松江市のゼロ磁場

役行者の山伏です。千日行をして松江の西方の陣賀山に新しくゼロ磁場を発見しました。
コメントは返せません。

ゼロ磁場 西日本一 パワー開運スポット 第4番チャクラは大日如来様(10月1日)

2016年10月01日 | 動画
三番チャクラ528ヘルツで少し画面をとりました。非常に重要であることが分かりました。これだけを知っていても幸せになるでしょうね。

第4番目のチャクラに移ります。このチャクラは胸のあたりにあって最大の大きさです。いろは緑色で、宝石はヒスイです。緑色であればかまいません。古代からヒスイがこの役目をしています。ヒスイの勾玉はいいですね。

私たちの肉体と精神の両方の接点です。肉体でいえば心臓にあたり精神面では心にあたります。人間関係に役立つところです。陰徳がこれにあたります無限の愛 見返りを求めない愛、
ボランティアの心 博愛 などなど精神的な満足をえ宇場所です。このチャクラが開くと愚痴や不満など出ません。ユートピアの心になります。

開きすぎると押しつけの愛 無差別の愛 強制的愛となっていびつになります。愛をいつもしていると自慢するようになれば開きすぎていてかえって迷惑します。バランスが必要です。

音は639ヘルツで鈴の音色です。横笛の音色です。トランペットの低い音色です。オーケストラによく使われています。気持ち良い音色です。

護摩祭りのとき「般若心経」をと寝るときの斉唱の音色です。護摩祭りのときの炎から多く出る周波数です。
護摩祭りはおいでになって参加すれば心臓 肺が自然に癒され心が正され隠匿できるような気持になります。落ち着いて自信ができてくるのdす 護摩祭りはいいものです。明日11時から行います。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (5)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ゼロ磁場 西日本一 パワー... | トップ | ゼロ磁場 西日本一 パワー... »
最近の画像もっと見る

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
身体と自然治癒力。呼吸法(上) (北九州元氣塾。)
2016-10-01 23:59:30
ゼロ磁場で呼吸法を生かして!

今、人々の呼吸が浅くなり、身体が弱くなってしまいました。
呼吸が浅いとすべての臓器が弱ってしまいます。

"深く息を吸う、深く息を吐き出す"
こんな単調な動作が身体を陽にし、余病を防ぐ事になるとは誰もが信じがたいですが、呼吸一つで人間は大きな自然治癒力を身につけることができます。

・息を深く7秒間吸い込み、7秒間止め、7秒以上かけ、ゆっくりと吐き出します。
・空氣を吸い込む時は必ず口を閉じ、鼻で吸い、吐く時は口を少し空け、腹の底から吐き出します。
・最近は常に口を空け、口呼吸する人が多いですが、口呼吸すると邪気を吸い込んでしまいます。
世の中にドロドロ溶けこんでいる邪気を吸い込んで病気を起こしてしまいます。
身体と自然治癒力。呼吸法(中) (北九州元氣塾。)
2016-10-02 00:25:51
病気には3通りの病があります

①身体に病原菌が入り病む病気
②邪気を受け病む病気
③本人の不摂生から起こす病気がありますが、邪気から病む病気は、たちが悪く、薬では治りません。
口を開け、息を吸うと空氣中に
舞うウィルスをすべて吸い込み、喉や肺に送り込んでしまいます。
大事な部分に生える毛の中には鼻毛もあります。
鼻毛を切る人が多いですが、
粘膜力の強い人ほどに鼻毛は伸びます。
鼻毛と粘膜で体内に入るウィルスの85%はとめられ、体内に適さないウィルスと感じた鼻毛センサーは振動し、触れ合う鼻毛がこすれあい、クシャミとなり、ウィルスを身体外へと飛ばします。
クシャミをハンカチで押さえ口や鼻を拭くと、今度は口から入ってしまいます。
だからクシャミは大きくティシュに出し、拭き取り捨てる。
と、ウィルスは体内に戻りません。
身体と自然治癒力。呼吸法(下) (北九州元氣塾。)
2016-10-02 00:46:01
人間の鼻水・唾液・おりもの・羊水・生理血・粘膜を研究すれば、
人間の95%の病原菌を抑える事ができるでしょう。
呼吸法に話は戻り、日本語の、

"ひらがな、こぃ・しぃ法"で呼吸すると深い呼吸ができます。

"こぃ―"で吸い込み、"しぃ―"
で吐き出す。
両手でひらがな文字をイメージしながら"こぃ・しぃ"。と繰り返すうちに上手く胸元で玉ができます。
その玉(氣)を集め、体内の痛いところや病んだ身体に入れると自然治癒力は上がります。

ありがとうございます。
( ^-^)ノ∠※。.:*:・'°☆ (kさん。)
2016-10-02 01:46:49
じっちゃん。
なかなか、やりますね♪

これからも、コメント
よろしくお願いいたします。
リーマンショックとは (N)
2016-10-02 19:38:58
ごく簡単にリーマンショックとは?

アメリカでサブプライムローンという、低収入というか、いわゆる貧困層向けのローンがありました。
 それは一般の人向けのローンよりも利子は高くなっています。
サブプライムローンの大元はリーマンブラザーズというアメリカの証券会社です。
 簡略すると、リーマンブラザーズが貧困層向け住宅ローンをやっていたと思ってください。
 大まかな話、そのサブプライムローンが流行っていたころ、アメリカの地価が上昇してたので、貧乏な人たちはそのローンでお金を借りて土地が高くなったら売って儲けて借金とかを返そうとしました。
ですが、不景気がおきて予想とは裏腹に地価が下がってしまいました。
 ここで問題だったのはアメリカの住宅ローンのシステムです。
日本の住宅ローンはローンが残ってる限り家を手放しても払わなくてはいけませんが、アメリカの場合家を手放せば残りのローンは払わなくて良いです。
 早い話がローン全部返済してなくても家を売り払っちゃえば借金は無くなります。
なので、払えなくなった人たち(払えなくなった原因は不景気と思っといてください。後このまま家を持っていても地価が上がりそうに無いから損すると考えたんだと思います。)が次々家を手放しました。
 そんな紆余曲折があってリーマンブラザーズが貸したお金を返してもらえなかったりして経営が悪化して倒産しました。
 リーマンブラザーズは大手の証券会社だったので、他にも社債とか発行してたので、それを持ってた他の銀行とかの経営も悪化してしまい、アメリカが更なる不況に追い込まれてそれが日本とか他の国々にも影響したわけです。
 簡単に言うと、
お金を借りてた人たちが返済できなくなったこと=サブプライムローン問題 
それによって貸していた会社(リーマンブラザーズ)が経営悪化、後に倒産。
それによるアメリカ経済、世界経済への(悪い)影響、要するに世界的な不況=リーマンショックです。

コメントを投稿

動画」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL