たーくんに会いたい ~世界一幸せだった17日間~

新生児の突然死・・・寝ている間に眠るように逝ってしまった我が子。

4カ月の赤ちゃん

2017-05-12 11:27:06 | たーくん
初めて会った人とかに自分の子供の話を初めてするとき、
その場に子供がいなかったら、
「1番上の子が何歳で、下の子が何歳で・・・」って話になる。

「下の子は年小で」と話したら

そんなにお子さん小さいのによく来たね的なことを言われたの。いい意味のやつ。大変なのにえらいね的な。

私の中では1番下は生後17日のたーくんなんやけど・・・。
「下の子は年小で」(その下が永遠の生後17日の新生児で)って心の中で答えてた。

ここにいないから・・・年小の子が下になるわけで、
たーくんのことを話せたら、年小の子は真ん中の子って言えるのに・・・

亡くなってるから言ってはいけないことみたいな、初めての人には話すことじゃないみたいな。
そんなことわかってるけど、でも

私が言わなかったら、なかったことみたいにしているみたいで・・・。

いるんだけどね、たーくん。
ずっとお家に


離れたくなくて。

家に置くのは良くないとか聞いたことあるけど・・・置いときたくて



だから出かけるとき、赤ちゃん1人留守番させてる気がして

赤ちゃんを家に置いて出かけてるような、良くないことしているような

そんな気になる。

たーくん1人家にいて淋しくないかなぁとか
おっぱい欲しいって泣いてないかなぁとか

何時間か家をあけるときは、たーくんが淋しいやろうなって本気で思うし早く帰ってあげないと・・・と思ってしまう。

そう思うことで、自分の気持ち、落ち着かせようと頭が勝手にしてるんかな・・・


私は自分のこと、精神的に強い人間だと思ってました。

でも違った。強くなんかなかった。

こんなに自分が泣き虫だとは知らなかった。






ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 夜になるのが怖い | トップ |   

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。