ウィリアムのいたずらの開発日記

ウィリアムのいたずらが、コンピューター関係について、思ったことを好き勝手に書いているブログです。

タイムゾーンの変更あれこれ(時代は変わったのだよ・・・)

2017-08-22 13:48:56 | Linux
タイムゾーンがUTCになっていた。

そのマシンに対して、ある開発者の人が

・・・ファイルをコピーして・・・

ちょっと、ちょっとまって!どこのファイルコピーしようとしている?

/etc/sysconfig/clockとか、/etc/localtimeとか?

たしかに、

【Linux】タイムゾーン(Timezone)の変更
http://qiita.com/azusanakano/items/b39bd22504313884a7c3


には、そうやって書いてあるけど、このマシンのOSは、RHEL7
なので、そうではないのだよ・・・

タイムゾーンを変えるには

sudo timedatectl set-timezone Asia/Tokyo

してね!(詳しくは

タイムゾーンの設定方法をメモ(RHEL6, RHEL7, Ubuntu編)
https://siguniang.wordpress.com/2015/03/20/set-timezone/


を参照のこと)

Linuxの時代は変わって、昔は、ファイルいろいろ直していたけど、
今はsystemctlで、ごにょごにょする時代なのだよ・・・

【参考】
CentOS7で使われているsystemctlについて少しまとめた
http://qiita.com/tukiyo3/items/092fc32318bd3d1a0846



※どうも、「いや、何処のファイルを変えているのか、私は解らない
 といった言葉が、/etc/sysconfig/clockとか、/etc/localtimeの
 ことを知らないと解釈され、そこに入れようとしたらしい。
 そうではなく、RHEL7には、/etc/sysconfig/clockがない。
 timedatectlで、なにかを変えているんだろうけど、それが何処だか
 解らないという意味。わかんなくっても、コマンド打てばいい。
 そういう時代に変わったんだよ、世の中が・・・

この記事をはてなブックマークに追加

開発のための便利なサービスを聞いてきた!

2017-08-21 23:40:36 | Weblog
8月19日、オープンデベロッパーズカンファレンス2017に行ってきた話第二弾

DevOpsへの準備
便利なサービスで開発効率アップ
開発のためのSaaS利用

をメモメモ




・自己紹介
  夢のようなセミナー:導入するとできない

・なぜサービスを利用するのか
 ツールの運用コスト削減
 適切な情報共有
 新しい文化に触れる

・ツールの運用コストの削減
 サーバーの容量不足
 セキュリティリリース
 アクセス重くなった
→RedMine

・適切な情報共有
 社外の人との情報共有
 常に最新の情報を見たい
 違う職種の人との情報共有

・新しい文化に触れる
 アジャイルやスクラムの文化
 クラウドの文化
 西洋の文化

・便利なサービス

 チャットクライアント
  Slack
  Skype
  ChatWork
  HipChat

 課題管理
  Backlog
  Pivotal tracker
  Github issue(zen hub)
  Asana
  Troli

 ソースコード管理
  Github
  Bitbacket

 ドキュメント共有
  Googleドキュメント
  Microsoft 365
  Dropbox
  Evernote
  Github

 デザイン共有
  prott
  inVision
  zeppelin

 adobe XT

 サービス確認
  Uptime Robot
  Pingdom

 その他
  NewRelic サーバーの状態監視 AWS くらうどWatch
  log entries ログの外部保存
  loder.io 負荷テスト
  rollbar.js エラー自動取得

・連携
 Dockerで共有

・とにかく集約する
 うちのばあいはslack

・まとめ
 熱意あるエンジニア
 運用管理のコスト
 使いづらければ別の物
 slackを止める勇気w


この記事をはてなブックマークに追加

無償のクラウドWebアプリ開発環境K5 Playgroundを聞いてきた

2017-08-19 23:17:51 | Weblog
8月19日、オープンデベロッパーズカンファレンス2017に行ってきて、

Cloud Applications by K5 Playground

を聞いてきたので、メモメモ




・自己紹介

・K5
 富士通のクラウドサービス群のブランド
 K5→なれっじ+5たいりく

・IaaSとPaaSを提供

・機能はいろいろある
  →ご紹介資料が183ページ

・主な開発者向けサービス
 CloudFoundry
 APIマネージメント
 Githubエンタープライズ
 IoT基盤

・K5とクラウドサービス
 ところで、クラウド用のアプリって、どう作ればいいの
 The Twelve-factor App
  →Herokuのエンジニアが2012年に提唱

 コードベース:いろんな環境

 依存性を明確に

 config

 バックエンドサービス
  URLで提供されるサービスを利用しよう!
  それがローカルでもリモートでも

 ビルド・リリース・実行

 プロセス:アプリの中にステートを入れるな!超重要

 ポートバインディング:機能はポートを通して提供

 コンカレンシー

 ディスぽーざびりてぃ;停止・たちあがり・破壊前提

 環境の一致

 ログ

 コマンド一回たたいて管理

・何をどう作る
 ステートレスなAPIサーバー
 交換可能なバックエンド
 リポジトリでコード管理
 コンテナベースのPaaS

・何をしてはいけない
 秘伝の実行環境:サーバーは壊れるもの
 アプリがステートの塊

・イマドキのWebアプリって、どう作ればいい?
 こういうの作りたい
 Webアプリケーションのこれまでの経緯
   ものりしっくパターン
   マイクロサービスパターン:REST API

 ブラウザとモノリシック
   フレームワーク選定が重要だった

 アプリ & モノリシック
   ネイティブアプリの登場

 ブラウザー&App
   モバイルファースト
   二重開発(APIが強くなる)

 SPA モノリシックAPI

 SPA~マイクロサービス
  フロント:バックエンドはJSON返してくれればOK
  バックエンド:責務最小化

 SPA~オーケストレイテッドAPI
  APIゲートウェイを介す
  API as a Product

 SPA~BFF(Backend for frontend)
  フロントエンドに優しいAPIサーバー

 SPAならBFFなら満たせるのでは?

・SPA
  フレームワーク選定
  言語進化への追従
  ビルド
  静的解析やフォーマッタ
  テスト

・APIの設計
  Restful/GraphQL
  API Description Languageの導入
  APIドキュメント
  バックエンドサービスの利用

・おてがるに:スターターキット
 作ってみた
 K5Playground
 →グーグルで検索

・K5 Playground
 クラウド用のWebアプリを作るツール
 無償で利用できる

・作れるアプリ
 SPA
 開発環境・設定
 BFF:Swaggerも

・BFF用のロジックも用意
 
・使い方
1.SPAを選択します
 テンプレートがあります
2.UIデザインをカスタマイズ
3.BFF
  APIを編集
  ロジックのカスタマイズ

・K5プレイグラウンドのSPA概要
 ReactとFlux

・React
  複雑なViewをつくる
  コンポーネント&ライフサイクル管理
  DOM

 Flux
  アプリのStateを単一方向のデータフローで管理

・どこでReact使われていいるの
  React developer Toolを使うとわかる
  AirBnB
  Lyft
  UBER
  NetFlix
  AbemaTV
  Twich
  キックスターター
  いんすた
  あめっくす、びざ、ぺいぱる
  NYTimes
  Wired
  Dropbox
  Apple

 ふれっくすぼっくす しらなくてもOK
 UI部品群、チャート、テーマ機能

・BFF
 Node.js:Expressベース
 Swagger-Node
 バックエンドだけで検証できる

・K5Showcase
 クラウドアプリ開発のチュートリアルサイト
 料理のようにアプリが作れる

・開発スタイル
 Github Enterprise
 デプロイさきは、くらうどふぁうんどりー

・デモ
 登録必要なし。無償
 ダウンロードして、ローカルでためせる
 showcaseにチャットボットの作り方

・フロントエンドにとっての12FactorAppとは?

この記事をはてなブックマークに追加

SELinuxやiptables(firewalld)を止める、ずっと止める

2017-08-19 02:32:01 | ネットワーク
【一時的措置】
(1)SELinuxとiptables(相当のfirewalld)停止

sudo /sbin/iptables -F
sudo /sbin/iptables -P INPUT ACCEPT
sudo /sbin/iptables -P OUTPUT ACCEPT
sudo setenforce 0




【永久措置】

(1)SELinuxの無効化
sudo vi /etc/selinux/config

表示されたファイル
SELINUX=enforcing

SELINUX=disabled
に変更

(2)firewalld自動起動停止
sudo systemctl disable firewalld

(firewalld = 昔のiptables)

【確認】
(1)SELinuxの確認
getenforce

(2)firewalldの確認
sudo systemctl status firewalld.service

(3)iptablesの状況確認
sudo iptables -L

この記事をはてなブックマークに追加

glibcのバージョンを上げる

2017-08-18 12:01:29 | Linux
いまさら・・感あるけど、上げ方メモ

●ポイント
glibcは単独では上げられない(他に依存している)ので、いっぺんに上げる。

●コマンド
こんなかんじ

sudo rpm -Uvh ftp://rpmfind.net/linux/centos/7.3.1611/os/x86_64/Packages/glibc-2.17-157.el7.x86_64.rpm ftp://rpmfind.net/linux/centos/7.3.1611/os/x86_64/Packages/glibc-common-2.17-157.el7.x86_64.rpm ftp://rpmfind.net/linux/centos/7.3.1611/os/x86_64/Packages/glibc-headers-2.17-157.el7.x86_64.rpm ftp://rpmfind.net/linux/centos/7.3.1611/os/x86_64/Packages/glibc-devel-2.17-157.el7.x86_64.rpm

●確認
rpm -q glibc



この記事をはてなブックマークに追加