけそぅ・・・
ブログランキングMy Yahoo!に追加
 





あ゛あ゛ーっ
GWのあんなこんなや、他書きたいこと
山盛りなのに時間が足りない・・・

そんな中イってきた。
いつもの場所。

そもそもイカないつもりだったのに
夜中スヤスヤと眠っていると突然両足首を
持ち上げられ、そして叩き落とされると
いう悲劇に見舞われた。

いきなりの襲撃に寝ぼけ眼で飛び起きる。
どうもワタシの寝相が悪く、ベッドを斜めに
横断していたので邪魔だった様子。
それにしてもそんな手荒なまねせんでもo(`ω´*)o

時計を見るとAM3時。
・・・こりゃ 釣りイケるやんっ♪

そそくさと家事と釣りの用意を済ませ
釣り場へ向かう。

到着すると会のメンバーの顔が。
なんだか嬉しくなるも、車を停めたい位置が
微妙に難易度Aなのが気になる。

駐車場で車を停めるとき切り替えしが
3回以上になると自動的に頭がボーっと
してきて自分でも何を考えてるのか不明瞭
になりすべてにおいて捨て鉢になるひとも
多いのではなかろうか?

もちろんワタシもそのひとりだ。

そんなワタシも釣りが絡むとすんなり停めれ
ことなきを得た。

釣り座も仲間となかよしさせてもらい(アリガトー)
打ち始めるも釣れず。
周りもお一人様1枚限りのペース。

「モーニングをものにして20枚釣りしたかった
のにぃ」と思っていたらば
「午前中で20枚目指してたのにぃ」
と嘆く上手がいたのには熱いシンパシーを
感じることができた。

7:30にアラームが鳴り、ワタシはひとまず撤収。
釣り場を後にする。

自宅に戻るとなんだかリンパ節が痛いのに
気づく。
熱を測ると37.8℃ι(´Д`υ)

この後もう一度釣りに行くつもりだがこれは
無理かも知れない。。。
せっかく一緒に釣りしてるのに残念だが
断って帰ろう。
釣りなんかより体の方が大事だ。

ダルさの中、釣り場に戻る。

サヨナラの言葉を告げるまえにちょっとだけ
ダンゴ投げよ。。。

そう思って投げたその1投目で

ちぬちゃんげーーっちゅ♪

Ψ(`◇´)Ψウヒョヒョヒョ


・・・この瞬間、熱も痛みも本気で吹っ飛んだ。
アホレナリンの効果はゼツダイである。

その後2枚釣って2時納竿。

竿を収めた途端に悪寒と関節痛がよみがえってきた。

今日の収穫はサナギ粉の種類がちがうと
匂いもちがう。
ヘンなヌカになってしまったので手直しが
面倒だった。

でも段々釣りのことが分かってきたように
思う。
狙ったとおりに釣れると楽しい。

現在の課題は『ウキの浮力』。
浮力の意味自体わからんので図書館で小学生の
理科の本借りてきた。
読むとすぐ眠たくなる、最高の子守唄と
なっているorz

★。、::。.::・'゜☆。.::・'゜★。、::。.::・'゜

○寺っち・み○ほちゃん、ありがとうね。
たのしかった。
また和歌山来るとき誘ってね~!
ほんで魚のサバき方教えてね~!

★。、::。.::・'゜☆。.::・'゜★。、::。.::・'゜





ブログランキング
★ブログランキング参加中だす★

釣具屋で怪しいものを見るとウズウズしてしまいます。
とくに店の隅っこで埃かぶってる様なグッズには目がないです。

コメント ( 5 ) | Trackback ( 0 )






平日。
9時出勤。
ピアランド。

この日は釣れる釣れないの問題より
Mっとん作の田辺箱デビューに全力を
傾けていたワタシ。

ウカれ過ぎて足場がグレーチングであることを
すっかり忘れていたのでダンボール箱を
事務所でもらって釣り座へ急ぐ。

ダンボールをおもむろに広げ、そして
いよいよ田辺箱を載せる。

見事にフィット。

座って見る。

めっさいい(≧∇≦)b

ふと気づく。

「田辺箱でおトイレ作れるんじゃないか」
と。。。

そんな事を考えながら座っていると
ダンボールに穴が開いてドリフのコント並に
ワタシの体が崩れ落ちた。

基本釣りの最中にじっと座ってる事が
ないので、まあいいかと気を取り直し
立ちんぼ釣りに移行しようとしたその時。

隣のグッドルッキングガイがコンパネを持ってきて
くれると言うではないかっっ!!

