Winding Road

スポーツやら音楽やらいろいろと。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『ALWAYS 三丁目の夕日』を見てきた

2005-11-16 | 日々のこと
心暖まる作品でした。
舞台は東京タワー完成間近の東京。時は昭和33年。私が生まれる遥か前の時代です(笑) でも見てると、この街の暮らしいいなって思うんです。
鈴木オートにテレビが来た日、近所の住人たちが集まって力道山の試合に熱中する。そんな元気で一体となった光景が今の日本にはあるだろうか。

人間的にはどうしようもない売れない作家の茶川と、そこにひょんなことから転がり込んだ淳之介。この二人の関係が強まっていく過程が良い。
自動車修理の鈴木オートに集団就職でやってきた田舎丸出しりんごほっぺの六ちゃん。堀北真希はいいですねー。この子が電車男の今風女子高生役と同一人物とは思えません。
どこか少しだけ大人びた鈴木家の息子一平。
新しい物好きのタバコ屋の婆さん。
辛い過去を背負った宅間医師。などなど
個性豊かで人情味あふれる人達が、活気に満ち溢れ生き生きと暮らしています。
みんないつも笑顔で幸せそうに生活しています。

ストーリーは当時の生活をリアルに再現したもので、特別なものはありませんが、CGによって、違和感なく昭和が再現されていて、「当時」に入り込むことが出来ました。また、笑える場面が多く、リラックスして楽しめます。そんな中にも心動かされるシーンがあって、作品にメリハリがついていました。

いい映画です。見終わった後、もっと頑張ろうという気になりました。
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (34)   トラックバック (77)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 信じられないってーの。エディ・... | トップ | ピッチより熱かった放送席 »
最近の画像もっと見る

34 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
初めまして。 (夢子)
2005-11-16 16:36:00
昨日見てきました。とっても暖かくなる映画でした。まだ、少し後遺症です。TBつけさせていただきました。よかったら遊びに来てくださいね。
コメントありがとうございました (管理人)
2005-11-16 22:04:08
いい映画ですよね。心が満たされる作品だと思います
TBありがとうございます (ハヌル)
2005-11-17 00:16:30
こんにちは^−^初めまして!!

TBありがとうございます。

僕も今日見て来ました!!

心が暖かくなるほのぼのとしたステキな映画でしたね^▽^僕もこの時代を経験してないんですけど、映画見てて、経験してみたいな☆なんて思いましたよ(笑)
はじめまして (happy-clover)
2005-11-17 10:36:21
こんにちは。TB、ありがとうございました。



本当に、とってもいい映画でしたね。

当時のなんでもない日常を描いているのに、

一つひとつのエピソードがどれも良くって・・・

昔は当たり前だった光景〜〜〜子供は外で走り回ったり、頑固親父がいたり、隣近所はみんな家族みたいで

誰もが自分のことのようによその子のことも叱ったり、心配したり。

私も、母が子供時代くらいですが、懐かしい気持ちになりました☆





コメントありがとうございます (コリー@管理人)
2005-11-17 11:46:23
ハヌル様、happy-clover様。コメントどうもです。

私も当時は知らない世代ですけど、そんな人達でもよく理解できる内容や、リアルなCGは素晴しいですね。

現代のデジタル社会の中で埋没してしまった日本らしさが、この映画には詰まっていると思います。
TBありがとうございます (うるめいちご)
2005-11-22 16:52:58
私個人は茶川は向かいの頑固親父の堤さんを「鈴木オート!」と呼び捨て(名前じゃなくて店名)するのがとっても楽しかったです。



夕日のように暖かい映画でしたね。
コメントありがとうございます (コリー@管理人)
2005-11-22 18:17:07
確かにそうですね。綺麗で暖かい夕日のような作品でした。ホッとさせてくれます。

TBありがとうございました (Yastd)
2005-11-22 22:22:53
はじめまして。TBありがとうございました。



公開日に見に行ったんですけど、あまり人気がないような感じではずれかと思いきや、思った以上に良い映画でした。むしろ近年では最高かもしれないとすら考えています。

何度でも見たい、誰にでも勧めたい映画ですね。
はじめまして (コリー@管理人)
2005-11-22 22:55:42
Yastd様。コメントありがとうございました。

ベタな展開なんですけど、そこに日本人らしさが溢れていて、いい映画だなと感じます。万人受けする内容ですから、確かに誰にでも勧めたくなる作品ですね。
TBありがとうございました。 (rose)
2005-11-23 11:24:55
私が生まれた33年のお話、当時の様子はああだったのだとかなり懐かしく思えました。

高度経済成長期の真っ只中、国民がみんなでがんばろうじゃない!という強い活力が伝わってきましたね。

物がありふれた時代に若い世代の方たちにもこんな時代を経て今があるということを考えていただければいいのでは思います。

大切なこと。。。何か訴えてくるものがありましたね^^;

私の父親は町の発明家のような人で田舎だったのに秋葉原(あの当時から電気街)に行って部品を組み立てて自作のテレビがありました。

偉大なる父を感じました。



私も知人に薦めています。久しぶりにいい映画に出会った感じです。
コメントありがとうございました (コリー@管理人)
2005-11-23 22:07:42
rose様。はじめまして。

