ウィリアムのいたずらの開発日記

ウィリアムのいたずらが、コンピューター関係について、思ったことを好き勝手に書いているブログです。

Java Day Tokyo2017に行ってきた!その1

2017-05-17 20:43:55 | Weblog
5月17日、Java Day Tokyo2017に行ってきた!

まずは基調講演からメモメモ・・・なんだけど、はじめの10分くらい聞き逃したので、そのあとから。



■(途中から)
JavaEE8、JavaSE9 7月にリリース予定

■オラクルの副社長さんの話
・新しいイノベーションが始まる前:変革の時期
 Javaが今後も支配的
・数年前の懸念
 Javaは死んだか?→これからも繁栄
 Oracleに買収され懸念が払しょく
・Java オープンソース
 OpenJDK 136% 
 非Oracleの社員がOpenJDKに参加
・イノベーション:成功要因
 成長の継続、クラウドのアクセラレーション
 クラウドにJava→次のイノベーション
・自動車の車載:Java使われている
 エンタープライズ:Java使われている
 20年間Javaトップ→支配的なプログラミング言語
 職を失っていない
・Javaの哲学を守ってきた
 もだないぜーしょん
 オープンかつ透明性:エコシステムとしてよりよいプラットフォーム

・Looking Ahead
 クラウド:多くのメリット JavaSEはクラウドの中でNo1
 今後さらに前を:Javaのテクノロジーの進化
  セキュアランタイム
  運用費を下げる
  集約度の改善
  マイグレーション:マイクロサービス
   →スタートアップ時間の改善
  ビッグデータ対応:数テラバイト→ぺたバイトへ
  プロファイリング;Androidサービス

・先月
  Javaパートナーシップ:Dockerとのパートナーシップ
  DockerのイメージでJavaが入っているのがもうじき
・Java9
  Javaランタイムの分解
  必要なサービスだけ使ってもらう
  セキュリティもよくなる
  隔週でアーリーアクセス
・モジュールシステム
  JDKをいくつか
  JShell:Javaプラットフォームとのインタラクション
      Javaへのすくりぷてぃんぐ
  Internal APIのカプセル化:脆弱性をなくす
  コンパイレーションの細分化:Staticも→スタートアップでスピードあがる
・Java9の後
  バルハラ:よりよい最適化→インメモリ
  パナマ:ビッグデータがターゲット Hadoop かふかなど
  ボトムレイヤ:GPUで実行をターゲット Java Once:GPU,CPUを決められる

・お客様のユースケース聞こう!

■まつだ
・新型ロードスター工程動画
  →Java使われている
 エンジン、車軸、最終組立
 ALC:アセンブリラインコントロール
   部品を選ぶ:数字・ひらがなで表現→Javaで開発
 こんりゅう生産
・マツダにおけるJava
 おおきく2つ
   旧来:
    工場:ビジネスプロセスのサポート
      機能、非機能要件を満たす
     →共通の開発環境、共通のアーキテクチャ、共通の開発ルール、共通のFramework
      RESTで通信、ドメインモデル。
    自動生成ツールでより生産性を上げる
    基幹系の業務アプリケーションに使われている
    重要になってくるのは
      長く使い続けられることができること
      下位互換性

   新しい流れ
     ・組み合わせ
       関数の組み合わせ Strategy Patternを関数型へ
     ・大量データ
       ヒープつかって
 期待
   共通のフレームワーク
    問題はあります:大きくなってくる
    モジュール化に期待:じぐぞー
    大量データ:GCの問題→G1GC
     BigData/AI時代のJavaは

--------------ここまで------------

JShell:認識かえる

■よしだしんやさん
Jshell
 Mavenプロジェクトの中からJShell
 →インタラクティブ:コードをうつと即座に返ってくる
 インポートして利用
 補完機能付いている
→プロトタイプの作成

--------------ここまで------------

デモ:自転車競技

■自転車競技における定量化手法による強化事例紹介
・定量化ツールとしてのパワーメーター
   応答がはやい
 →選手の自転車につけ、活動観測
  3つの指標
   目標の定量化:生き残るための仕事量
   選手能力の定量化:持久力→血中乳酸、
   トレーニングの記録
・システムの説明
  選手;すまほでデータRESTで通信
  サーバーでデータ分析
  コーチ:検索→KVSに
      表示:JavaFX
・デモ
  東大すごいという紹介
  このひともすごいという紹介
  でも:1000Wくらいでる?

--------------ここまで------------

・まとめ
 フィードバックください
 イノベーションを続けていきましょう
 OpenJDKで

■JavaEE Update
(・いままでやってきたこと)
・さいきん、HTML5サポート、
・要件に適応
 →エンタープライズコンピューティング
 さまざまなインプリ
 おおくのアプリが成功例
 カスタマアプリ、ミドルアプリも
 Dockerコンテナでも
・JavaEE API
 ほかのオープンソースでも利用される
・JavaEEのつぎなるもの JavaEE8
 今年中、できれば夏
・マイクロサービス:自己完結型、Dockerコンテナで
 マイクロサービス:ぽりぐろっと、インターオペレーションでいる
   HTTP/2、REST、SSE、JSON
・JavaEE8で
 プラットフォームの近代化:軽量プロトコル、りあくてぃぶ、CDI、セキュリティ
 大きな変更の入るところ、はいらないところがある
 2つは新しいJsonまいにんぐ
・大きなアップデート
 JAX-RS:
   リアクティブ クライアント API
 HTTP/2のサポート(サーブレット4.0で)
 JSOB-B
 JSONの機能も強化
 CDI
 ビーンバリデーション
 JSF:近代化
 セキュリティ1.0:アイデンティティストアの標準化

・JavaEE8のベネフィット
 リアクティブ REST クライアント
 でも:旅行
  同時の処理が行われている、複雑→リアクティブ
 従来型のコードを書くと、ネットワークエラーとか大変
 ぐらすふぃっしぃ5
  HTTP1.1 10秒
  HTTP/2   4秒&セキュア
 →同じプログラムで変更いらず

・JavaEE8:GitHubに移行
 リファレンスインプリメンテーション GlassFish5
 ブログ見てね
 Oracle:商用サポート WebLogic サーバー 12.3.1
 ブレークアウトセッションで

■JCPについて
・JCP:Java開発者のニーズ
 メンバー
  あくせすさん、あぷりっくすさん、ふじつうさん、ひたちさん、NECさん・・
 2002年 日本で開催
 開発者はなぜ参加
 JSR:スキルのびる、世界の状況見れる
 企業としての参画
・We Need You!
 JCP.ORGみてね

■せばすちゃんさんなど
・オートバイのツアー、また日本でします!
 ないとはっきんぐ。こむ チェックしてね
・オートバイのってるだけじゃない
 アンカンファレンス:Jおんせん
 http://jonsen.jp みてね!

■すずきさん
・10年目のコミュニティ
 参加者:2年前3249名→今6300こえる
  アクティブに来てくれる人の8割が20代、30代
 クロスコミュニティカンファレンス
  JJUG CCC
 ナイトセミナー
・なぜコミュニティに参加するの?
 一緒に考えてくれる仲間
 すごいエンジニアを知ろう
 発信して勉強しよう
・参加方法
 コミュニティに登録
 SNSをフォロー
 
■日本オラクルの人
・ブレイクアウトセッションたのしんでね
・お昼休みセッション
・アンケート




ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 統計ダッシュボード | トップ | Java9と、そのあとの話... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む