松江市のゼロ磁場

役行者の山伏です。千日行をして松江の西方の陣賀山に新しくゼロ磁場を発見しました。
コメントは返せません。

ゼロ磁場 西日本一 氣パワー・開運引き寄せスポット 新春護摩の火焔写真(1月24日)

2017年01月24日 | 動画
 大変な寒波が松江市を襲っています。積雪40cmになりました。自動車でも身動きできません。鳥取県では300台が動けないとニュースでいっています。

ゼロ磁場も多分降り積もっていることでしょう。南平台の道路に私の車は入れません。皆様も無理をしないでください。たぶんお不動さんの日28日には行けるようになります。それまで我慢してください。雷が特に怖い場所です。磁場の関係か雷が鳴ると非常に近くの空気がびりびり振動します。私は一目散に逃げます。

㋀8日の「新春護摩祭り」の写真が届きました。雨の降る中行列ができたほど多くのお方が参拝されました。雨が降るののも関わらずお護摩の炎はよく燃え上がりました。風もなく非常に穏やかな火炎でした。手島氏の写真です。

火焔は穏やかに燃えていますが、いろいろな像が出現されました。多くの観音様 登り龍
下り龍 宇宙龍神と虚空蔵菩薩さまなどです。11年目の新しい門出をお祈りするように出現されました。あめがふっているため楽器が使えなかった代わりに「水笛」の大合奏で火炎はますます勢いよく燃え上がりました。皆様方の幸せを願って素直な火炎でした。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

ゼロ磁場 西日本一 氣パワー・開運引き寄せスポット あと30年生きたい?(1月23日)

2017年01月23日 | 動画
今日の松江市は今冬最高の積雪で20cmほどです。もちろんゼロ磁場に行くことはできません。危ないですから行かないでください。昨日は雷と強風で行きませんでした。

冬ですので自然の猛威に逆らいことです。いつまでも続きません。2-3日でまた回復してきます。家でゆっくり本を読み、音楽を大音響で聞いています。

昨日「サピエンス全史」のことで感じたことを書きましたが、同じようなことが新聞に出ていました。「人工知能の絶望と欲望」です。今頃のIT産業の進歩進み具合は、今まで千年かかっていたことが10年間と同じ速さになっているのです。

30年かかると人類歴史3千年で起こったことを見ることができるのです。人工知能によって奴隷化される職業がたくさん出てくるのです。どのような職業が奴隷化されるのか非常に面白い現象が現れてくる面白い世界が出現してきます。それを体験したいためにはどうしてもあと30年間生きたい!生きたい! でも無理でしょうね?110歳まで生きることになるのですよ!
ただし現代でも最高120歳まで生きられるようにDNAでは証明されているから、健康でおいしいものを少し食べ、薬を飲まないで行くと案外可能性はあるかもしれないですね?

その時人間のプライドをもって生きている方と人工知能の奴隷になっている方がどのように生活されている方を見てあの世の土産話にしたいと願っています。

たぶん予言されているように人工知能の奴隷化している方は「見える世界だけを信じる」
「科学的に証明だけを信じる方」「霊符の力を信じない方」だらけで、人間的なプライドをもって人工知能をうまく利用している方は今現在「見えない世界を信じる方」「霊符の力を信じてお持ちの方」であるのです。

なぜなら「見える世界」は人工知能が人間を超えています。人工知能がどうしても勝てない世界が「見えない世界を信じるこころ」だからです。

ゼロ磁場においでになって「氣」を信じて「霊符」をお持ちの方は心配いりません。あなたの職業は人工知能より優れています。堂々と職業に邁進して「よい欲望」をもって人生を謳歌してください。
「見える世界だけを信じると」たちどころに人工知能に奴隷化されますよ!くれぐれもご用心ください。
30年間どうしてもいきたいのです。私の考えを確認したいのです。頑張りましょう!!!
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ゼロ磁場 西日本一 氣パワー・開運引き寄せスポット 人工知能が勝つ将棋界(1月22日)

2017年01月22日 | 動画
サピエンス全史ではあと30年すれば人口知能(頭脳)が人類を支配する恐れがあるので今の間に何か考えることが大切だと警告しています。その一つの例になると思いますが、将棋の世界では人工知能がすでに優れていることを示すことが浮き彫りにされたようです。

新聞紙上をにぎわしているような事件です。これなどもサピエンスで指摘している一つの表れではないでしょうか?人工知能にできない方法をとらない限り何のための勝負になるのか疑問がわいてくるのは私一人ではないと思います。

サピエンスではあと30年もすれば見える世界だけを信じている方は、人工知能のどれになると予言しています。今その兆候が表れているのです。その方は科学的に証明されたものでないと信じない方々です。確かに科学的に証明されたものは見える世界なので信じることは容易です。しかしこの世では見えないことがたくさんあります。

科学で証明されていることも資本主義の世の中では国家あるいは帝国に有利なものだけの研究が進んでいます。科学的に説明できることも国の利益になることが優先され、基礎的なものの研究はなされていない。そのため科学的に証明されていることも帝国に利益が上がることだけを研究されている。例えば非常に患者数が少ない病気の研究などはほとんど手が付けられて稲野が現状で、薬も帝国に利益が上がるように研究されているので、患者が賢くなる必要があると述べています。見える世界だけを信じていると30年後にはほとんどの方が人工知能の奴隷化に従うことになる可能性があるといっています。