確かに、この映画からは訴求するものがあり、現代人が学ぶ事もあると思います。私は当時を知らない世代ですが、本当に素晴しい作品で、考えさせられる内容でしたよ。
TBありがとうございます (ふちこ)
2005-11-25 02:43:12
 はじめまして。TBありがとうございます。

 

 原作とは違う所があるのに、それがまったく気にならない、むしろ映画の色として出ていましたね。本当に良い作品だと思います。もう一度、いや、二度でも三度でも見たい映画でした。
TBありがとうございます (夜の帝王(ポチ))
2005-11-25 02:56:21
自分にとってはあの頃、昭和30年代。記憶にあるのは後半。継接ぎのセーターの腕、実はもう亡くなった母も縫ってくましたし、ズボンの膝も当て布をしてました。映画を見た後、家で古い写真を出してみました。白黒です。でも

自分はいつも笑顔で写ってました。家族の写真の下に父のコメントが書かれていて・・「貧乏人の顔」と。笑っちゃいました。我が家も裕福ではなかったけれどいい時代でした。そして本当にいい映画でした。



ALWAYS 三丁目の夕日 (肥さん)
2005-11-25 05:32:49
埼玉の肥さんです。

TBありがとうございました。

私もこの映画を見て,たくさんの人と話ができてうれしいです。やっぱり人間というのは共通の話題が必要なのだなあと思いました。風は冷たくなってきたけど,心はちょっぴり温ったかな1日でした。
TBありがとうございます (hiro-P)
2005-11-25 08:57:18
TBありがとうございます。



ブログの仕組みをよく理解していないので返信の仕方がいいかどうかわかりませんが、同じような感想をお持ちの方がたくさんいることがわかりとてもうれしかったです。
はじめまして (utano)
2005-11-25 10:58:02
こんにちは!TBありがとうございました。

お礼にコメント書かせていただきます。



私もこの時代よりもっと後に生まれた者ですが

(もしかしたら)最後の駄菓子っこ世代なので

なつかしくてほっとしました。



ほんと、意外と笑えるシーン多かったですね〜

鈴木オートの社長さんのキレっぷりとか…^^;ふふふ
Trackbackありがとうございました (shima)
2005-11-25 11:21:43
映画館ではボロボロと、

しかしバレないようにこっそり泣いていたので、

同じように感激された方が沢山いらっしゃると知って

とても嬉しいです。

Unknown (コリー@管理人)
2005-11-25 12:30:19
当ブログにコメントを下さった皆様、誠にありがとうございました。

皆さんのお言葉を頂き、この映画の反響の大きさを今改めて実感しています。心暖まる本当に素晴しい作品ですね。

何だか、もう1回見に行きたくなってきました。
TBありがとうございます。 (はんぞう)
2005-11-25 17:21:20
ただ悲しくて泣けるという代物ではなくて、感動して泣けましたし、笑い所も有って面白い映画でした。

前向きな気分にしてくれる映画だなぁ〜と思いました。
TBありがとうございます。 (まい)
2005-11-25 22:05:16
とてもいい映画でした。

本当に、面白かったです。

最近にしては珍しい爽快感でした^^
Unknown (コリー@管理人)
2005-11-25 22:26:43
はんぞう様。まい様。コメントどうもです。

見終わった後のスッキリした気分、やる気を掻き立てられる内容だと思いました。いい映画です。

TBありがとうございました。 (あのさん)
2005-11-26 20:37:25
私にしぶしぶ連れてかれた兄弟が、見終わった後に泣きながら「絶対にDVD買う!!」と言うほど、いい映画でした。

もう一度見に行きそうです(;´▽`A
コメントどうもです (コリー@管理人)
2005-11-28 16:15:57
もう一度見に行きそうです(;´▽`A>

私も是非もう一回見たい気持ちです。DVDは確かに楽しみですねー。
はじめまして (シキシマ博士)
2005-11-28 18:51:49
TBありがとうございます。

本当に良い映画でしたけど、紛れも無く、あれが昭和33年頃の日本の、珍しくは無い姿だったんですね。

電気冷蔵庫の登場で仕事の無くなった氷屋さんが、捨てられた古い冷蔵庫を見つめてるシーンがありましたね。

我々は大切なものをあの時代に捨てて来てしまったのでしょうか。

そんな事を考えさせられる映画でした。
TBありがとうございます! (u-taka)
2005-11-28 21:46:15
TBありがとうございました!すごい反響ですね!

私自身もこの映画を観てすごく元気になりました。もちろんもう一回観にいきます!



