XMMのHAMライフ

日々、CQCQと仲間との交信を楽しんでいます。移動運用が何よりの楽しみです。

宮崎県北部移動

2016-10-13 | 移動運用

宮崎県北部滝移動
この3連休で移動を計画したが、天候と全市全郡コンテストで断念する。
翌日もコンテストログなど整理していたら出そびれる。
翌朝ゆっくり朝食して出かける。やっと重い腰を上げる。
滝はこの年までに宮崎県内では4カ所しか行った事はない。おせりの滝も前のR-327は良く通るが滝を覗いた事はなかった。
今回この時とばかりに、一眼レフを充電し万全の準備していたが、何と何と忘れてきてしまった

 

美郷町 おせりの滝 (大斗の滝)


宮崎県東臼杵郡美郷町「おせり滝」   7MHz  130局
08:10 QRV 遅い時間からでこんなもんでしょうか?    おせりの滝キャンプ場前。


先の「台風16号」入り口は立ち入り禁止の表示。運用中に1台車が行ったのでQRT後にそばまで行き上る事にする。
程なく行くと1mはあろうか流木でふさがれていた。台風の濁流がこまで水が来た事を示している。


滝は何段にもなって流れ落ちる、壮観である。上の方もまだ数段あった。
展望所はこちら側に3カ所ある。この写真は第1展望所からの滝。


この写真は第2展望所から。上の写真では見えなかったが上に2段滝が見えた。
第3展望所もあったが時間の関係で行かなかった。
一眼カメラだと滝に焦点が合わされるのだが、忘れてきて致し方なし。 水量がまだ多く迫力があった。  落差70m。


美郷町 雄滝


美郷町(旧北郷村) 雄滝  7MHz  72局
写真右手の下が県道、ここから左折するのだが案内の字が消えかかっていた。
細い道を進むとやがて砂利の林道、
そこから車を置いて山道を歩いて進むのだが詳細な案内板はなかった。
すぐそばだが時間の関係で滝は今回訪れず。やっと回れる車置き場でUターン。
引き返してこの看板の所で尋ねたら、目の前の一段高い所に地区の集会所があった。
下の道路からだと全く分からず。

 

美郷町 舟形轟


美郷町 舟形轟   7MHz  202局
宮崎県内、良くツーリングもしたがこのルートだけは走っていなかった。
お地蔵様はこの地区の「宇名間地蔵尊」のレプリカであろうか。火の守り地蔵で有名である。
暗くなるまでやった。
この後、翌日の運用地とお風呂に入るため高千穂町まで走る。

 

 

五ヶ瀬町 鵜の子の滝

五ヶ瀬町 鵜の子の滝   7MHz 240局
美郷町から夜道を高千穂まで走り高千穂温泉で入浴、道の駅「高千穂」でビバーク。翌朝早朝五ヶ瀬町向け出発。
着いたときはまだ真っ暗。 雑木と杉林の囲まれた駐車場がある。この手前で今回も鹿と出くわす。
急ぎヘッドライト点けて設営する。終わった頃に空が白み始める。快晴ではないようだ。
後で分かったが、この車の先は何と滝壺であった。


急な階段の坂を下りると目の前に滝があったが、それは違う滝であった。
さらに下ると水量豊かな滝が現れる。滝壺も大きく周りの崖の岩肌にも圧倒される。この大きい滝壺も写真撮る位置まで漂流物があった。
5m~6m位で家の軒先か屋根くらいまで高さに相当する。台風16号ではすごい水量であったに違いない。  落差40m  滝つぼ面積5000㎡  滝全体の空間は野球場くらいあった。

 

高千穂町 高千穂峡(真名井の滝)

 
高千穂町  7MH  296局
高千穂狭は現在宮崎県の観光地では最高の人気スポットになっている。 第一駐車場に駐車して早速運用許可を得る。
第二、第三の駐車場は無料というので行ってみる。第二は渓谷の中で坂道、おまけに頭上に電線があり第三駐車場に行ってみた。
ここは広く離れているためシャトルバスの発着場になっていた。
本日は平日で第一駐車場以外は車はなかった。
下の橋の先が高千穂峡でその上の橋が現在の橋。橋の左手に「道の駅」がある。
従って道の駅の方が滝には近いのであるが「高千穂峡」と言う事で、第三駐車場で運用した。

 

日之影町  八戸観音滝

日之影町 八戸観音滝  7MHz  200局
日之影の道の駅でビバーク。 朝方冷えた、のち分かったがこの秋一番の冷え込みであった。
八戸(やと)地区は一番手前の地区になる。以前は五ヶ瀬川沿いを国道が通っていたが現在はこの後方の山の上を通っている。
滝を確認後、運用場所を探しに再び戻ってきた。ちょうど朝のウォーキング中の人に会い、尋ねたら目の前のこの場所を教えて頂く。
入り口にはU字型のパイプの柵があったが、鍵はしてなくて皆のものなので許可もいらないと教えてもらう 天気は秋晴れとはいかなかった。 滝との距離は直線で300m程。

運用終了後に再び滝を訪れ写真撮影。落差40m。
 

門川町 津々良の滝(お滝さん)

門川町 津々良の滝(お滝さん)  7MHz 115局
日之影町からここまで来る間に、全面通行止めに遭い迂回する。すると今度は時間規制に引っかかる。
この途中で道を尋ねたら、前の台風16号で県道をはさんだ自宅の床上まで浸水したという。
県道を走っていても至る所で、痕跡が残っていた。川沿いはえぐられたり、流木やゴミが相当の高さまで確認でき、小さい沢からはミニ土石流のように道路に流れ出て、重機で取り除かれていた。
この写真後方の右手より滝に向かったが、程なくして通行止めの看板、無視して進むと林道の路肩が崩れたり、どんどん道は細くなりついに断念する。こういう時大きい車は無理が利かない。
聞き返して滝への道路入り口に広い所がありそこでQRVする。
本日は、帰る予定で局数は物足りないが、夕方のコンディションまでには相当時間があり、帰る事にした。
お勤めで、交信できなかった方々には申し訳なく思っています。

今回、2泊3日。 7ポイント 交信数 1255局でした。
有難う御座いました。 また暫くしたら移動致します。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 宮崎県児湯郡都農町移動 | トップ | スラッジ »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
お疲れ様でした (jf6twe)
2016-10-14 18:54:49
こんばんは
お疲れ様でした、いやいやいつもながら、、7ポイントも回ったんですね、全部は出来ませんでしたが、有難うございました。1255局凄い!夕方もフェードアウトするまで頑張ってるんで、勤めから帰った局もなんとか間に合いますね、一箇所で長時間の運用、頭が下がります。台風17号の爪痕も凄いです。また次回の移動、楽しみにしてます!
有難う御座いました。 (Ben)
2016-10-14 20:59:59
今年は色々あり固定で出る事が多くなりました。固定にいるとお尻に粘着テープで張り付いてしまいます。
今回もやっと剥がしてきました(^_^;)
今回の台風は約10年前の19号以来の災害だったようです。
川沿いの県道を走っていて対岸の水位の後が残っていました。
滝壺も漂着物がここまで来たのかと思うとゾッとするような場面もありました。
最後は、最終まで番張るには数時間あり、既にカムバックモードになっていましたので帰りました。
それでも100数局はやっていました。
用意していた一眼カメラを忘れたのが悔やまれます。いつものデジカメでした。
また、移動します。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。