ウィリアムのいたずらの開発日記

ウィリアムのいたずらが、コンピューター関係について、思ったことを好き勝手に書いているブログです。

お菓子を、ハックする

2017-01-17 15:45:56 | Weblog
お菓子の製造工程やヒトの感じるおいしさついて、科学やテクノロジーの視点から取り上げてまいります。運営元は、お菓子屋さんである株式会社BAKEの研究開発チーム「OPENLAB」


OPEN LAB
https://bake-openlab.com/

(太字は上記サイトのリンク先「OPENLAB Review」ローンチのご挨拶」から引用)

この記事をはてなブックマークに追加

照度センサー使ってみた!

2017-01-17 10:47:06 | Weblog
暗くなったら、なにかするということをしたくて、
CdSの光センサー(こんなの)を買いにいったんだけど、結局何処で売っているのかわからず、
めげて、マルツにいって、NJL7502Lを買ってきた!
で、使ってみて、うまくいったのでメモメモ


買ってくると、一方の足が長い・・・つまり、ダイオードなので、

長い足(アノード)を+に
短い足(カソード)を、抵抗を入れて-につなぐ。

抵抗は、手元にあったのが茶・黒・橙だから・・10KΩだね。

そして、カソードと抵抗の間を、PICのアナログ入力につなぐ。
(もちろん、PICのGND,VCCはつないであること前提)

そうすると、照度センサーの前に手をかざすと数値が下がる。

めでたし、めでたし

【参考】

照度センサ(フォト・トランジスタ)NJL7502L
http://www.eleki-jack.com/akifan/2012/08/njl7502l.html


この記事をはてなブックマークに追加

Pythonを覚える為の本の選び方

2017-01-17 01:33:13 | Weblog
初心者がPythonを覚える為の本の選び方を体系化してみた(2017版)
http://shinyorke.hatenablog.com/entry/2017/01/15/170602






この記事をはてなブックマークに追加

バッテリー容量を知るには?

2017-01-16 14:30:36 | Weblog
バッテリー容量を知るには、電圧を測ればいい。
バッテリーは「放電曲線」というのがあって、
バッテリー残量に応じて、電圧が変わる・・・

っていうけど、

正確なバッテリー状態の見方と電圧計測の難しさ
http://www.chikuden-sys.com/basic/voltage.asp

にあるように、電圧だけではむずかしい。

実際には、

「インピーダンス・トラック」を使う高精度な電池残量計IC、デジカメやマウスなどの新用途開拓に向けて低コスト版登場
http://ednjapan.com/edn/articles/1303/04/news013.html

にあるように、「電圧を測る」を含め、方法は4通りある

・電圧測定方式
・クーロン・カウンタ方式
・電池セル・モデリング方式
・インピーダンス・トラック方式

細かい説明は上記サイトに譲るとして(書いてある)、
現実的には、これらを使って、残量を示すICが売られている。

マキシムにおいて、それらのICをまとめたページは

バッテリ残量表示:充電レベルの正確な測定
https://www.maximintegrated.com/jp/app-notes/index.mvp/id/3958

最後のほうにある、DS2780がそれにあたると思う。

TIからは、インピーダンストラックを使うものが出ている。

TI、バッテリー残量を正確に予測するICを開発
携帯電話などのバッテリー残量を、99%の精度で予測できるという。
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0709/26/news017.html

には、bq27500が書かれているが、現在供給中なのはBQ27510-G3

ただ、個人では入手困難。

個人の場合には、

LTC4150搭載クーロンカウンタ方式電池残量計測ICピッチ変換基板
https://www.switch-science.com/catalog/1967/

スイッチサイエンスさんから売っている。


※電池監視ICなんていうのも、こういう範囲?