すみません、TB2回登録しちゃいました。

1個削除してください。。。



コメントどうもです (コリー@管理人)
2005-11-28 21:51:34
シキシマ博士様。u-taka様。コメントありがとうございました。

氷屋さんの切ない表情は印象的でしたね。

Unknown (ノラネコ)
2005-11-30 12:14:41
はじめまして。

TBありがとうございました。

寒くなると暖か系の映画がヒットすると言いますが、これは久々に邦画らしい人情劇でした。
はじめまして (コリー@管理人)
2005-12-01 11:53:29
ノラネコ様。コメントどうもです

確かに古きよき日本ならではの、暖かみのある映画でしたね。
こんばんは (ともよん)
2005-12-10 00:48:20
コメント、TBありがとうございました☆

私も生まれるずっと前なので分かりませんが、本当にリアルにあるそうな昭和の風景でしたよね!考えさせられる映画でした♪
コメントどうもです (コリー)
2005-12-10 11:26:56
ともよん様。はじめまして

やはりCG効果でしょうか。本当にリアルに町並みなどが、描かれていましたね。

この映画は、「昔はよかった」だけでなく、現代に訴求するものがあった気がします。考えさせられる部分は大いにありましたね。
Unknown (16mm)
2005-12-10 20:45:44
こんばんは。

16mmと申します。

TBありがとうございました。



役者もCGも、そして内容も文句ナシ。

薬師丸ひろ子も堀北真希(最高!!)もすごく良かったです。

本年度私的ベスト1邦画であります。
コメントどうもです (コリー)
2005-12-11 02:05:38
16mmさん、はじめまして。

CGよかったですね。役者陣は文句なしですね。私は子役たちの芸達者ぶりに驚きましたよ。
TBありがとうございました (ヒデオ)
2005-12-19 01:11:43
凄い反響ですね。泣いてる人多かったですね。邦画らしい人情味溢れる映画でした。
コメントどうもです (コリー@管理人)
2005-12-19 01:21:36
ヒデオさん、はじめまして。

今年一番の話題作かもしれませんね。この映画は、古きよき時代の作品とよく言われますが、そこで終わりにするのではなく、現代に失われたものを考えさせられる内容だなあと、思いました。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

