花椿夕月の『雪*星*さざれ石』

投資関連、和歌解釈、観劇録などなど

☆3月6日 口座の残高とファンドの現状であります

2017年03月06日 | Weblog

花椿です。

現時点の運用残高と主力ファンドの現状を書いておきます。

(米国リートファンドは別の記事に出しているで省略です)

■今朝の残高です。

         1月1日比   3月6日朝   出金(税込み)

三菱UFJMS +29.2万円  1861万円  32.4万円
 
大和証券    +45.5万円  1429万円  27.6万円

野村證券    +37.2万円  1755万円  16.2万円
__________________________________

       +111.9万円  5045万円  76.2万円

東京海上・米国リートFの分配金出金を含めて先週比で+24.2万円になった。

年初来では税金の戻し枠19万円を除いた真水の部分が約93万円。 いずれに

せよ現時点で生活費の出金を超える利益になっている。 先週のパフォーマンス

で一番大きいのは米国株ファンドの上伸だ。 株価とドル円上昇の両面でプラス。 

逆に米国リートファンドがアゲンストになった。

 
@三菱UFJMS証券

オプションを含めてドル建てアセットが多い。 ドル円上昇が追い風だ。 米国

リート関連は23万円しか存在せず、アゲンスト感は3社の中で一番小さい。

今思えばニッセイAEWの米国リートファンドを早めに処分したのが大きかった

な。

□東京海上・イーグルハイ(224万口)

*Wプレミアムコース 8531円 -21円

毎月85円の分配金を落としながら、いつの間にか8500円台へ復帰した。

トータルリターンもプラス。 金融セクター中心のポートフォリオも超絶。 こ

れ以上は言う事なし。 年初来ではドル117円との比較になるので+2.33

%だよ。

□ニッセイ・JPX400アクティブP(59万口)

*Wプレミアムコース 6380円 +49円

昨年末が6485円。 分配金360円を考慮したら実質は年初来+255円に

なる。 今のところは安泰だけども日本株の戻りがストップすると180円の分

配金が重くなるのも事実。 俺が59万口しか運用する気がないのはそれがある

からだ。

□三菱国際・米国ハイイールド債OP

*円コース(401万口) 8425円 -7円

昨年末が8310円。 分配金は120円。 年初来が+235円だよ。 円コ

ースでこれだけ出せたら圧勝じゃん。 年初来+2.83%。

□三菱国際・Jリート/不動産株F(120万口)

*Wプレミアムコース 6097円 +19円

昨年末が6467円。 分配金200円を考慮しても-170円のマイナスだ。

Jリートは個別があるし、そろそろ処分を考えた方が良い。 問題は12000

円の分配金をどこから調達するかだな。

□三菱国際・優先証券プラス(210万口)

*為替プレミアムコース 8687円 +19円

昨年末が8563円。 分配金は160円だ。 つまり年初来で+284円。 

トータルリターンも24883円のプラスに転換だ。 思うに、利上げ局面であ

りながら主力の金融債が逆行高したのが大きい。 ポートフォリオのCoCo債

や優先リート、優先証券は他の債券とは異なる動きをするのが妙味だな。 Jリ

ート/不動産株Fの乗り換え先に良いかも知れない。

□MUAM米国バンクローンF(122万口)

*ドル円プレミアムコース 7856円 +15円

分配金200円貰っているので手数料を含めた平均コスト8053円はぎりぎり

上回っている。 利上げには変動金利のバンクローンで対応だ。 カバー率10

0%じゃあるけど、オプションプレミアムが18.3%もある。 基準価額にし

て1440円。 少々、ドル円が下落してもあまり影響はないね。 

(記事修正:分配金は特配だった。 それを考慮したコストが8053円の意味

なのでプラ転まで200円不足していた)


唯一の失敗は投資額の最初の60万円を116円台で買った事。 残り40万円

は平均113円くらいだ。 したがってドル円の平均コストが115円になって

しまった。

□LM・オーストラリア高配当株ファンド

*毎月分配コース(43万口) 11547円 -3円

2月28日に50万円を投下した。 約定価額は11403円だ。 三菱の手数

料333円(2.92%)を加えた平均コストは11736円になる。 毎月分

配は200円! こんなに分配金出しても10000円を遙かに超える基準価額

を示現してるのは驚異的じゃまいか。 なお、週末に豪ドル円と豪株の双方が下

落したので10万円を追加発注してやった。(約定は6日)

□三菱国際・アジアハイイールド債券ファンド

*Hあり(63万口)9559円 -3円

先月中旬にNISA枠でGETした。 約定単価は9548円。 「Hあり」な

ので鈍重だけども、年初来では+2.17%でそんなに悪くない。 5年満期の

NISA枠で「Hなし」はリスクが大きいし、いずれ花が咲くと信じるぜ。


@大和証券

先週比では大和の跳躍が一番大きかった。 全体的に円安効果(特にツインネオ)、

JリートのMFLPの大反発など。 欧州系もまずまずだった。

■大和住銀・米国株ツインネオ(600万口)

*7181円 +4円

111円台の円高逆風から一時的に6900円台に下落する場面も見られたが、

その後は114円とトランプラリーで大復活だ。 年初来で+3.53%はあ

まり良いとはいえない。 年末のドル円が117円台じゃそんなもんだろうが。

■大和投信・英国株ツイン(80万口)

*5905円 -17円

スコット独立問題など悪材料が噴出。 ポンド円がいまいちだな。 年初来+

1.78%。 赤字じゃなかった。

■大和投信・スイス株ツイン(90万口)

*7412円 +21円

年初来+4.71%。 結構パフォーマンスがいい。 フラン円はやや下押し

ているがスイス株が年初来+6.05%の大攻勢だ。 フラン円は値動きが小

さいから為替オプションもかなり有効だろう。


@野村證券

Jリートの大和ハウスリートが絶好の地点で利確成功だけども、フィデUSリー

トFが他の利益を全部食ってしまった。 先週比では+3万円くらいしか出せな

かった。

□野村アセット・米国好利回り社債F(400万口)

*Hあり 8970円 -4円

年末が8864円。 分配金は2ヶ月間で100円だ。 年初来+2.32%。

平均格付けCCCのファンドが三菱国際の米国ハイF(円)の+2.83%に負

けている。 大ショックだよ。 
 
□野村ドイチェ・高配当インフラ株F(165万口)

*米ドルコース 9516円 +78円

主力の公益事業株、エネルギー株が煮詰まりつつある。 ドル円も114円回復。

だんだんと上っ放れの環境が揃って来た感じ。 年初来+1.6%であるが年末

は117円だったので。

□AB(アライアンス・バーンスタイン)野村・米国株F

*Hあり(155万口)11114円 -17円

*Hなし(50万口)11050円 +7円

年初来の伸び率は俺が運用するファンドで最高じゃん。 例えばこんな感じ。

「Hあり」+7.89%

「Hなし」+6.45%

分配金は特配を卒業して普通分配にアップグレードしたし、トランプラリーのお

陰で言う事ないわ。 ただポートフォリオがナスダック系の銘柄に偏重している

のが気に入らん。 金融セクターの比重を増やしたらもっと良くなると思う。


じゃあね、

6日、14時18分記。 

日曜日に録画した『そこまで言って委員会』見ながら。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ☆3月5日 米国リート GO ! ... | トップ | ☆3月7日 Jリートのばら(... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。