花椿夕月の『雪*星*さざれ石』

投資関連、和歌解釈、観劇録などなど

☆2月13日 米国リート GO ! 345Pを回復(追加補筆あり)

2017年02月13日 | Weblog

↑↑ チャートは5日間であります。 右側は俺が登録した米国リート主要25

銘柄。 左側は普段監視しているアマゾン、バイオジェン、アップルなど。 

下はセクター別、国、地域別の指数。 青色ハイライトが欧州先進国リート指数

だ。


花椿です。

週末の米国リート指数はこんな感じになった。

■DJ米国リート指数 +0.57%、

■S&P先進国リート指数(米国) +0.76%、

■S&P500指数(不動産) +0.56%

■(参考指数)欧州先進国リート -0.21%

■FTSE NAREIT 米国優先リート指数 +0.03%

■10年債利回り 2.41%

トランプが「驚くべき税制案」を公表すると発言したもんだから完全にリスクオ

ンになった。 その割には10年債利回りがあまり動かず実質ヨコヨコ。 これ

で公益事業株やリートなどの金利に右往左往するセクターもまずまずだった。


リートの優遇税制に横ヤリが入る可能性は小さいと思うが、「驚くべき税制案」

と言われれば少しは警戒した方が良いかも知れない。 あとは14~15日のイ

エレン議会証言だろう。 追加利上げに具体的な発言があればアゲンストの風が

吹く。 


俺の監視下にある25銘柄(その大半がS&P500採用銘柄)は20勝5敗

だ。 セクター別では物流、オフィス、レジデンシャル系リートが強い。 一

番気になる米国リートの本丸、リテール系リートはこんな感じだった。 セク

ターパフォーマンスは+0.65%。(商業モールに限れば+0.21%)

■サイモン・プロパティ +1.03%

■GGP +0.39%

■キムコ・リアルティ +1.01%

■フェデラル・リアルティ +0.66%

■マセリッチ -0.07%

商業モール系リートは大手小売り株のいまいち感がややアゲンストであるが、

リテール系リート全体では決算の一巡感から好業績銘柄が買われてアウトパフ

ォームしたと思う。 投資判断の変更など個別材料は特になかった。


ヘルスケア系リート。 FTSE NAREIT U.S. Real Estate Index のセクターパフ

ォーマンスは+0.51%だった。

□ウェルタワー +0.73%

□ヴェンタス -0.05%

□HCP +0.07%

□ナショナル・ヘルス +0.70%

□オメガ・ヘルスケア +1.76%

大手ヴェンタスの決算は数字は良かったけれどもサプライズなしで一時はかなり

下げていた。 ただ前日に大下げして織り込み済みだったのもあって終盤に失地

を回復。 実質ヨコヨコで終わった。 全体的には前日の反動とかややドル高へ

傾いたのも追い風になったかも知れない。 オメガ・ヘルスケアは前の日のわけ

わからん急落(-5.56%)の反動で結構なリバウンドだった。


なお、私設不法移民収容施設を経営するGEOグループは+0.90%。 終値

43.57ドルだ。 2年前の上場来高値45.19ドルが射程に入ったな。


それと、俺がいつも気にしている数字を参考程度に。

■NYダウ 
20,269.37
96.97 (0.48%)

■原油
53.86
+0.86(1.62%)

■ナスダックバイオ株指数
2,976.30
-3.73 (-0.13%)

■アレリアンMLPインデックス
334.51
+0.48 (0.14%)

■S&P先進国REIT(日本含む)
1,024.69 +0.44%

■米国ハイイールド債(S&P)
+0.06%
利回り5.56%

■欧州ハイイールド債
+0.04%
利回り3.06%

■CCC社債
+0.14%
利回り10.07%

■AA社債
-0.06%
利回り2.71%

■BBB社債
-0.05%
利回り3.67%

■ドル建てエマージング債
更新情報なし

■フィラデルフィア公益株指数
625.10
+4.25 (0.68%)

■フィラデルフィア・ゴールド&シルバー株指数
95.42
+1.40 (1.49%)

■S&P金融株指数
394.13
+0.94(0.24%)

米国ハイに数日ぶりの上昇気流が吹いた。 S&P500指数のセクター別騰落

は生活必需品を除く残り10セクターがプラス圏。 大半の銘柄が値上りした感

じだな。 

欧州リート、オーストラリア・リートは次のとおりだ、、

英リート-0.21%

仏リート-0.51%、

Aリート-0.47%

なお、週末の結果を反映する「俺の5銘柄」は夜間の更新情報を確認してから追

加で書く予定であります。


じゃあね、

13日、朝6時35分記。

トランプが意外にフレンドリーな対応で貿易赤字、為替問題やわが国の金融政策

に具体的ないちゃもんはなかった。 今日の日本マーケットは完全に楽観論が支

配しそうだ。 願ってもない最高のシナリオじゃん。(特にJリート)

◇▲◎▽◆◇■☆●◎◇◆□▼◇★○●□◎◆◇■△●◇◆▽◎■◇▼☆□★

■俺の5銘柄(13日夜間更新)

(1)フィデUSリートF(野村)

*Hあり(290万口)10368円 +67円

(2)ニッセイ/AEW米国リートOP(三菱)

*Hあり(170万口) 8063円 +63円

(3)明治安田・ストラテジックリートF(大和)

*Hあり(415万口)10147円 +34円

(4)三菱国際・米国リートファンドA

*Hあり(21万口)10728円 +56円

(5)東京海上・グローバル・ヘルスケアREIT(野村)

*Hあり(80万口)9632円 +67円

全体的にベンチマーク指数の+0.57%を上回った。 ファンドのポートフォ

リオ主力のリテール系、レジデンシャル系、ヘルスケア系などが全面高したのが

大きいと思う。 ストラテジックリートFに限っては優先リートが主力になるか

ら他と値動きが違って当然。


問題は昨年の10月から突破できなかった345P前後の壁を越えられるかどう

か。 米欧共に金利上昇がジワジワ進行中だ。 正念場だな。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ☆2月12日 〔究極の暇ネタ... | トップ | ☆2月13日 Jリートのばら... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。