77 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
古き良き時代のいい話を堪能せよ 「ALWAYS 三丁目の夕日」 (平気の平左)
評価:85点{/fuki_osusume/} ALWAYS 三丁目の夕日 原作のコミックは一度も見たことがありませんが、いい話です。 涙もろい私にはかなり毒です。 体内の水分がかなり減りました。 水分補給必須の作品となっています。 舞台は昭和33年、東京タワーが作られ始めて
ALWAYS 三丁目の夕日 (毎週水曜日にMOVIE!)
暖かい。 温かい。 ・・・それを感じることって自然と涙が出るんだなと思いました。 久々にボロボロ泣いてしまいました。 白状すれば、監督も鈴木オートの夫婦(薬師丸ひろ子も堤真一)もみな同じ世代。 昭和33年は知らなくても、その残り香を感じている世代。 や
映画館「ALWAYS 三丁目の夕日」 (☆ 163の映画の感想 ☆)
昭和33年、東京タワーが建設中の東京でのお話。 時代設定が、ちょうど母が子供のころだったので母と一緒に観にいきました。母から聞いた話の中に登場するモノたち、たとえば氷を入れて使う冷蔵庫などを実写で見れたという感じでした。私にとっては、懐かしいというか...
ALWAYS (79r.p.m)
昨日、『ALWAYS 3丁目の夕日』を見た。 いいですよ、かなり。 笑えるところは素直に笑えて、切ないところは素直に切ない。物語の舞台である「夕日町3丁目」は、具体的に「何処」と限定されているわけではない。限定されてないが故に、より広い層の人々に原風景と
ALWAYS 三丁目の夕日・・ (あんと夢子のス・テ・キ!なダイエットライフ)
Winding road一体何度流れる涙を拭いたことでしょう。 今のように便利でも裕福でもない時代に、人々は 明るい未来に希望を持ち、ひたすら前向きに 生きていました。 映画を見終わって、私はすっかり夕日町3丁目の 住人になっていました。 もう少しだけ ここにとどまっ
物はなくても豊かだった時代◆『ALWAYS 三丁目の夕日』 (桂木ユミの「日々の記録とコラムみたいなもの」)
11月9日(水)TOHOシネマズ木曽川にて 昭和33年。東京タワーが完成するこの年に、青森から上野駅に集団就職で六子(堀北真希)がやってきた。就職先は鈴木則文(堤真一)とトモエ(薬師丸ひろ子)が経営する鈴木オート。立派な会社を期待していた六子は、小さな町工場だと
ALWAYS 三丁目の夕日 (★☆★あくあまりんの宝石箱☆★☆)
  やっと観ました「ALWAYS 三丁目の夕日」 公開初日は「立ち見」で断念しましたが、さすがに今日は余裕で座れました。 「シニア割引」や「夫婦50割引」適用らしき人が多かったですが、学生さんの姿もあって最近の映画では珍しく 幅広い年齢層に受けているようで
ALWAYS 三丁目の夕日 (Saturday In The Park)
日本 133分 監督:山崎貴 出演:吉岡秀隆     堤真一     小雪     薬師丸ひろ子 昭和33年、東京下町の夕日町三丁目を舞台に人情&個性豊かな人々が繰り広げ る心温まる人間模様。西岸良平の人気コミック『三丁目の夕日』を映画化。 この時代
涙で夕日が・・・ (ON THE ROAD)
    うっ! ピンポイントで心の奥の一番柔らかい場所に突き刺さる! ん? 暗闇のあちこちから鼻をすする音。 おぉっ! オレだけじゃない!みんなそうなんだ。 そう思ったら、よけいに涙があふれてくる。 絶対いいっす !! ALWAYS 三丁目の夕日 このマンガが実写
映画生感想『ALWAYS 三丁目の夕日』 (Scarving 1979 : Always Look on the Bright Side of Life)
2005年11月10日、会社帰りおひとり、 109シネマズMM横浜さんにて、21時30分の回を観賞しました。 感想を一言で言うと、 しっかりと人が、町が、時代が生きている、 生命力に満ちた、心の洗われる作品です。 いつしか自分もその街の住人になってしまい、 観終わった後には、
三丁目の夕日を観た (メイリ・ゴーラウンド)
今日は仕事が休みだったので、映画を観に行く ことにしました。 ピーちゃんが泣き、
『ALWAYS 三丁目の夕日』 (My Style)
〜携帯もパソコンもTVもなかったのに、      どうしてあんなに楽しかったんだろう。〜 というフレーズと、一緒に流れるどこか懐かしいと無性に思う映像を 予告編でチラッと観たときから、ずっとずっと惹かれるものがあった。 そして昨日、待ちに待った『ALWAY
ALWAYS 三丁目の夕日 (青空よりも 太陽よりも)
観てきました。「公式サイト」 良かった…。 昭和33年、私は影も形も存在しない時代ですが、 いいじゃん昭和って。…と素直に思えました。 「携帯もパソコンもTVもなかったのに、    どうしてあんなに楽しかったのだろう。」 背景などは、ほぼCGで昭和を再現してた
ALWAYS 三丁目の夕日 (映画鑑賞日記)
『昭和の街並はスクリーンで見る価値アリ!』 今月一番見たかったこのALWAYS 来月の1日になっちゃいそうだったが、やっと見ることができた この監督の映画で、ジュブナイルがイ
映画のご紹介(72) Always 三丁目の夕日 (ヒューマン=ブラック・ボックス)
ヒューマン=ブラック・ボックス -映画のご紹介(72) Always 三丁目の夕日 Always 三丁目の夕日を観た。 そういえば、家の前の道路は舗装されてなくて、通りから家の中までよく見えたな。 日中戸締まりしている家なんてなかった
Allways 三丁目の夕日 (徒然日記)