この記事をはてなブックマークに追加

WebVRコンテンツ制作入門とか

2017-01-15 01:56:24 | Weblog
1月14日、
シン・Web VRとか文化祭
https://html5j-webplat.connpass.com/event/47239/

に午前中行ってきたので、その内容をメモメモ
(途中からなので、始め抜けている)



■【基調講演】WebVR とそれを支える技術

(途中から)

WebVR
 Webの特長を生かしたVRプラットフォーム
  a-painter,
  そのうち、シューティングゲームも

基盤技術:WebVR API
 表示、センサーの抽象化などの抽象化(オキュラスでもなんでも。。)
→それ以外にも必要
 ゲームパッドAPI
 WebGL:OpenGLのラッパー WebGL3
 出力系:WebAudioAPI→空間音響

WebVR
2つやらないといけないこと
 ・ヘッドセットの取得(HMDの取得)ナビゲーションの下にある関数で配列で取れる
 ・アニメーションループ
  60fpsだと遅い(酔う)、120fpsで動かさないと→ちがった形で描画
Getポーズで、どこ向いてるかとかが取れる

関数呼んでワンショットでとる:最新の値をとるため
リンクトラバーサル:違うページにとばせる
  Windowsオブジェクトのロケーションで飛べる→コレ使っている
  VRコンテンツによって、ロケーション先がきりかわらないといけない

モバイル用:

なにかつかう
 ・Unity
 ・playキャンバス
 ・A-フレーム:タグでVRコンテンツが作れる

 Aフレーム:コンポーネントベース
 →エンティティが基本:特徴を付けていく

 コンポーネントの作成
 →コンポーネントレジストリ(Unityのアセットスターみたいなもん)

 インスペクター
 すらっくがある
 Aフレームのサイトにいくと今週面白いものみたいなのがある

まとめ
 YouTubeみたいなVR→リンクを人に渡せば見れる




■WebVRコンテンツ制作入門

・自己紹介
 JSだけでVRができる
 制作したコンテンツ

・今日のゴール
 WebVRでコンテンツ作ってみよ!
  →つくったことあるひと 5人

・俺の考えるWebVRとは
 昨年は、VR元年と呼ばれた:WebVRもくる?
 →今年は幻滅期?
 VRの成功・活性化はWebがかぎ
 がちVRに比べて、少しだけVRを使うことも出来る
  ちょこっとVR
 →ECサイトの商品紹介をVRにする
  Amazon:VRの人採用
 経験を検索して体験する Google

 VRはWebでこそ活きる

 ハイパーリンクの仕組み

 WebVRとネイティブVRは補完関係
  映画館とYouTube

・簡単に作るためのフレームワーク
 WebVR Boilerplate
  モバイルにも対応してくれる three.jsしらない人(1、2人)
 A-Frame
  タグを書くだけで出来る。ベースはthree.js
 Vizor
  playキャンバスににているけど、3D専用
  いきなりUnityみたいな編集画面 VR向け

・WebでVRやろう!
 基本はWebGLでレンダリング
 WebVR APIの出番はあまり多くない
  頭の位置をとってくる→カメラの回転に与える:それだけ
  表示する
 VRコントローラーはGamepad APIを使う

・WebVR制作入門
 今回はthree.js。ブラウザはVRモードを搭載していない
  →WebVRエミュレーター GetVRDisplays

app.js-----ここから、めもしきれていない----

(function(THREE){
'use strict';
let width=window.innerWidth;
let height = window.innerHeight;

しーんつくる
 let seane = new Three.Scene();
ぁめらつくる
let camera=new THREE.PersrectiveCamera(75,width/height)

scene.add(camera)

let renderer = new THree.webGLRenderer();
renderere.setSize(wirdth,heihght);
document body.appChile(きゃんばすつくる)

let loader = new Three,てくすちゃれんだらー
oader.load(・・・・あ);

let geo = じおめとり
let mat= まてりある

let sky = new

scene.add(sky)


function animate(){
 れんだらー。れんだー
 りくえすとあにめーしょんふれーむ
}

-----ここまで、めもしきれていない---

VRのことをしていない→カメラの位置

・これのVR対応
 カメラのVR化
  let vrcontrolls

 アニメーションのところで
  vrcontrolls.update();

  vreffect→アニメーションのところのレンダらーを変える

・基本的にWebGL(Three.js)でコンテンツを作る




■展示紹介
・テレビ朝日メディアぷれっくす
 試作品:ライトセーバー体験
・HTC ばいぶ
・TMCM ほろれんず(らいしゅう)のかわりにきねくと
・HTML5j たんごのじっき、とらんすこすもすさんのなんか
・ひるまさま Unityのパズルゲーム
・GMOクラウド ホスティング
・どすぱら WebVRでも A painter
  


この記事をはてなブックマークに追加