なんて優しい・・・
なんて素敵・・・

その感動の渦の中においては
「なぜコンパネを持っているのか?」
などと言う愚問はボケの目ほどのものである。

そして見事釣り場でコンパネをGETしたワタシは
かっちょいい田辺箱に座って紀州釣りを
堪能した。

もちろん隣のお兄ちゃんはバコバコ釣っていた。

うかれポンチなワタシの釣果は4枚であったが
この日は嬉しかった。

だって『待ちの釣り』がセオリーであるこの時期に
おいて、全部ヌカ割れてすぐ2回のぴこアタリの後の
ピンコ立ちor割れ後すぐのぴこアタリ3回で
チヌちゃんをげっちゅすることができたから。

それから初めて自分でタモ入れできたから。

タモに入れたのはいいがタモを縮めることができず
おぃやんにやってもらったけどヽ(°▽、°)ノエヘヘ


そしてそして、使わせてもらったコンパネを
プレゼントしてもらえたから(*´σー`) ♪


めっちゃ向かい風強かったけどがんばって
よかった。



ありがとう Mっとん(´▽`)

ありがとう コンパネにいさん(´▽`)



ブログランキング
★ブログランキング参加中だす★




わぉ!




うぃ あ ごーいんぐ とぅ ざ たわー おぶ ろんどん!!!!!













ブログランキング
★ブログランキング参加中だす★

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )






GW明けの5月6日。

我が塩都会が誇る天才・男前・野生派
Mっとんが塩津の外向きにて怒涛の75枚
を達成した。

桁外れの変態である。

後日逢ったときに「すごいなぁー!!」
と言ったらば

「いやぁ そんな事ないよぉ

もうちょっとやってたら

100枚は釣れたよぉ」


と、決して自慢気ではなくサラっとおっしゃってた。

事実彼は以前からなにげに100枚釣りを
行っている。

とにかく上手く、だが慎み深く情に厚い
真の天才釣り師なのである。

永易さんだったかが何かで書いておられたが
だんごに人格を包んで投げる(やったかな?)
という言葉がワタシは好きだ。

そしてこのMっとんはその言葉とおりの人で
ワタシの憧れの的であり、塩都会NO.1の腕前で
あることは相違ないであろう。

ヌカの匂いで出来映えを量るというワイルドな方法は
この人から学んだ。

ちょっと天然サンでもあるMっとんは、
昔はヌカの良し悪しを見極める為食べていたらしい。

・・・おちゃめさんである。


とにかくすごいこの天才は、きっとこれからも
数々の伝説を生み出し続けてくれるだろう。



ブログランキング
★ブログランキング参加中だす★

    Mっとんサイコー(´∇`)





コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )






昨年冬からお借りしていた
Daiwaトーナメント エアリティーさま。

なんとこのエアリティーさまを銀狼ちゃん諸共
水没させてしまった事件の翌々日に
提供元のニャンコ先生と釣り場でばったり
お会いした。

あまりの申し訳なさにウジウジと電話すら
できずにいたのだが、この偶然の機会に
衝撃の事実を打ち明けてみた。


すると怒られるどころか、エアリティーさまを
返却後に別のリールをあげるヨとのお言葉。。。

まるでひらパーにいさんの様な清清しさである。

・・・そして現在、図々しくいただいた
Daiwa トーナメントZ 2500SCさまを
激しく愛用させてもらってる。

噂によるとこのリールで超大物をし止めた記録が
あるとか・・・


いよいよワタシがロクマルを仕留める時が来たようだ。



ブログランキング
★ブログランキング参加中だす★

     ありがとう ニャンコせんせい (^-^*)♪

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )






近頃mailにて紀州釣りについて
おしっこチビりそうな位に本格的な
ご質問をいただく。

「Σ(゜Д゜;≡;゜д℃(゜д゜)エ?
送り先間違えてませんかっ!?!?」

と思わず聞いてしまいそうなほど
こんなワタシ宛に真摯なご質問をいただき
ありがたい限りだ。

その都度いっしょうけんめいに答え
させて頂くのではあるが、いかんせん
釣りと言うものは言葉、とくに文章で
書き表すのがむずかしく、また
ワタシなぞは専門的な知識も致命的に
持ち合わせていない上にカタカナ苦手・
横文字ナニそれ?、釣りのモットーは
《本能に従え》ってな具合なもんで
ほんとうに申し訳ない。

結局とにかく楽しくヾ(@^▽^@)ノ♪としか
言えない自分がもどかしくもあるが、
せっかくヤル気になっている初心者のみなさま、
個人的には一つの型にハマる必要はないと思うが
もっともっとエロい人にも聞いてみてくだされ。

釣れても釣れんでも楽しいのが
紀州釣りである。



ブログランキング
★ブログランキング参加中だす★

  とは言え、質問されるとワタシも勉強になるだす







コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )






またまた一気に書きまくる、
B型全開のだんご妻です。こんばんわ。

ブログ放置で「釣り行ってないの~ん??」
とご心配頂くのだがぢつは地味ぃにイッっている
のである。

自分の釣行以外にも書きたいことが
たくさんあって追っつかないのである。

最近のBIGニュースとしては

★めっちゃいいリールもろたっ(*´σー`)

★ワタシの心の師、男前天才野性派Mっとん
 塩津で怒涛の75枚変態釣り━━>゜;)))ミ━━!!