野ブタ。がまさか!の昭和物語 映画の時間がギリギリで駆け込んで観た。本当はエリザベスタウンを観たかった。でも久しぶりに映画らしい映画を観た気がする。 野ブタ。をプロデ
ALWAYS 三丁目の夕日 (愛のカフェテラス)
昭和33年の東京。短気だが情の厚い則文が営む鈴木オートに、集団就職で六子がやってきた。小さな町工場にがっかりした六子を、一家のやんちゃ坊主・一平は、「もうすぐテレビがくる」と慰める。鈴木オートの向かいで駄菓子屋をする茶川は、芥川賞の選考に残った経験がありな
ALWAYS 三丁目の夕日 (お気楽日記♪)
この秋、観たかった映画の一つ「ALWAYS 三丁目の夕日」。 11/5からの公開ということで、早速、上映初日に出かけてきました。 この映画、古き良き時代の日本が存分に描かれていて、ほのぼのとする作品。 観ていて何度も、あったかーい気持ちになり、涙しました。
Always 三丁目の夕日を観て (★黄金郷(エルドラド)を求めて★ ça va?)
 とてもほのぼのしてますね。 最初、吉岡君は文学とか言われてて脇に徹しちゃうのかなと思いきや、鈴木オートの家族たちよりも重要な役でしたね。  しかし、よくできてます。 団塊の世代狙いはツボにはまるね。
「ALWAYS 三丁目の夕日」 (試写会帰りに)
一ツ橋ホール「ALWAYS 三丁目の夕日」試写会。 「ジュブナイル」「リターナー」の山崎 貴監督作品。 原作は西岸 良平の漫画「夕焼けの詩 ―三丁目の夕日」。 日本のVFXの第一人者と言われる山崎 貴監督が、こういうノスタルジックな映画を作った事が不思議な感じがするけれ.
「ALWAYS 三丁目の夕日」感想 (ずぶと的洋楽)
タイトルどおり感想書きますんでネタばれになる可能性あります。まだ見てない人は読まない方がいいかも。 ALWAYS 三丁目の夕日 昭和33年の何気ない生活を画いてるんですけど泣きどころ、笑いどころ満載で今よりずっと人がいきいきしてたと思います。 集団
泣いてしまいました・・・・感動の「三丁目の夕日」必ずあなたも観なさいよ! (「感動創造カンパニー」ダスキン城北の部屋!仕事も人生も感動だっ!)
楽しみにしていた映画を観た。「三丁目の夕日」。 泣いた。 一言で、この映画を述べるのであれば「ぬくもり」であろう。これほど、ぬくもりを感じさせてくれる映画は少ない。 それぞれの出演者がいい味を出しており、BGMが涙を後押ししてくる。特に、駄菓子屋の売れな.
映画「ALWAYS 3丁目の夕日」 (どじでのろまな亀。)
最近映画をよく見に行きます。昨日は「ALWAYS 3丁目の夕日」を見ました。ほのぼのした、日本の良さをこれでもか、というほど見せつけられる内容。話の内容そのものはこじんまりとした、どこにでもあるような話ですが、だからこそ新鮮に思えてしまう、不思議な感覚です
ALWAYS 三丁目の夕日 (4×歳・働く奥さんの場合)
主人は目の具合が悪く字幕スーパーの映画は見られません。 邦画ならってことで「ALWAYS 三丁目の夕日」を見に行ってきました。 彼は50歳を過ぎているので夫婦割、二人で2000円でいつでも見られるのです。 このプランはとてもいいですね(^^; 舞台は昭和33年、私
期待以上に良かった映画・・・ALWAYS三丁目の夕日 (でじたる職人blog)
事前知識も何も無く観てきたのですが、いや、あれほど感動した映画は最近は無かったです。一緒に言った家内は、映画中盤からもうハンカチ無しではいられないくらい。 あの時代、大人も子供も本当に人間らしい暮らしをしてたんだなぁって。まぁ、私もあの時代にリアルタイ
ALWAYS 三丁目の夕日 (夜咲くアサガオ)
『ALWAYS 三丁目の夕日』 (京の昼寝〜♪)
携帯もパソコンもTVもなかったのに、どうしてあんなに楽しかったのだろう。 ■監督 山崎 貴■原作 西岸良平 ■キャスト 堤 真一、吉岡秀隆、小雪、薬師丸ひろ子、掘北真希、須賀健太、小清水一揮、もたいまさこ、三浦友和□オフィシャルサイト  『ALWAY
ALWAYS (いつか どこかで)
映画『ALWAYS 三丁目の夕日』を見てきました。 監督は山崎貴 ストーリーは、、、 舞台は昭和33年の東京。 鈴木オートを営む一家に集団就職で六子ちゃんがやってきますが、あまりにも小さな工場なのにショックを受けます。 その向かいで小説家をめざしながら駄菓子を営む茶川
ALWAYS 三丁目の夕日 (utano field)
もう何日か前になっちゃうんですが 『ALWAYS 三丁目の夕日』見ました!! ほぼ期待通りで良かったです。 う〜ん 欲を言えばあともうちょっと 古くさ〜〜い感じが出てると良かったなとは思いますが。。 登場人物がすべて\"愛すべき人たち\"って感じでした。 出演者では特
三丁目の夕日 (これなあに?)
昨日、映画「ALWAYS 三丁目の夕日」を観ました。 私はこの原作の漫画がとにかく大好きなので、 映画化というのは正直どうなのかと反感すら覚えていまして。 仕事で試写会があっても半ば意地で行かず、興行順調などと聞いては不快に思ったほど。 しかしついにチケットを
映画『ALWAYS 三丁目の夕日』 (うっかりはんぞう)
「縁も所縁も無いんだからな!赤の他人なんだからな!」 映画『ALWAYS 三丁目
『ALWAYS 3丁目の夕日』 (Simply Wonderful 〜Diary & Hobby etc...〜)
♪タタタッタタ! タタタッタタ! タタタタタタッタ〜 タタタタタタッタ〜♪ (変な鼻歌でゴメンナサイ。m(_ _)m) 何故かサザエさんを思い出しちゃった。(笑)それよりちょっと前の話なのだけど…。 でもこのほんわか幸せな気持ちは、サザエさんに通じるものがる!? 『ALW
