混合性結合組織病と歩む

MCTDは患者数が少なく、個人によって病状が異なるため、少しでもこの病気に関わる情報を発信していけたらな、と思います。

やってしまった

2016-10-16 00:33:16 | 日記
レガースの装着位置が悪く、逆に酷い痣を作ってしまいました。

その日は、脛に朝からいつもと違う痛みがありました。
私の足は筋肉がほとんどなく、ふくらはぎの前面に触れると骨を触っているかのようです。

レガースはふくらはぎの外側をカバーするように付けているとレガースの端が丁度脛の上にくる形になっています。
レガースがサポーターによって脛の骨に当たりその下の血管を圧迫して痛みが出る。ということは以前からあり、痛いと感じた時にすぐにレガースをサポーターの下でズラしていました。

今回もいつもと同じようにちょっとズラしたりしていたのですが、うまく位置をズラせておらず、休憩時間に確認したら、ふくらはぎ前面が真っ赤に腫れていました。

色々調べた結果、表在性血栓性静脈炎かと思います。
レガースの端がちょうど静脈に当たり、上からサポーターで圧迫されることにより、静脈を圧迫して血栓を作ってしまったのだと思います。

表在性血栓性静脈炎の画像や症状から間違えないと思います。

右脚に炎症が起こっているのですが、左脚と比べると、3cm腫れています。炎症箇所は真っ赤です。少し水ぶくれが出来ているのではないかな、とも思います。

横になっている時は一定量の血液が流れているので痛みはないですが、急に立ち上がったり、歩き出す際は筋肉のポンプ作用によって急に大量の血液が押し流されるので、足を動かした瞬間に激痛が走ります。
しばらくすると、普通に歩けるようにはなります。

処置としては、塗り薬等が書いてありましたが、自然治癒を待つそうです。

できれば来月末までに完治してほしいです。

以後、気をつけます。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 痣を作らないために | トップ | 魔法の靴 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。