それを防止するためには今現在見えない世界を信じて行動する習慣をつけて、実行しておくこたが大切である。思うだけではだめで実行を伴うことが人工知能に奴隷化されない方法であるといいます。物質の欲望だけを求めているとかならづ奴隷化させられる。

人間の幸福は物質的に満たされることではなく、心が満たされることが大切で心が満たされることは数千年の歴史を見ればわかるように、一応の生活ができれば、毎日の暮らしの中に感謝をささげ他人の人が喜ぶことを心からすることが大切でその指針になることは、自分の力で快感ホルモンを出すことである。エンドルフインは脳内から出る快感ホルモンです。このホルモンがいかに出ているかが幸福を図る指針だと結論づけています。

簡単です人間はある程度の収入を得て人々のために働き自分の中にエンドルフインをいかに出すかが幸せの原点であると説いているのです。

ゼロ磁場においでになって「見えない世界「氣」を信じて生活すればそれが幸せになる早道です。「氣」によって病気予防にも癒しにもなるのです。

見えない世界を信じる方に知らせて多くの方をゼロ磁場に呼びましょう。人工知能に勝つために心で勝負しましょう。心は人工知能にはできません
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

ゼロ磁場 西日本一 氣パワー・開運引き寄せスポット サピエンス全史(上下巻)が教えるもの(1月21日)

2017年01月21日 | 動画
 今朝早朝アメリカ大統領トランプ氏就任式典を見て寝不足の方多いではありませんか、私も今日は寝不足です。時代は変わりますね、昔の感覚に戻るような自分の国を守るだけの保護主義に戻るような感覚ですね。

同じようなことが今話題の本「サピエンス全史」で話題になって世界中48か国で話題になっています。先日NHKで1時間番組でそのことが放映されました。

簡単に言いますと「文明は人間を幸福にしたのか?」「幸福は何を求めて言えるのか?」と蚊30年後には人口頭脳の奴隷になるのではないか?など卑怯に興味ある問題が書き出されています。人類史や生物史が入っているため多少読みずらいかもしれませんが興味ある内容です。

私のようやくでも結構わかると思います。詳しくは読んでみてください。

簡単に内容を言いますと人類は古代一万年前にはネアンデルター人と今の私たち現代人ホモ・サピエンスというう人種がいた。ネアンデルター人は滅び去ったそれはなぜかということが長々と説明されています。

ネアンデルター人は大きく体格もよく力持ちで体の面ではすぐれていた。彼らは見えるものしか信じなかったため150人を認知するのが最大でそれ以上の人数を掌握できなかった。そのため今の猿社会と同じで、100名前後の群れの乱立であった。群れの戦いをしていた。

ところがホモサピエンスは見えないものを信じていた。想像ののことを信じることができたNHKではそれをフイクションと言っているが、見えない世界を信じる能力である。見えない世界は輪が広がっていくので一つのことを信じることはたくさんの人ができるので集団が千人、一万人いや百万人単位でも集めることができた。そのため数の力でネアンデルター人を滅びさせることができたといっています。

ホモサピエンスの時代になると今度は肌の色とか形状の違いで、自分たちで差別をするようになってきた。それが世界中に戦争奴隷制度を打ち立てた。日本には奴隷という感覚がないのは島国で国を守るに適していたから東洋奴隷ができなかっと言っている。

日本は見えない席あを信じる力にたけていたからあらゆるものに神を見出して尊敬して信じていたためである貴重な国であると結論しています。

それが文明が進むにつれ何かおかしくなってきているといっています。長くなりますのでまた明日に続きます。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ゼロ磁場 西日本一 氣パワー・開運引き寄せスポット 砂利は地中の「氣」を含む(1月㏳)

2017年01月20日 | 動画
 「マグマ学者」の言葉に従って砂利を全体に敷き終わったときの写真が手に入りました以前にも画像に出していますが、今回は宇宙からと地中からの光が撮れています。

マグマ学者が指摘しているようにマグマから磁力線磁場が出る場所は火山と違って非常に少ない。松江のゼロ磁場は貴重な場所である。マグマから出る磁場を長くとどめておくには、砂利を敷き詰めればよいといわれすぐ敷き詰めたところ、今までとは異なった写真が撮れましたこれは目次氏提供のものです。

宇宙からは紫色の光線が、地中からは光の塊が見えています。この場所が「光と磁力線」でみちみちていることを示す写真です。

この光とマグマの磁力線を運ぶのが宇宙と地中を自由に通ることができる「宇宙龍神」ですこの宇宙龍神が自由に出入りすることができるのです。このことがマグマ学者によって証明されました。砂利を敷いてからこの場所はまた一段とパワーがアップしたようです。

マグマ学者は「宇宙龍神額」と「たから石」をすぐ求められました。世界にもこのような場所は珍しくそこで作成されたものを手に入れることはなかなかできないといわれました。

モナさま方もなくなる前にあなたの部屋に飾ってください。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加