ALWAYS 三丁目の夕日 (日っ歩〜美味しいもの、映画、子育て...の日々〜)
昭和33年の東京のある町の「三丁目」を舞台にした作品。 ”金の卵”として中学卒業と同時に青森から就職するために東京へやってきた少女、そんな少女を受け入れる将来は大きくなることを夢見ている自動車の修理工場[鈴木オート」を経営する一家、駄菓子屋の店番をしながら
「ALWAYS三丁目の夕日」観賞 (Cafeアリス)
ALWAYS三丁目の夕日観賞しました〜。 昭和33年の東京の下町を舞台に描かれたコミックを、映画化された作品。 建設途中の東京タワーは、どんどん出来上がっていき、最後には完成してましたね。 東京タワーが出来てから、47年経っていたんですね。 このコミ...
ALWAYS 三丁目の夕日@柏ステーションシアター (ソウウツおかげでFLASHBACK現象)
皆がけばだったセーターを着てつんつるてんのズボンを穿いている。東京タワーの建設が始まり完成するまでの、昭和33年の春夏秋冬を織り交ぜた下町人情群像劇。VFXを駆使して当時の町並を再現し、小道具にも細心の注意を払って古き良き時代をアピールした。 作家を目指す茶
ALWAYS 三丁目の夕日 (my life of my life)
公式サイト…ALWAYS 三丁目の夕日 携帯もパソコンもTVも無かったのに、 どうしてあんなに楽しかったのだろう。 昭和33年… 豊かではなかったけれど 明日への夢があった あなたの心の いちばん暖かい場所へ まず、堤真一のキャラが面白かった!堀
ALWAYS 三丁目の夕日 (ユズルマニア)
11月26日 MOVIX三郷 ■評価 ★★★★☆ ■感想 予想を上回った。 昔から原作を好んで読んでいたので、果たして実写であの昭和の世界観を再現できるの?という点と原作では単なる懐かしい!で終わらせないもう一つのしみじみ感ってどうなるの?といった不安を密かに抱いてい
「ALWAYS 三丁目の夕日」 (soramove)
「ALWAYS 三丁目の夕日」★★★★ 堤真一、吉岡秀隆、小雪、薬師丸ひろ子主演 山崎貴監督、2005年 予告編を見た時、 「この映画はやめよう」と 思っていた。 「泣き」の映画の あざとさのようなものを 嗅ぎ取ったからだ。 で、映画館の暗闇で上映開始を待...
「ALWAYS 三丁目の夕日」 (turedureC.C.)
お気に入り度:★★★★★ 昭和30年代といえば私の親が生まれた頃なので、当然私自身はその時代を知らないわけなんですが、それでもどこか懐かしい気持ちになりました。 思い切り
笑って、泣いて、 (deli*cling ★ talk to myself ★)
みんなそれぞれがいい味出してた、 笑った、泣いた、忙しい映画やったっ _|\○_ぃゃっ ε= \_○ノほぉ〜ぃ ALWAYS 三丁目の夕日   当時のことは知らないけれど、でも、胸が苦しくなったし、 でも、爽快感もあってね、 貧しくっても「満たされたキモチに
ALWAYS 三丁目の夕日☆独り言 (黒猫のうたた寝)
あーーー昔 子供の頃ね扇風機に向かって声出したことあるなぁ〜(笑) 声が震えて響くのよね^^ そんな単純なこと、飽きずにやってたなぁ〜 昭和33年じゃ、さすがにまだ生まれていませんから、体験してるわけじゃないですけど 猫が子供の頃なんて、パソコンも携帯...
ALWAYS 3丁目の夕日(評価:◎) (シネマをぶった斬りっ!!)
【監督】山崎貴 【出演】吉岡秀隆/堤真一/小雪/堀北真希/もたいまさこ/薬師丸ひろ子/三浦友和 【公開日】2005/11.5 【製作】日本 【ストーリー】 昭和33年、東京タワーが
「ALWAYS 三丁目の夕日」 あのころ夢見た未来のために (明日へのヒント by シキシマ博士)
「ALWAYS 三丁目の夕日」 あまりにも評判が良いので、期待し過ぎて失敗しないか心配しつつ観に行ったのですが、取り越し苦労でした。 原作は長期にわたり「ビッグコミックオリジナル」に連載されている西岸良平の漫画「三丁目の夕日」。私は単行本を何冊か持っています
ジャンル別の映画情報館! (フィルムナビ〔film-navi〕)
WindingRoad様、ALWAYS三丁目の夕日のトラックバックありがとうございました。フィルムナビでは、さまざまな映画のクチコミ情報を集めています。映画の感想などをブログに書かれた時には、ぜひまたトラックバックして下さいませ。お待ちしております!
遅まきながら、「ALWAYS」を観てきました (癒しを求めてどこまでも・・・)
TOHOシネマズの無料鑑賞(6本観たら1本無料)で、「ALWAYS 三丁目の夕日」を観てきました。 劇場は始まったばかりの「ハリーポッター」の客でごった返しており、そっちも気になったのですが、どうしても「ALWAYS」が観たかった。 で、感想はというと、評判どおりで、すごく.
ALWAYS 三丁目の夕日(11/26 幕張) (しねまぶっくつれづれだいありー)
『素直に何度も号泣! 是非観てほしいおススメ映画』  ちまたで評判のこの映画。かなり前から予告編で流れていましたが、なんだか寅さん的な匂いに私の好みではなさそうと思っていました。ところが公開されるとかなりイイ評判。とはいえ、主な客層は50代の方ということで
三丁目の夕日−口コミの大ヒット− (ハードでルーズな生活)
山崎貴監督の『ALWAYS 三丁目の夕日』(日本,2005年)である。原作はいわずと知れた西岸良平のロングセラー『三丁目の夕日』である。 あらすじは,例のごとく−−−−− 昭和33年の東京。短気だが情の厚い鈴木則文(堤真一)が営む鈴木オートに、集団就職で星野六子(堀
「ALWAYS 三丁目の夕日」鑑賞 (エモーショナル★ライフ)
今日は「ALWAYS 三丁目の夕日」を見てきました。 珍しく試写会でも公開直後でもなくかなり時間がたってからの鑑賞。 これはみんなで見ようと思って調整しつつとっておいたんですよね♪ この映画は昭和33年の時代を舞台にした 様々な人々が強く生きる様子を描いた感.
ALWAYS 三丁目の夕日・・・・・評価額1400円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
この映画を観ていて「クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲」を思い出した。 「昭和」に限りないノスタルジーを感じ、思い出の世界こそ理想と考える一団が、古き
「ALWAYS 三丁目の夕日」こだわりの映像づくりが生きた人情物 (MUDDY WALKERS ブログ)
 東京タワーが建設中の昭和33年。東京の下町を舞台にした人情あふれる物語だ。それだけで説明は十分というくらいの話だが、映画としての見どころは、昭和30年代の街並みと生活風景を、最新の特撮技術とCG、美術、小道具、衣装によって見事に再現したところだろう。
『ALWAYS 三丁目の夕日』 鑑賞(試写会) (♪日々 新鮮♪)
Hさんありがとう♪ ビッグコミックオリジナルに連載中の「三丁目の夕日」の映画化です。 思わず涙してしまいました。 (T_T)★★★★★★★★☆☆ http://www.always3.jp/ 原作:西岸良平「
ALWAYS 三丁目の夕日 (toe@cinematiclife)
泣いたわよ。 まさかと、自分でも思ったけど、泣いたわよ。 まぁ、最近、涙腺ゆるゆるだけどね。 でも、きっとまだの人も、見ると泣くかもよ。 <STORY> 戦後間もない東京下町、東京タワーのすぐ近く。 いろんな生活がそこにはあった。 駄菓子屋・茶川商店の茶川竜之介(吉
ALWAYS 三丁目の夕日 (39☆SMASH)
昨日は友達と夜中まで遊んでました。 で、現在放映中の『ALWAYS 三丁目の夕日』をレイトショーで鑑賞。 もうね、すんごく良かった!! 物語後半は、皆さんの感動してすすり泣く声が前後左右から聞こえてきました。 もちろん私も号泣しましたけど、なにか??...
ALWAYS 三丁目の夕日 (読む映画)
2005年 日本映画 TOHOシネマズ南大沢にて鑑賞 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~  昭和33年、「戦後」から「高度成長期」に移行する時代の東京を描いた作品です。  その時代に少年時代を過ごした世代(
ALWAYS 三丁目の夕日 (Alice in Wonderland)
今日は古きよき時代の日本にタイムスリップしてきました。昭和30年代の事なんか全く知らないあたしですが、こんなんだったんだろうな〜って思ってしまうくらいリアルで違和感のないあったかい映画でした。是非両親にも薦めたい映画です。 昭和33年の日本を舞台に、家...
ALWAYS 三丁目の夕日 (きょうのできごと…http://littleblue.chu.jp/)
先日、東宝から送られてきた招待状を持って 試写会行ってきましたー♪ タダ!嬉しいっ!一ツ橋ホールへGO−!!(笑) PC直描きで全然綺麗じゃない夕日が出来上がりました…orz 「ALWAYS 三丁目の夕日」2005年公開・邦画 監督/山崎貴 脚本/山崎貴、古沢良太 ...
ALWAYS 三丁目の夕日 (CLII -映画のような恋をして-)
昭和33年の東京を舞台に空前のスケールで贈る、 夢と希望の国民エンタテインメント映画! 公開日 2005年11月5日 2005年製作 日本 ジャンル ドラマ 期待度 ★★★☆☆ 監督 山崎貴 原作 西岸良平 脚本 山崎貴 出演 吉岡秀隆、堤真一、小雪、堀北真
ALWAYS 三丁目の夕日(gooブログ専用) (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
今日、僕の家へ新しい家族がやってくる。 集団就職で青森から来た六ちゃん。 怒りん坊のお父さんと、優しいお母さん。 駄菓子屋の茶川さんは、居酒屋のヒロミさんが大好き♪ これは、僕ん家と夕日町三丁目に住む人のお話。 http://yoyupon.livedoor.biz/a
ALWAYS〜三丁目の夕日 (オタクの魂forビギナーズ)
この『ALWAYS〜三丁目の夕日』や、同時期に公開している『大停電の夜に』を観て、本当に“今、日本映画がキテるな!”と感じるワケです。 2・3年前なら考えられない状態。 これまでなら“ミニシアター直行・決定済”な企画に、これ程に予算をかけて撮ってもいいなん
Always 三丁目の夕日 (映画のない人生なんて)
昭和33年の春から大晦日までの東京の下町、 夕日町三丁目の出来事を綴った心温まる映画。 この年ってちょっと特別。東京タワーが完成する年なのだ。 原作はご存知、アニメにもなった「三丁目の夕日」。 一話完結ものをつなげたのだからちょっと荒っぽさもあるんだ...
★ALWAYS 三丁目の夕日★ (★☆cause_k の DAILY LIFE☆★)
『ALWAYS 三丁目の夕日』 監督/VFX:山崎 貴 出演: 吉岡秀隆 堤 真一 小雪 薬師丸ひろ子      堀北真希 須賀健太 小清水一揮 三浦友和 もたいまさこ 他   昭和33年、東京タワーができた年の東京下町の夕日町三町目。 ある日、則文(堤)、トモエ(薬
『ALWAYS 三丁目の夕日』 (ラムの大通り)
----うわあ、なにこれ?東京タワーが壊れている。 しかもその前を路面電車が走っている? 「(笑)これはね。いまだに根強い人気を持つコミック 『三丁目の夕日』を実写映画化したものなんだ。 舞台が昭和33年。というわけでこれは建設中の東京タワー」 ----それって撮影が難
