ウィリアムのいたずらの開発日記

ウィリアムのいたずらが、コンピューター関係について、思ったことを好き勝手に書いているブログです。

Java9と、そのあとの話を聞いてきた!

2017-05-18 02:51:17 | Weblog
5月17日、Java Day Tokyo2017に行ってきた!のつづき



■Java9 and Beyond:
Java Ranaissance in the Cloud

・Javaの技術:いえおんなところに
・Javaの問題点改善
  メモリ、静的リンク
 優先度:重要なのはセキュリティ
  サービス:数週間という要求→導入期間数週間
 ユーティリティコンピューティング
  信頼性、堅牢性
 コンテナの軽さ、マイクロサービス
 予見性
  メモリ管理、GC
 開発者へ影響度の少ないもの
 クラウドの拡張性
 アプリケーションのパフォーマンス

・Java9
 メインリリース
 モジュラー化:モジュールをカスタマイズした形で
 ぜひフィードバックください

・モジュラー化jigsaw
  パブリックAPIとプライベートAPI
 上位互換性担保するのが難しくなってきている
 Java9:カプセル化
  互換性重要

  セキュリティ
   モジュールシステム:アプリケーションが必要なものだけを

   →RMI:悪意のアタッカーがアタックしようとしても、RMIがなければできない

 Jりんく
  ツール
  コンパクトなイメージ作れる
  カスタム化が可能(アプリ必要なものだけ)
   ユニークなコンフィグレーション

・Java9 JVM
  プロファイリング
  カットパス
  JITコンパイル
 
 AOT
  静的なこんぱいる
  スタティックとダイナミックの統合

・JShell
 Javaですくりぷてぃんぐ

・G1ガベージコレクター
 拡張できる
 巨大なオブジェクトの場合

・JavaSEAdvanced
 ミッションクリティカル
 2つの機能
  Javaフライトレコーダー:最小限のオーバーレイ
  アドバンスド マネジメント コンソール

・サポート
 皆さんと一緒に考えていく

・フライトレコーダー
 情報収集
 時間短縮
 サービスはうまくいっているけど、クラッシュ→フライトレコーダー
 洗練されたコンソール
 どこでもんだいがおきているか、わかる
 なおして

・アドバンスドマネージメントコンソール
 サーバーとエージェント
 サーバーでエージェントの情報を統合

 デプロイメントルールセット
  特定のアプリケーションが、このランタイムをつかっていいという指定
  →セキュリティレベルが低いJavaに依存している場合

・9の先
 ユニフォームモデル:さまざまなタイプ
 メモリー:コンパクト
 相互互換性
 コンパチブル
 パフォーマンス

・ばるはら
 最適化している
 X Y2つのフィールド:Javaの領域いっぱいとってしまう
  →キャッシュ
  コンパクトなものを探している
  Cみたいに

・ぱなま
 GPU実装

・まとめ
 9すばらしいよ、9

・Q&A:スケーラビリティについて
 Java:ヒープのオブジェクト管理にかかわってくる
  →G1
   並行で実行できるようになる
 GPUのパフォーマンス改善も考えている
 密度化:メモリ
 →やることいっぱい。認識はしている
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Java Day Tokyo2017に行って... | トップ | JavaEEでのWebアプリケー... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む