ウィリアムのいたずらの開発日記

ウィリアムのいたずらが、コンピューター関係について、思ったことを好き勝手に書いているブログです。

Intel Edisonが入った小型のロボットSotaはLineに投稿するだけじゃない

2016-10-12 14:22:37 | Weblog

自律移動ロボ用「インテル RealSense ロボット開発キット」とかROSとか聞いてきた
http://blog.goo.ne.jp/xmldtp/e/49725ecafdce46212833733bcbfd3468

で”「人とモノ・ロボット」のコミュニケーションの可能性”のところで出てきた、
ブイストン株式会社のロボットSota(そーた)について、講演のあと、展示してあるところで
話を聞いてきたので、メモメモ

ちなみに、Sotaは

な感じのロボット(https://sota.vstone.co.jp/sota/ より引用)
この図だと、縮尺が分からないので、デアゴスティーニのロビを
思い出すかもしれないけど、あれより大きい。
(ただし、Sotaの開発元ブイストン株式会社の顧問の1人が
 ロビの作者高橋智隆氏。もう一人の顧問が、あの大阪大学の石黒先生)




【質問と答え】

Q:SotaはEdisonが入ってるの?

A:入ってる

→だから、インテルのセミナーにでていたのね。やっとわかった(^^;)

Q:SotaはLineとしか話が出来ないの?

A:そんなことはなく、いろいろできる。その中の1つとして、
 Lineへの投稿ができそうだったので、提案したかんじ。

Q:いろんな開発は、SDKでやるの?

A:SDKでもできる。ただし、込み入ったもの、たとえば今回のLine投稿の
 ようなものは、Javaで組んで、中に入れている。




【興味を持ったので追加調査】

・Sotaのページ

https://www.vstone.co.jp/products/sota/

Edison版とRaspberry Pi2があるみたい。

価格は21万円強

http://sota.vstone.co.jp/home/category/item/


コミュニティがあり
https://sota.vstone.co.jp/sota/index.php
そこのドキュメント
https://sota.vstone.co.jp/sota/resource/documents/index.php
に、操作方法とかJavaのプログラムみたいなことがあるみたい。
講習会もあるみたいよ・・・

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「安全性論証」がソフト技術... | トップ | Javaのラムダ式とStream API... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む