「ALWAYS 三丁目の夕日」 “スカ”を作ってました。すんません。 (『パパ、だ〜いスキ』と言われたパパの映画日記)
同じ特撮マンでありながら、“特技監督”という日本の映画界ではこだわっている呼称とその精神を引き継いだ樋口真嗣監督とは対照的に、デビュー以来“VFX”という呼称で通した山崎貴監督は、この映画の大ヒットでこの先何年か、ある程度の予算で、東宝で映画を作らせても
ALWAYS 三丁目の夕日 今年の234本目 (猫姫じゃ)
ALWAYS 三丁目の夕日 泣いた、、、 ホント、久しぶりに映画館で見た。札幌で、夜の出撃に備えて、英気を養うためにぶらぶらしていたんだケド、この映画の評判が良いのは知っていたので、たまたま通りかかった映画館へ。 SFXとは、こういう使い方をするんだぁ! 年代は
ALWAYS (Day☆Dream)
今日は「ALWAYS 三丁目の夕日」を見てきました[:映画:]いろんな所で評判が良かったので気になってたんですよ。 まず、野ブタ役の堀北真希ちゃんが出てたことに一番驚きました。後は、子役がすごいかわいくて良かったです。 映画は昭和33年が舞台なのでせわしない感じがしな
ALWAYS 三丁目の夕日 (PLUS+NEKO)
三丁目の夕日 特別編 西岸 良平 先日ともちゃんと一緒にALWAYS 三丁目の夕日を観に行ってきました。以前も書いたように幼い頃に祖母の家でこの原作となった漫画をよく読んでいました。漫画は一話完結で基本的に主人公は鈴木オートですが、違う話もあります。なので映
ALWAYS 三丁目の夕日 (Osaka-cinema-cafe)
今年は昭和を回顧する映画の流行なんでしょうかね? 「この胸いっぱいの愛を」は昭和60年。 「カーテンコール」は、昭和30〜40年代。 そして、この「ALWAYS 三丁目の夕日」も 昭和33年の東京の下町を舞台に。 東京は夕日町3丁目に住む人たち。 鈴木オート
「ALWAYS 三丁目の夕日」 (その映像について) (キネオラマの月が昇る〜偏屈王日記〜)
本当にしみじみと温かい気持ちにさせてくれるいい映画でした。 誉めるところが多すぎてどこから誉めたらいいのかわかりません。 今回は映像のことに絞って語ります。 「神は細部に宿る」といいますが、この映画には細部への情熱というのは生ぬるい、むしろ妄執とでも言うべ
『ALWAYS 三丁目の夕日』 (流れよわが涙、と、おぢさんはゆった)
押井 守が、観客が知らなかったり忘れ去られかけている昭和30年代を使ってファンタジーを作る事ができるというような事を言っていた。 私が生まれる前の年代。当然その景観を知ってるわけではない。その当時を生きて来た人にとっても忘れかけ始めてるものだろう。 だれも見
「ALWAYS 三丁目の夕日」 (雑板屋)
氷屋の親父の悲しそうな表情ったら・・・。 冷蔵庫を購入した鈴木家に捨てられた粗大ゴミを眺める氷屋の親父の姿・・・。ああいうの、弱いなぁ〜 ということで・・・。 高評価されている邦画なので、期待が高過ぎたのか物語の始まりは退屈で正直「はずしたか・・」と思.
ALWAYS三丁目の夕日〜子供のこと心配しない親なんていないのよ〜 (いつか誰かと交換日記!?)
気分よく鉄板焼き屋を出てのんびりフラフラ たどり着いた先は六本木ヒルズ 東京タワーが綺麗ですよ 東京タワー?…と言えば そうだ!観ちゃいますかー「ALWAYS〜三丁目の夕日」 評判いいし、気分いいし、 たまに寄った時に観る映画もオツだろうしぃ、、、 ♪ 学校
ALWAYS 三丁目の夕日 (Naktak)
映画観にいってきました。 ALWAYS 三丁目の夕日 (http://www.
ALWAYS 三丁目の夕日 (時計仕掛けのオレ BY ザ・ワールド)
ほのぼのとしたいい映画でした{/fine_sim/} 思ってたよりもずっとおもしろかった{/up/} 感動させられたなぁ 薬師丸ひろ子のお母さん役はかなりハマってました そして堤真一はやっぱり大好き{/hearts_pink/} あの親子には何回も笑わされました{/face_yaho/} テレビが家にや
ALWAYS 三丁目の夕日 (KINOKANAL)
監督:山崎貴 出演:堤真一,吉岡秀隆,小雪,薬師丸ひろ子,掘北真希,もたいまさこ,三浦友和 昭和33年の東京。短気だが情の厚い則文が営む鈴木オートに、集団就職で六子がやってきた。小さな町工場にがっかりした六子を、一家のやんちゃ坊主・一平は、「もうすぐテレビが.
「ALWAYS 三丁目の夕日」夢や希望を皆が語った時代 (soramove)
「ALWAYS 三丁目の夕日」★★★★ 堤真一、吉岡秀隆、小雪、薬師丸ひろ子主演 山崎貴監督、2005年 予告編を見た時、 「この映画はやめよう」と 思っていた。 「泣き」の映画の あざとさのようなものを 嗅ぎ取ったからだ。 で、映画館の暗闇で上映開始を待...
ALWAYS 三丁目の夕日 (東京ミュービー日記)
http://ameblo.jp/servlet/TBInterface/10006060612 ALWAYS 三丁目の夕日 監督:山崎貴 出演:吉岡秀隆/堤真一/小雪/堀北真希/もたいまさこ ほか? 毎日、雨続き。 梅雨ですかね? うっとうしいなぁ・・・。 なんとかならんですかね。 ...
【邦画】ALWAYS 三丁目の夕日 (ハサウェイのシネマ!シネマ!シネマ!)
A+  面白い A     ↑ A− B+ B    普通 B− C+ C     ↓ C−  つまらない 『評価』  A- (演技4/演出3/脚本4/撮影4/音響3/音楽4/美術4/衣装4/配役4/魅力3/テンポ3/合計40) 『評論』 あれ