◎末松太平事務所  (二・二六事件関係者の談話室)

末松太平(1905~1993)。
陸軍士官学校(39期)卒。陸軍大尉。二・二六事件に連座。禁錮4年&免官。

松本一郎先生のこと  

2017年03月12日 | 今泉章利



末松建比古さま

次のようなコメントを頂きながら返事が遅れました。

拝復 今泉サマ。
法要終了後、挨拶もせず帰ることになってしまいました。まあ、あの場の雰囲気では、サッサと帰るしかありませんね。
松本一郎氏の訃報には驚きました。水上源一氏の遺児サン+今泉サン+松本教授サン+私=4人で、防衛庁関連の“軍事資料室=正式名称ではありませんね”を訪れた日が懐かしく思い出されます。


はい、あれは2004年のころでした私が55歳、宣子さんが70歳を過ぎた頃でしょうか。目黒の防衛研究所でした。確か、いま、市ヶ谷のほうに移っているようです。いつか行きたいと思っています。
あの時、宣子さんから、水上源一さんのことを調べてほしいといわれ気楽な気持ちでいいですよ、などと言ってしまいました。でもそのおかげで、東京地検の閲覧許可を頂いたし、事件のことを学ぶきっかけになりました。
松本一郎先生は、あれからもいろいろとお世話になりました。何といっても二・二六事件裁判の研究を99年に出され、熊本幼年学校のDNAをしっかり受けておられた先生でしたから、御研究、御執筆やお酒も大したものでした。
お具合が悪く、お見舞いに伺い、2016年8月16日に、85歳で亡くなられました。

教え子であり、先生の二・二六事件をはじめ御研究にご尽力された、緑陰書房の荒川様から、昨年の末、先生の遺された資料を私に頂きました。荒川さまは、先生の遺言に従い、ご遺族から先生の資料を譲り受け取られたものですが、私を信頼してすべてを私にくださったものです。
ファイル二冊分くらいの資料で、二・二六事件の判決書(はんけつがき)関連と内務省警保局関連の若干の資料でした。

先生の書かれたもので、私が存じ上げているものは次の通りです。

1993年 史84号 東京陸軍軍法会議についての法的考察  (先生62歳) 
1994年 史85号 東京陸軍軍法会議についての法的考察(続)
1995年 史86号 死を我等に -軍法法廷の北一輝と西田税ー
    史88号 魔王と呼ばれた男

1998年 史97号 安藤大尉の生と死 -信義と情誼のはざまでー  
1999年 二・二六事件裁判の研究 (緑陰書房)
2000年 史102号 幼年学校の教育 
2001年 史105号 磯部・真崎対決の真相 -二・二六事件裁判記録ー
     史107号 真崎大将の人間像(上)
2002年 史108号 真崎大将の人間像(下)  
2003年 史111号 池田俊彦氏を偲ぶ 
    史112号  磯部の杜を訪ねる

2009年 「陸軍成規類集」、森松俊夫監修  (緑陰書房)
2011年 夢幻のごとく 野田謙吾中将と昭和期の陸軍 (緑陰書房)
2012年 二・二六事件判決書綴、訴訟記録目録 出版 (緑陰書房) 

2014年 道程 松本一郎著作集 (緑陰書房) (磯部、真崎その他記事有)

2016年 ご逝去 85歳 (注:法務省、訴訟記録を国立公文書館へ移管決定)

先生は、62歳の1993年から、二・二六事件の研究を始められたと思います。独協大法学会にも投稿されていたようです。しかし、「史」に投稿した記事が素晴らしいと思います。裁判資料に基づく一級の研究成果であります。
これから研究される方には、入手しづらいものもありますが、緑陰書房からだされた「二・二六事件裁判の研究」や「道程」は入手可能ならば、ぜひお読みすることをお勧めします。

末松様。私の記憶を呼び起こしていただき、まことにありがとうございました。
また、2010年ころだったか、、故澁川明雄さんと先生に、訴訟記録の公開についてご協力のお願いしたこともありました。先生は、難しいですけれど、、私のできることはしてみましょうといわれました。私は2012年の出版は、それを受けていただいたのかとも思っております。
私の、一郎先生への一番の心残りは、国会図書館で、ばったり会い、先生が、これから飲みに行かないかトお誘いを受けたとき、何かの用事で、お断りしたことでした。末松様、私は、膝が悪くてウォーキングはできませんが、元気なうちに何処かでお目に書かれますよう願っております。父上のお墓詣りも希望しています。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今泉のブログ(たった一人の... | トップ | 18.事件関係者の息子が実際... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。