★タコ2連荘C:。ミ

★涙の田辺箱デビュー・・・
 そしてグッドルッキングガイからのコンパネの贈り物(TдT)

★紀州釣りshop開業までの童貞 オセェヨ( ゜д゜)、ペッ

★ムスメ、コマ無し自転車デビューε=ε=ε=ε=ε=(。・ω・)_




などなど。

気の向くままに書き殴ってイキたいと思う。



ブログランキング
★ブログランキング参加中だす★











コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )






  ガチョ━(’・д・`|||●)━━ン


    携帯でんわド水没しました。
    データ全部なくなりました。
    しかも最近アドレス変更して
    その旨ぼちぼち連絡してる最中でした。
    携帯アドレスわかる方はお悔やみの言葉と
    ともに携帯番号とアドレス送信ください。
    新しいアドレスのご連絡がまだだった方は
    プライベートPCアドまでご連絡ください。
    折り返しご連絡させていただきまふ。
    まいどまいどご迷惑おかけします。
    ご協力おながいちまふ。


    ガチョ━(’・д・`|||●)━━ン



ブログランキング
★ブログランキング参加中だす★

 海で水没3回目のワタシに慰めのぼちっとなをっ!!
 
 xxdangozumaxx*mail.goo.ne.jp
 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )






ちょっと失礼。

本日頂いた方。
なぜだかお返事が返せません

ワタシがアホなんでしょうか?
それともうちのがアホなんでしょうか?

明日以降に再チャレンジしてみますのでお待ちあそばせ

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


始動  





【日曜日】
昼前から紀州釣り開始。

あまりの嬉しさにだんごを握る手が震える。
武者震いか…?

開始から1時間。
海に竿を落とし戦意喪失。
もちろん釣果なし。

【火曜日】
昼前から紀州釣り開始。

一度のアタリで色めき立つも手前まで寄せたところでバラしてしまう。

もちろん釣果なし。

寝る前にふと気づく。

バラしたのは年無しだったと…



ブログランキング
★ブログランキング参加中だじょ★

 ※めげずに頑張るもん!(´▽`)

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )






釣りにはイケないがPC直ったのでシャキってupしている。


釣れんでいいからヌカ投げたい・・・

いややっぱり1枚でも釣りたい・・・

このクソ寒い中紀州釣りするんやったら
あわよくば年無しアゲたい・・・

いやいやそれなら1発ロクマルあげたいわ・・・


揺れ動く純な乙女ゴコロ.....



さて本日もワタシのまったく参考にならないであろう
紀州釣り談義に無理からお付き合いいただくとしよう。


やや唐突感はあるが

紀州釣りと言えば 棚

棚と言えば ボタモチ


っちゅーくらい紀州釣りにおいて重要な要素である棚。


いろんな釣り場を渡り歩くのが好きなワタシが
そこここの釣り場で必ず耳にするのが
「昔は紀州釣りと言えば底切って釣れたのにな」
というお話。


這わせるのが嫌いで特に居喰いは釣れたうちに入らないと
思ってしまう超偏り女にとっては古きよき時代のお話は
よだれモンである。


ヌカの配合と同じで釣り場の特徴によって棚も使い分けなければ
ならないのが大前提ではあるが、やはり趣味として釣りを行う以上
人それぞれ棚にも好みがあるだろう。


昨今這わせなければ釣れない釣り場が往々にして多いみたいだが
できればトントンの棚で寝ウキの躍動感を味わいつつ釣り上げて
がっはっはと高笑いするのがワタシの理想だ。


トントンとはダンゴを投げて着水後仕掛けがダンゴに引っ張られ
海底に沈みこんでいく折にウキも水面下にいったん沈み
ダンゴが割れると同時に海面へウキが浮上してくる棚だ。


棚も取りやすく勝負も早い。


なぜ這わせなければ釣れないか。


それはダンゴが崩壊した後に刺し餌を不自然に動かさずに
チヌちゃんに違和感なくパクっといっちゃってもらうためだ。


ではトントンの場合は?


{・・・ちょっとっ!!なんか釣りブログっぽいぉ!!!}


ダンゴ崩壊と同時に刺し餌がピョンと飛び出し潮の流れも
相まって海底から浮き上がるイメージだろうか。


チヌは餌を捕食する際に一度吸い込んで吐き出す。


そして安全確認を行ったあと違和感がなければ再度餌に接近し
本格的に喰いモードに入る。


このときの違和感をなくす又は最小限に抑えるのが這わせ釣りだ。


ちびチヌちゃんの場合はこの限りではなく餌取り同様に
餌を見つけたら速攻で喰いモードに入るケースが多い。


きっとお母さんチヌに「だからいっつももっとよく噛んで食べなさい
って言ってるやろがっ!!」と怒られるパターンだろうが。


であるからして這わせているとチョンチョンとチヌちゃんが
餌を突付き、そこからおもむろにガバチョンと飲み込むので
棚が合っていればウキに表現されるアタリもデカく確実に釣る
ことができる。


ただ最初のチョンチョンアタリはウキに表現されない場合が
多いのではないだろうか?


っちゅーか表現しないように棚設定されていると言うべきか。


・・・こうやって書いてみるとやっぱり這わせた方がエエんちゃう!?
と思えてきた迷える子羊チャンなワタシであるが、いやいやトントンの
醍醐味もあるではないか!!と気を取り直して突き進んでイキたいと
思う。


ワタシの愛するトントンもしくはチョイ這わせの醍醐味は
やたらめったらウキが動く!・・・これである。


先に記したようにダンゴ崩壊後に海面へ浮上したウキは
魚の存在をウキを通して如実に表してくれる。


ゆえに外道のアタリも捉えられるのではあるが、それはそれ。


慣れてくると概ね見分けが付くようになる。


ボラアタリとチヌアタリの見分けが付くように。


話は逸れまくるが紀州釣りでボラを掛けることを悪のように
思う人もいるみたいだが、個人的にボラも掛けなければ
チヌちゃんも釣れないように思うし、ボラがいなければ
チヌちゃんも釣れない場合が多いので、やり取りで周りに迷惑だけ
かけなければ堂々とボラでもチヌでもマグロでも釣ってほしいもんだ。


た だ し・・・


自称ベテランやのにあきらかなボラアタリにもかかわらず

勝ち誇ったようなドヤ顔で周囲を見回し大アワセを入れた

あげくやはり周囲の予想通りにボラを上げるのは他人事ながら目頭が熱くなる。



もとい


チヌちゃんがmy刺し餌に大接近中のウキはほんとうに面白い。


まず水面に浮上した寝ウキはいったん水面にその姿を優雅に
横たえる。


それから海底付近を徘徊する刺し餌の動きに合わせて
ちいさくピコピコとラインダンスを描く。


その様 キムジョンイル率いる、つま先に縫い目ののこる
旧式のストッキングを履いた喜び組の華麗なダンスの如し。


チヌちゃんが近づき吸ったり吐いたり突付いたりし始めると
寝ウキのお尻がゆったりと押さえ込まれる。


リーチである。


そしていよいよ本気汁満載のチヌちゃんが獲物をし止める時が
訪れると、クライマックスは寝ウキのイナバウワーだ。


ウキのお尻を軸にゆるりと起き上がり海の中へと消えていく...


その様はまるで・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



比喩が思いつかないのでやめる。


が それはそれは美しく最強にアホレナリンが放出される瞬間だ。


また他にもトントン~チョイ這わせの場合にはピコアタリも存在し
割れ直後から始まるピコピコした動きの中に一瞬表現される
アタリ(寝ウキの尻の部分がそれまでよりほんのわずか水面に
落ち込み、ごく一瞬の間だけピコピコが止まる)などもあり
時期・釣り場・状況によってかなりのバリエーションがある。


ウキに対してのかなりの集中力が必要ではあるが
ワタシなんかはそれが楽しくて紀州釣りがヤメられない口だ。


いずれにしても魚任せ・海任せでチヌちゃんをし止めるか
人間の力で自ら釣れる状況を設定して魚を海から引きずり出して
やるか。。。 


釣り師の数だけスタイルがある。


いろんなことにチャレンジし、どんな棚でも自由自在に釣れるのが
そしてどんな時でも自分も周囲も楽しんで釣りをすることができるのが
最大の理想なのだが。


美しい紀州釣りを美しい釣法にて行い釣果を上げたいと願う
あいもかわらずゴリ巻きな団妻の独り語りでした。





ブログランキング
★ブログランキング参加中どえす★

 ※本日の記事、全ての文尾に「?(ハテナマーク)」つけて読んでよねっ(´▽`)






コメント ( 8 ) | Trackback ( 0 )



« 前ページ